« 「優しい時間」第2回(BlogPet) | トップページ | 「87%−私の5年生存率」第3回 »

2005.01.26

「救命病棟24時」第3回

冒頭で、地震が起こった時の事を振り返るシーンがありました。これは何回見ても、すごく身がすくむシーンですよね。(;_;)

今回のテーマは『クラッシュ症候群』でした。
交通事故や地震災害などで、救出や搬送が遅れたため、救出後に急性腎不全や心不全を起こす全身障害をいうそうです。「挫滅症候群」ともいうとか。傷ついたり圧迫されたりした筋肉から出るたん白質「ミオグロビン」やカリウムなどが、急激に全身に広がり、腎臓や心臓の機能を悪化させるものとみられているそうで、外傷や意識の有無には関係はないとか・・・。阪神大震災の際に注目されたもので、救出から治療を始めるまでの時間が、患者の明暗を左右するとされているそうで、早期発見、早期治療という災害医療の原則が、これほど当てはまる障害はないとか・・・。

災害情報のラジオを聴く、医局長と師長。負傷者は2万人という数字を聞いて「心を鬼にする覚悟でお願いします、師長。」「はい。」これから押寄せてくる、患者の波を想像し、気持ちを引き締めるのだった。

自殺未遂の少女が目覚めると「どうして助けたの・・・」と言う。それを聞いた楓は、「理由なんかない、自殺未遂だろうがなんだろうが、あなたを助ける。それが私達の仕事なの。」と言い、そして「せっかくもらった命を、簡単に捨てないで」と涙ながらに訴えるのだった。死にたくもなかった大勢の人の命が奪われていく中、身勝手な少女の発言に、楓は耐え切れなかったのでしょう。大切な命・・・。被災して亡くなられた方々の為にも、命は粗末にして欲しくないものです。 そこへ寺泉隼人(仲村トオル)が妻の香織(渡辺典子)を運び込んできた。香織はクラッシュ症候群の疑いが現れている。

一方河野病院では、不眠不休の治療が行われていたが、ついに医薬品が底をつき、院長の定雄(平田満)は診療を断念することに・・・。そして、集まった患者を近くの救護所に移すことを進藤に告げる。そんな時、行方不明だった院長の妻、敬子(山口美也子)が次男の和也に背負われて帰ってきた。敬子の症状を診た進藤は、クラッシュ症候群を疑い、大きな病院に運ぶようにする事に。

寺泉は、娘が無事見つかって、早速首相官邸へ行こうとする。香織が「こんな時くらい一緒にいて。」と頼んでも、「お前なら首相官邸に呼ばれたという事がどういうことか、わかるだろう。」と言って、頼みを聞かずに行ってしまう。それを見た楓は「奥さんはまだ安心出来ない状態です。ここにいらしていただけませんか?」と引き止める。しかし「しっかり話をしていましたよ。もう大丈夫です。私達のような素人が側にいても仕方がない。先生、よろしくお願いしますよ。」と押し付けて去っていく。そして秘書が楓に連絡先を告げる。まったく、なんて家族に対して愛情のない男なんだろう、仕事優先で家族は後回し・・・(; ̄□ ̄A

東都中央病院の外には、「トリアージセンター」が出来ていて、押寄せる患者を振り分けている。やはり、明るくなったので人が殺到してますね・・・。

香織にもとうとうクラッシュ症候群の兆候が・・・カリウム濃度が6を超えている為、1時間以内に処置をしないと助からない状態だった。しかし、東都中央病院では、貯水タンクが故障し、治療が出来ない状態で、搬送するに現段階では方法がない・・・。いったいどうすれば・・・楓はパニックに襲われる「誰か・・・」頼る人間を探す楓の前に、敬子と和也を伴った進藤が救世主のごとく現れた!!(思わずヤッター!と心の中で叫んでしまいました)
そこで進藤は黒木に挨拶し、病院の手助けを請け負う。そして他にもクラッシュ症候群の患者がいて、治療が出来ない事を知らされるのだった。

