« 「一番大切な人は誰ですか?」第2話 | トップページ | 「大奥」第3回 »

2004.10.23

「ホットマン2」第3回

今回は【灰二・七海・ひなた】のお話・・・

灰二は、仕事にも就かず借金をあっちこっちにして、円造に責められる。灰二はカメラマンの助手になりたいという夢を持っていて、その仕事に就く事しか眼中にない。でも専門学校を出ている訳でもなく、知識も経験もまるっきりゼロ状態なので、どこも相手にしてもらえない。そしてあっちこっちに借金をしながらプー太郎の日々が続く・・・
でも円造の言う通り、まず働いてお金を借りた人達に返済をする事が先決!夢を持ってそれに向かって頑張るのは素晴らしい事だけれど、人に迷惑をかけたまま夢を追いかけるなんて、やってはいけない事なのだ!
円造はそういう【人の道】をキチっと教えてくれる、頼れる兄貴☆

一方、アトピーで食事の制限を受けている七海は、今日も給食を殆ど食べることが出来ず、残している事をいちごや同級生達から責め立てられてしまう。これは担任のあやめが、家庭報告をちゃんと読んでいなかった事が原因だった。七海がアトピーで食事は別に用意しなければならない事を初めから知り、クラスのみんなに報告していれば、食べ残しでクラスのみんなに責められる事もなかったろうし、いちごちゃんも家でケーキや牛乳がダメで食べれなかった七海を責める事はなかったはず。。。
普通の親だったら、子供が給食を食べれなかったり、それが原因でイジメられたりした事をものすごく怒って、厳しく担任の責任追及をするところでしょう。しかし、この事実を知った円造は、あやめを責めなかった。「罪のない間違いをいちいち怒っていたら、世界は戦争になります。」ニッコリ☆ 「ミスをした事のない人に会ってみたいものです。僕は怒られたり、許してもらいながら成長させてもらいました。だから僕もそうしたいんです。」と!心の広い人だぁ〜(^-^)
そして七海は特別食を出してもらう事になり、クラスのみんなにも事情が説明されたよう。しかし、その日にいちごちゃんは学校を休んでいた為、その話はまだ伝わっていない・・・実は、いちごちゃんの両親が離婚で揉めているようで、彼女も大変なよう・・・

ひなたの方は、小田切の医療ミスの責任を一方的に擦り付けられてしまった!(; ̄□ ̄A
ひなたと付き合ってたようなのに、いざとなったら責任を擦り付けるなんて、なんて卑怯な事するんだ!(松田君、今回は卑怯な役柄なのね)
ひなた、看護士生命の危機!?円造はそんなひなたをどう助けるのかな?

|

« 「一番大切な人は誰ですか?」第2話 | トップページ | 「大奥」第3回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホットマン2」第3回:

« 「一番大切な人は誰ですか?」第2話 | トップページ | 「大奥」第3回 »