« 「救命病棟24時」第1回(こうさぎ) | トップページ | 驚きのコメント! »

2005.01.20

「87%−私の5年生存率」第2回

息子の蒼太は、黒木からの電話を受けて、晶子がもしかして再婚したいのかもと気を使う。でももしかして自分のせいで気にしているなら、自分は大丈夫だぞっていう気持ちを晶子に伝える・・・。でも遠まわしに言うもんだから、晶子は誤解をしちゃう(^-^;
「新しいお父さんが欲しいの?」
「別に欲しくはないけどさ、欲しくはないけど、母ちゃんが欲しいなら、いてもいいぞっていうか・・・。とにかく俺には気を使わずに、母ちゃんの好きにしろってこと!」などと言います。ぶっきらぼうで、口の利き方が悪いけど、なんていい子なんだろう。(〃∇〃)

晶子は手術を受ける為に、息子のクラスのお母さん達にも営業をかける。今までは蒼太が肩身が狭くなるから禁じ手としていたけれど、背に腹は代えられないと電話をかけまくる・・・。稼げる時に稼いでおかなきゃね・・・。保険もないし、蓄えもないんだものね・・・。はぁ、これって辛いよね。それに蒼太に父親が欲しいような事を言われたもんだから、晶子は弓子の主催する合コンまで積極的に参加する。いや、そんなに欲張らなくても・・・っていうかそんな事は二の次では???(^-^; あぁ、でももしかして自分が亡くなった時の事まで考えたのかな?蒼太君一人になっちゃうしね・・・。

そして晶子は黒木先生に会い、手術をして欲しいと頼みに行く。
「あれからあたし、色々考えました。口のうまい人は信用できないし、一見親切でやさしい人だって、中身までそうだとは限らないし。ほぼ治るとか、まだまだ小さいだとかそういう気休めを言う人に、自分の命を預けるのは怖いし。先生だけでした、ちゃんとあたしの現実に向き合ってくれそうなのは。ちゃんと真正面から私の病気と向き合ってくれそうなのは、黒木先生だけ。」という晶子。うんうん、わかるよその気持ち。色々な病院でそういう先生に出会ったら、私も黒木先生のような人を選ぶだろうな。
しかし黒木は手術は出来ないと断る。そして昔自分がいた聖和医大を紹介する。(; ̄□ ̄A
「あの、私はあなたに手術をして欲しいと言ったんですけど。あなただって名門の聖和医大の乳腺外科のお医者さんだったんですよね?さっき受付で聞いたら、何百例も手術をしたスペシャリストだって・・・。」
「ここでは手術は無理です。」と言ってあくまでも紹介状を差し出す。(-_-;
「手術出来ない外科医なんて、いてもしょうがないんじゃないですか!?」晶子は腹立たしげに病院を出てしまう。

黒木の態度にガッカリしていると、そんな時、蒼太のクラスメートのお母さんから_約の話が来た!契約をしてくれるという話になり、手続きをしていると、画面に次の契約内容がアップになる・・・。
『ガンに関する保障の支払い責任開始は、保険期間の始期の日から起算して、3ヶ月を経過した日の翌日からとなります。』
もしかして、この契約をした旦那さんは、3ヶ月以内にガンだということが発見されるのかな!?そして保険金が支払われないという最悪の事態になるのでは・・・。晶子は保険に入っていなくて、大変な目に遭うけれど、契約しても遅かったというのもかなりキツイですよね
(-_-;

その夜、黒木が晶子の元へ紹介状を持って、家までやって来る。
「命は一人にひとつしか無い以上、ベストな設備とベストな人材がいるところを慎重に選ぶべきです。とにかくなるべく早く病院には行ってください。」という黒木。しかし晶子は黒木を追い帰してしまう。その後、蒼太から以前黒木が心配して家に電話をくれた事を聞かされる。それを聞いた晶子は家を飛び出し、黒木を追いかけひどいことをしたと詫びる。
しかし、詫びる晶子に黒木は「ただ乳がんで死んで欲しくはなかっただけだった。死ぬなら他の病気で死んでください。」と言う・・・
(; ̄□ ̄A
奥さんの事ですごく後悔をしているのは解るけど、なにもそんな言い方しなくてもって感じです。自分は優しい人なんじゃないって、見せたいんだろうけれど・・・。う〜ん、これは奥さんの事だけじゃなく、他にもなにか重大な理由があるのかな?

|

« 「救命病棟24時」第1回(こうさぎ) | トップページ | 驚きのコメント! »

コメント

ミウミウさん 今晩ニャンコ☆
この乳がんという病気には、おとこのねこやも興味津々ですニャン(エッチぃ意味なしでニャン)。
どうも、本木さんの奥さんが亡くなった理由には、まだ何か隠されたものがあるようですニャン(謎)。
ねこやの展開予想では、夏川さんの乳がん手術をきっかけに本木さんの義理の両親と、過去の奥さんの手術ミス(?)を、克服する展開のような気がしますニャン。

予想よりもいい視聴率で、これからの夏川さんに期待だニャン♪
 ∧∧
 ( ,,^_^)つ < ミウミウさんは、文章力があるニャン(感心だニャン)!
ねこやのブログは、グダグダだニャン(笑)。

投稿: ねこや | 2005.01.22 01:39

ねこやさん、いらっしゃいませ(^-^)

TB&コメントありがとうございます♪
そうですよね。だって手術中に亡くなったようですものね。やっぱり医療ミスの可能性が・・・

黒木先生の奥さんの実家で、かなりキツイ同居をしているのもなんだか、罰を受けているようで・・・これからも益々見逃せないですよね!!

ねこやさんのブログも、なかなか面白いところを注目していて読んでいて楽しいですよ(^-^)

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.01.22 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「87%−私の5年生存率」第2回:

» 87%「負けない!乳がん手術への決意」 [Yuuya's Notelet]
 このドラマで、主役の夏川結衣さんは「乳がんで87%の人は生き残る ― でも自分 [続きを読む]

受信: 2005.01.21 17:55

» 看護婦トリオは面白い『87% -私の5年生存率-』第2話/キレキャラ夏川さんの迫力の演技 [ねこやのキューピットさん]
【前回のあらすじ】小谷晶子(34)役の夏川結衣さんは、生命保険会社「きらきら生保 [続きを読む]

受信: 2005.01.22 01:28

« 「救命病棟24時」第1回(こうさぎ) | トップページ | 驚きのコメント! »