楓は寺泉に連絡し、緊急搬送が必要な患者がいるので、ヘリを頼めないかと聞く。しかし寺泉は「自分達の事は、自分達でなんとかしてください。」とむげに断るのだった。「患者さんの一人は奥様です。」と楓に言われ、青ざめる寺泉。「1時間以内に人工透析を受けなければ、命に危険が・・・」「香織は足の骨を折っただけじゃないか!」「クラッシュ症候群を併発したんです。」それを聞いて、寺泉は一番初めに会った進藤の事を思い出す。「あの進藤とかいう医者が、あの時ちゃんと診ていれば、こんなことにはならなかったんだ!」と八つ当たりをする始末・・・(-_-;
進藤が電話を変わり、事情を説明し。「奥さんを助けられるのは、あなたしかいません。」と言うのだった。

ヘリポートに香織を移動させようとすると、香織は「ヘリは来ないわ。あの人は政治家になりたかっただけなの。私の父の地盤が欲しくて私と一緒になっただけ・・・。」と言う。楓は「ご主人はあなたを見捨てる訳ありません。」と叱るのだった。

一方寺泉は、自衛隊の幹部(?)の一人に、自衛隊のヘリを東都中央病院に派遣してもらえないかと頼み込む。しかし無理だと断られる。そこで「重症患者というのは私の妻なんです。」と土下座までする寺泉。「ご心痛はお察ししますが先生、ご自分の事はご自分でなんとかしてください。」と冷たく断られてしまう。楓に言った言葉をそっくりそのまま返されてしまう寺泉・・・。

病院では、進藤達が寺泉を信じて階段を必死に上がり、香織達を屋上のヘリポートへ運んでいた。するとヘリの音が・・・!寺泉は建設会社のヘリを借りて、やってきたのだった。そして香織に「お前が政治家の娘でなくても、絶対にお前と結婚した。本当だ。」と言う。私、ちょっと意外でした。寺泉は本当に奥さんのことなんてコレポッチも愛してなんかないのかと思った。だから奥さんの事は見捨てる冷血なヤツなんじゃないかと・・・でも違ったのね。(^-^;

治療の合間に、震災から3日目にしてやっと家族に連絡を取る医局長。
「パパは平気だよ。大変な事なんか全然ないよ。まだ帰れないんだ・・・ごめんな。パパお医者さんだから・・・。」涙をこらえて話す黒木の姿を見ているのはとても辛かったです。救命の医師という立場上帰るに帰れない・・・本当は飛んで帰りたいだろうに・・・辛い職業ですね。(;_;)

進藤と治療にあたる楓は、震災の混乱が終わったら加賀裕樹(石黒賢)と結婚すると話す。だが、その時、楓の携帯電話に伝言メッセージが吹き込まれていた。それは、加賀が怪我をして搬送されたという消防庁からのものだった。
しかし容態を告げようとした時、携帯は切れてしまった・・・。
加賀は生きていたんですね。初回で見た時、物に押しつぶされて死んだのかと思いました。でも・・・もしかしてクラッシュ症候群にかかっている可能性大ですよね?長時間棚(?)の下敷きになってたし・・・。う〜んここで終わりとは!来週が待ち遠しいです〜〜〜。(>_<)

|

« 「優しい時間」第2回(BlogPet) | トップページ | 「87%−私の5年生存率」第3回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「救命病棟24時」第3回:

» 救命病棟24時「ヘリが運んだ夫婦の愛!」 [Yuuya's Notelet]
 救命病棟24時の第2話は、「クラッシュ(挫滅)症候群」がテーマでした。クラッシ [続きを読む]

受信: 2005.01.27 09:26

» 「救命病棟24時」第3回 [どらまにあ]
震災後、混乱が続く東京。 商店街は、めちゃくちゃ、河野院長の妻敬子(山口美也子)は まだ見つかってなかった。 寺泉議員(仲村トオル)の妻、香織(渡辺典子)は ... [続きを読む]

受信: 2005.01.27 11:48

» 救命病棟24時・第3話 [あずスタ]
突然発生した大震災から一夜明けた辺りから再開。今回もまた、いろいろなことを思い知らされました・・・。 ○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから! ○フジテレ... [続きを読む]

受信: 2005.01.27 23:41

« 「優しい時間」第2回(BlogPet) | トップページ | 「87%−私の5年生存率」第3回 »