« 「優しい時間」第3回 | トップページ | 記事訂正 »

2005.01.30

「美しき日々」第15回

「ZEROはオ・ジョンフンじゃないのか?」というミンチョルの問いに、ソンジェは「違います。この僕です。」と言い切ってしまう。ミンチョルやビクトリーの事なんてこれっぽっちも考えていません。むしろビクトリーを潰そうと思ってる?(; ̄□ ̄A
ミンチョルは呆然とします、まさかソンジェがそこまで言うなんて・・・。「いったい、どういうことなんですか!?」記者達がミンチョルのもとへ殺到します。「これでビクトリーとも完全に縁が切れたわね。ふふふっ♪」なんて楽しそうなヤン・ミミ(-_-;  ミンチョルはソンジェを待ち伏せし、話をする。この辺は変わったよね。以前だったら即激怒で、話し合うなんてしない人だったもの。やはりヨンスの影響で、まず話し合わなきゃと思うようになったんだね。
「言ったはずだ。ヤン社長と一緒に居ても、お前の為にはならないと。見ろ!結局はお前を利用されているだけじゃないか!!」「僕は誰にも利用されたりしない。ZEROだってことは、自分の意思で公表した。そろそろ名乗り出たっていいだろ。」「お前随分変わったな・・・。」「これからはもっと変わる。自分の為に・・・。」その言葉を聞いて、ミンチョルは何を言っても無駄だと悟る。

家に帰ると、なんとか二人を仲直りさせようとヨンスが待っていた。「ソンジェさんとちゃんと話してみてください。ソンジェさんにもきっと事情があって・・・」「やめてくれ!ソンジェの話など聞きたくない。歩み寄ろうとしてみたが、無駄たった。」「・・・すまない。もうセナの成功を祈る訳にはいかない。僕とソンジェは完全に敵同士になった。あいつがセナのプロデューサーである以上、セナも僕の敵だ。」その言葉を聞き沈むヨンス・・・・。そんなヨンスの姿をミンチョルは見て、苦しみ・・・。「君に悲しい思いをさせたくなかったのに・・・。どうしてこんな事になったんだろう。」そう言って、ミンチョルはヨンスを抱きしめる・・・。そこへ父親のソンチュンが帰ってきた。二人の姿を目撃し、ミンチョルに詰め寄る。「今のはなんなんだ、答えろミンチョル!」「あなたには関係ありません。」「ビクトリーはソンジェにとんだ大恥をかかされたというのに、お前はあんなのと恋愛ごっこか!」「あんなの?口を謹んでください。」「なんだと?どうした、しっかりするんだ。あんなのとお前がうまく行くか」「それはあなたが決める事じゃありません。」「私だってお前の色恋に、いちいち口出しなんかしたくない。だがtき合う相手は良く選べ!わからん女に手を出してみろ、後々面倒な事になるぞ。」なんて言い方するんだろう(@_@; その言葉にイラつくミンチョル。「彼女の事をそれ以上何も言わないで下さい。・・・出て行ってくれませんか?」「気持ちはわかる・・・。お前のようなヤツが女に惚れるとやっかいなんだ。だがいいか、これだけは覚えておけ。男にとって女とはどういうものなのか。どんな女を選ぶかによって、人生の行き先が決まるんだ。」そう言って出て行くソンチュン。どうせあなたはミンチョルに政略結婚をさせたいだけでしょ!!それにその言葉はあなたに言いたいよ!あなたがミョンジャと再婚なんかしなければ、こんな事にはならなかったのに・・・。ソンチュンさん、元はと言えばあなたがミョンジャと再婚したからこんな騒動が起こってるんじゃないの?自分の人生棚に上げてよく言うよ。で、二人の事をさっそく引き離そうとするソンチュン。ヨンスを呼び出して、ヨンスの為だからと前置きをし、ミンチョルの事は諦めて、家を出るよう言い渡します。ミンチョルは今仕事で大変な時期だから、一時的に女に安らぎを求めているだけで、お前なんかに本気じゃないと言いたいらしい。そう言われたヨンスは悲しみをこらえ、家に帰り荷物を片付け家を出ようとする。ミンジは驚き、ヨンスを止めようとする。ヨンスは大学に復帰する為の準備だと言い「私達これからの方がもっと仲良よくなれると思うわ。これからは先生じゃなくて、姉と妹みたいに付き合えるもの。その方が良くない?」「最初から一度も先生なんて思ったことないわ。ああぁ、もう頭に来る。この部屋にいつも話し相手がいるのって、悪くないなって思い始めてたのに・・・。」嘆くミンジにヨンスは一生懸命なぐさめます。「行くなら明日にしてよ、お兄ちゃんの事が好きなんでしょ?好きな人に挨拶もなしに黙って行っていいの?」しかしソンチュンが車を用意し、強制的に出て行かされてしまう・・・。ヨンスはナレの所に行く事に・・・。

