« 「Mの悲劇」第1回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第1回 »

2005.01.18

「富豪刑事」第1回

忙しくて見る機会を失ったまま眠っていた『富豪刑事』。やーっと見ましたw(^-^;

とんでもない大富豪の孫娘・神戸美和子(深田恭子)が刑事になった。つましい(つまり一般的なw)生活を送る刑事達の価値観と、人並みはずれた大富豪の美和子とは永遠に相容れない。美和子を認めず、一日も早く追い出そうとする先輩刑事達。ところが美和子の大富豪ならではの発想は、難事件を解決に導いてしまう!常人には思いもよらない、その奇抜な解決方法に、数々の現場を潜り抜けてきた百戦錬磨の刑事達のプライドはズタズタに・・・。

まぁ、コメディータッチな番組なので、ツッコミを入れながらお気楽に笑って見てられます。大富豪のお嬢様は、リムジンを乗り回し、お着替えも頻繁です。「これって奇跡!?」などとボケた感性の持ち主の主人公は、やっぱり深キョンにあってますねw(^-^; で、大富豪のお爺様・神戸喜久右衛門(夏八木勲)もやはり変わり者で、孫娘の活躍に巨万の富を使って応援しています。
「正義の為にワシの財産を使ってくれるとは、お前は天使のような子じゃ(涙ぐみ)。ワシは若い頃から散々悪い事をして金を儲けて来た。地上げ・会社乗っ取り・・・多くの人間を苦しめ、時には死に追いやったりした。老いた今になって、それを後悔しておる。お前がワシの金を使ってくれる事だけが、罪滅ぼしなのじゃ。」と言って、孫娘の捜査活動に大富豪ならではの資金とアイディアを授けるのでした。そして、神戸家の家政を取り仕切りながら、喜久右衛門の秘書的役割もこなす・鈴木松江(市毛良枝)も美和子と喜久右衛門が知恵に困ると、すかさずアイディアを出します。
「方法はあります、しかし少々経費がかかりますが・・・」と言い出し、「なに〜!?」と満面の笑みで喜ぶ喜久右衛門。お金を使うことが大好きなのねw(^-^;
こうやって、これから美和子は、神戸家の財産を使って難事件を突拍子も無い方法で解決していくようです。役者陣はそれなりのメンバーなのですが、みんなコメディータッチに演じているせいか、なんだか演技が下手に見えるような・・・。(まるで学芸会!?)そういえば、捜査係の一番下っ端の刑事・西島誠一役で、デカレンジャーでレッドの役をしていた載寧龍二君が出てましたね。髪の毛ツンツンしてなかったから、最初わかんなかったよ(^-^;
デカレンジャーでは熱血刑事を演じていたけれど、今回は陰の薄い冴えない役なのねぇw。でも偶然美和子のピンチを助けたりしてて、もしかしてこれから美和子が「恋!?」とか勘違いするんじゃないかと勝手に想像してしまいました。(〃∇〃)

あと変わったところでは、エンディングがミッチーこと及川光博が歌う『愛のメモリー』です。これは、松崎しげるが歌った曲のカヴァー曲ですね。いったい何で?って感じですが、そういえばコメディータッチの刑事もので懐かしいのは松崎しげるが出ていた『噂の刑事トミー&マツ』なんていうのがありましたねwこの辺を懐かしむ(?)感じで、ミッチーに歌わせてるのかしら???(@_@;

まぁこのような普通の刑事ドラマと違った解決方法は、「ありえなーい!」事ばかりですが、これはこれで面白いかもw最後まで見続けられるかどうかはわからないけれど、しばらくはチェックしてみようかなと思いました!

|

« 「Mの悲劇」第1回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第1回 »

コメント

ミウミウさん、こんばんわ。

「富豪刑事」面白いですよ。
恭子りんは、現実離れの役が似合います。
周囲も、あんな間の抜けた刑事さんはいないと思いますけどね。
単純に「コメディー」と思えば楽しめますよ。

ただ、「ごくせん」の仲間さんもそうなのですが、あくまでその女優さんの魅力でもっているドラマですから。
単純に、他の局はまねしないようにしてほしいものです。

「たった5億円ぽっちのために・・・」って。
普通ならむかつくでしょうが。
恭子りんなら、嫌味にならないのが不思議です。

「あの~、ちょっとよろしいですか?」は、今年の流行語になる予感です。
「同情するなら...」以来でしょう。

又のコメント、お待ちしています。

投稿: wakatoki | 2005.01.19 03:19

miumiuさん、おはようございます。
イチゴのコメントありがとうございました。

富豪刑事、私も見ました。学生時代、筒井康隆を読みまくっていたことがありまして、この小説とてもおもしろかった記憶がありまして・・・
ドラマに感しては、まぁ、ああゆう世界を楽しめるかどうかってことなのでしょうか。昨日の朝日新聞の夕刊のテレビ特集欄には深きょんに対して、かなり辛口のコラムが出ていましたが。。

それじゃ、また〜

投稿: すずりん | 2005.01.19 08:48

wakatokiさん、こんばんわ(^-^)

「たった5億円ぽっちのために・・・」って台詞は私も笑えました。庶民にはどんなに大金なのかわからないくらいの金銭感覚の持ち主なんですよね。まぁ、事件解決に自腹を切っているようなので、許してあげましょう。
ちなみに今回の自腹捜査費は、10億2762万も使ったらしですね!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


すずりんさん、いらっしゃいませ♪

こちらにもコメントありがとうございます(^-^)
私は原作を知らないのですが、原作は男の人が主人公なんですよね。
「救命~」「87%~」「Mの~」などハラハラ・ドキドキする番組が多いので、こういった単純に笑って見れるドラマがあると、ホッとします(^-^;

深キョンに、辛口コラムが出ていたんですか!
どんな内容だったのか、読んで見たかったです。


投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.01.19 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「富豪刑事」第1回:

» 笑いのツボ『富豪刑事』第1話/深田恭子ちゃんの成長(胸の谷間)に釘付けニャン♪ [ねこやのキューピットさん]
痛快なミステリーを書くことでも知られる筒井康隆さん原作、フカキョンこと深田恭子ち [続きを読む]

受信: 2005.01.22 01:41

« 「Mの悲劇」第1回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第1回 »