« こうさぎ背景更新8☆ | トップページ | 「優しい時間」第3回 »

2005.01.28

「富豪刑事」第3回

喜久右衛門は朝からご機嫌ななめ。前回の捜査に購入した絵画が、高い値で売れて儲かってしまったからだった。
喜久右衛門は、タダで譲ろうと思ったが、相手がそういう訳にはいかないと・・・。そりゃそうですよね。ゴッホなんかタダで貰ったら、後で何が起こるか・・・(^-^;
それを聞いた美和子は、「まぁ、いいお話じゃないですか。」と言う。しかし喜久右衛門は、「バカな事を言うな!ワシは若い頃悪い事をして、さんざん儲けてしまった。せっかくそれを正義の為に使ってしまえると思ったのに、どいつもこいつも・・・。」「機嫌を直してください。それは世の中の人に、善意の人が沢山居るという印です。悲しんだら罰が当たります。」「お前はまた、ワシを泣かせるようなことを・・・・。」ボロ泣きの喜久右衛門。(^-^; 

今回は密室殺人のお話。
犯人は殺された宮本の商売敵・江草竜男とその弟たちしか考えられないのだが、証拠がゼロで捕まえる事が出来ない。鎌倉が頭を抱える中「あの〜、ちょっとよろしいですか?」と美和子が江草達を罠にはめる方法を提案する。彼女のアイディアはこうだった。「商売敵を作って、江草鋳物工業の仕事を全部奪ってしまうんです。3人は困って、また同じ事をするはずです。そこを逮捕するんです!」「なんだと?」「社長の役を私が務めれば、一般市民の方に危険が及ぶ恐れはありませんし、あとは皆で江草を見張っていれば・・・」「お前なぁ、それは会社を一つ作るって事だぞ。」「はい。それは、そんなに大変なことなんでしょうか?」・・・はい、美和子さん。一般市民には、それはそれは大変な事にございます。(@_@;

その事を喜久右衛門に話すと、やっぱり泣いて喜ぶw「今度こそ、今度こそ、全部使い切ってしまってくれよ。」「お爺様・・・。」「せっかく会社を作るんだから、せめて建物はエンパイアステートビルぐらいはないとなぁ!赤坂・六本木一帯を全部買い占めてだなぁ・・・」もの凄く楽しそうな喜久右衛門(^-^; 「それはこまります、お爺様。建物と部屋の構造は、なるべく宮本重鋳造と同じ物にしたいんです。」「・・・そうか。」ちょっとガッカリな喜久右衛門。(^-^;
「よし、知り合いに東大工学部の教授をしている、榎本というやつがいる。この前文化勲章を取ったらしいから、真空鋳造の技術についてはそいつに相談するがいいだろう。経理の方はそうだなぁ・・・設楽という男がいずみ銀行の頭取をやっているから、こいつを経理課長にしよう。」銀行の頭取を経理課長にするですって!?そんな格下げじゃ・・・(; ̄□ ̄A でもまぁ、給料面では頭取よりいいお値段を支払うんでしょうけれど・・・。でも・・・その、ねぇw
「営業課長は・・・そうだ、ほれ、ワシが若いときいつも会社乗っ取りに使ってた男がいるだろう。あいつを呼ぼう!あいつに任せれば、商売敵を潰すことなど、赤子の手をひねるようなもんじゃ。はははは・・・・。」悪巧みを考えるのは、ほんとお好きなようで・・・(^-^;

そして「ありす鋳造株式会社」が設立されるのでした。何故、社名が”ありす”なのか?それは、社訓の「All Life Is Challenge,Everyday」の頭文字と、美和子の大好きな「不思議な国のアリス」を掛けたとかw。最先端の鋳物製造で世界に夢をお届けしたいという気持を込めているそうです。建物の構造は、宮本鋳造ソックリに作り、人材もすごいです。工場の中にはISO1400の幕が!ISOまで取得するとは大掛かりな。。。。(; ̄□ ̄A 工場の環境問題にも取り組んでいる、まじめな会社を設立していたのですね。そしてどんどん業績を上げ、江草達の仕事を奪います。それに怒った江草達は、美和子を殺すことに・・・。
守衛を抱きこみ、江草達は建物に潜入し、仕掛けをします。美和子は不審に思い、守衛に連絡をするのですが、守衛は出ず、怖くなって部屋に鍵をかけます。すると部屋の明かりが消えてしまい、美和子はランプに火をつけようとして、マッチをすると・・・・。部屋が爆発してしまうのです!(; ̄□ ̄A
窓ガラスは吹っ飛び、部屋は一瞬にして火の海に・・・。胸騒ぎがした西島が駆けつけ、美和子を無事救出する事ができました。しかしそのせいで犯人を捕まえ損ね・・・。
あはは、またもや偶然にも美和子の危機を助けてしまった西島君。高感度がググっとあがったのでは?( ̄m ̄〃)クスクス

この殺人方法はまたもや美和子が見破りました。江草達は、酸素ボンベを吊り上げ、閉じこもった美和子の部屋に酸素を流し入れ、酸素が充満した部屋で美和子はマッチを擦ってしまい、爆発が起きたのだった。なるほどぉ、こうやって密室殺人を仕組んだんですね。宮本社長は葉巻が好きだったかた、葉巻に火をつけようとして爆発したと・・・。

守衛の松平は、良心の呵責に耐え切れなくなって、美和子に全てを話すと言う。待ち合わせ場所に行くと、松平は殺されていた。でもなんとか職務怠慢でおバカな婦警達のおかげで、江草の殺人が暴かれてしまい、無事事件は解決しました。

一方神戸家では、喜久右衛門がありす鋳造の3役に怒っています!「この裏切り者ども!会社が儲かってしまっただとぉ?」NASAやヨーロッパからもオファーが舞い込み、政府が助成金まで出そうと言っているらしく、喜久右衛門はそれを聞いてカンカンです。(^-^; 「ばかもの、ばかもの!今度こそ金を使いきってしまえると思ったのに・・・。このワシの荷を益々重くしよって。この親不孝者めがぁ!!」本来なら喜ばしい事ですが、喜久右衛門にとっては嘆かわしい事。大富豪の考えることはよくわかりませんw。そしてこの件で喜久右衛門の血圧は、1週間上がり続けていたそうです。(-_-;

さて今回の美和子の自腹捜査費は・・・748億1284万円でした!なんと、前回の約16倍です!!
今回の費用で使い切ってしまうと思ったという事は・・・神戸家の資産は、800億くらいなんでしょうかね?
まぁまぁ、気を落とさないで、喜久右衛門さん。また美和子がとんでもない事考えて、お金を使ってくれますからぁ(〃∇〃)

|

« こうさぎ背景更新8☆ | トップページ | 「優しい時間」第3回 »

コメント

ミウミウさん、こんばんわ。

>「営業課長は・・・そうだ、ほれ、ワシが若いときいつも会社乗っ取りに使ってた男がいるだろう。あいつを呼ぼう!あいつに任せれば、商売敵を潰すことなど、赤子の手をひねるようなもんじゃ。はははは・・・・。」悪巧みを考えるのは、ほんとお好きなようで・・・(^-^;

このおじいさまは、いい人か悪い人かよくわかりませんな~。

>あはは、またもや偶然にも美和子の危機を助けてしまった西島君。高感度がググっとあがったのでは?( ̄m ̄〃)クスクス

この二人の行方が気になります。が、多分西島君はひくと思いますので、警察から買い取るのでは?

>今回の費用で使い切ってしまうと思ったという事は・・・神戸家の資産は、800億くらいなんでしょうかね?

そんなに世の中の役に立ちたいのなら、政党のひとつぐらい作れると思います。

ここまで現実離れしていると、純粋にエンターテイメントと割り切れます。
「踊る大捜査線」は、まだ共感できる部分がありました。

投稿: wakatoki | 2005.01.28 21:55

wakatokiさん、こんばんわ(^-^)

>このおじいさまは、いい人か悪い人かよくわかりませんな~。
もとが悪かったけど、今は反省してるって人ですから(^-^; でもこの人が一番この番組にハマリ役に見えますね!

>この二人の行方が気になります。が、多分西島君はひくと思いますので、警察から買い取るのでは?
そうですね、西島君はまったくその気ないですからねぇw買取とは!wakatokiさんも大胆な発言を( ̄m ̄〃)

>ここまで現実離れしていると、純粋にエンターテイメントと割り切れます。
これは刑事物というより、喜久右衛門の財産をいかに美和子が使い切るか・・・というお話のようです(〃∇〃)

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.01.28 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「富豪刑事」第3回:

» 「富豪刑事」 [un-tra-ku-tara]
TVドラマは、ほとんど見ない。 でも、ぜひ、見たいドラマがあった。 いつのまにか、「富豪刑事」は始まっていた。 やっと今晩(27日)見た。 だって、... [続きを読む]

受信: 2005.01.29 00:06

« こうさぎ背景更新8☆ | トップページ | 「優しい時間」第3回 »