一方セナとソンジェはヤン・ミミに忙しくなる前に、デートをしてきなさいと言われ。セナは喜んで行く事に。水族館でおおはしゃぎするセナを微笑ましく見る。ソンジュ。 帰りに家で一緒にご飯を食べて行ってと誘われ、セナと一緒に居るところにヨンスがやって来た。ボルダンに送られ、手切れ金を無理やり渡されるヨンスを目撃したソンジェは、ミンチョルがヨンスを悲しませていると思い激怒! ヨンスが家を出た事を知ったミンチョルは、ヨンスの所にやって来た。「君はどうかしてるよ。父さんに言われたからって素直に出て行くなんて。従う必要なんかないんだ。僕と父さんの関係は知ってるだろう?」「社長のせいじゃありません。腹が立ったんです。あなたを好きだっていう気持ちが大きいからなんです。でもあなたの事を好きだって言うだけで、社長にあんな風に侮辱されたくない。だから出てきたんです!これ以上我慢したくないし、プライドを傷つけられたくありません。私どうかしてますか!?」そうだったんだ、私もミンチョルと一緒で、ヨンスは変な気を回してミンチョルの事を思い、社長の言う通りにしたのかと思った。ただ黙って引き下がったんじゃなかったのね。自分とミンチョルのプライドが傷つけられたのが許せなかったのね。そっか、それなら家を出たのは正解だね!それを聞いたミンチョルも納得し、自分もミンジと一緒にあの家を出る決意をします。そうよ、あんな家無理にいることないのよ。ミンジも一緒に3人で外で暮らせばいいんだわ♪
一方、ソンジュはミンチョルがヨンスを守れなかったと誤解しているので「あんな思いをさせるなら、別れて欲しい」とミンチョルに言います(-_-; 「ヨンスさんの気持ちはどうなるんだ。肝心なのは、誰が彼女を大事にするって以前に、彼女が誰を望んでいるか、じゃないのか?」そうそう、ソンジェ君。君はわかってないよー。肝心なのはヨンスのき・も・ち!「ずっと見てるからね。またヨンスさんに惨めな思いをさせるなら、その時は僕が黙ってない。どんな事をしてもヨンスさんを、兄さんから引き離す。」いや、君がいくら頑張ってもヨンスの思いは強いから(^-^;

家に戻ったミンチョルはミンジと話ます。「あの人はね。お兄ちゃんを好きになっても許すって思えた、私がそう思えた初めての人だわ。」「そうか・・・。やっぱり僕らは気持ちが通じ合えているんだなぁ。この間お前に紹介するつもりだった女性・・・。」笑顔のミンチョル。「え、それじゃあ本当なの!?もう、お兄ちゃんったらひどいじゃない!なんで今まで黙ってたの!?」カバンでばしばし叩きながら笑うミンジ。「ミンジ、お前がヨンスさんを認めてくれて嬉しいよ。」「しーらない!」笑いあう二人。ミンジはヨンスが本当のお姉さんになりそうなので、すごく嬉しそう。やっぱりミンジのハートも奪ったわね。ヨンス♪

翌日、ミンチョルはヨンスを立派なホテルのスウィートルームへ連れ出す。妙に緊張しているミンチョル・・・・。
??こ、これはもしかして〜〜〜???ブランデーを一口飲み、気持ちを落ち着けているミンチョル。いったいなんなのかしら?とヨンスは不思議そうに見つめる。そしてミンチョルはヨンスを隣の部屋の扉の前に連れて行く。「この部屋の扉を開けるかどうか、君が決めて・・・。」下をうつむくミンチョル。ヨンスは迷わず扉を開け、中を見て微笑む。隣の部屋の中に、草花で作った大きなハートがあった。そしてその真ん中には指輪のケースが・・・!!中からはものすごく大きなダイヤの指輪が・・・☆それをヨンスの指にはめようとするが、迷いやめ、ヨンスに握らせる。「この指輪は、ミンジやセナ達の前で君の指にはめたい。それまでに考えておいて欲しい。二人で共に人生を歩めるかどうか。命が終わる日までずっと・・・。僕のような人間の側にいるのは簡単じゃないから、よく考えて。」「考えなくて大丈夫です。そんな事考える必要なんてありません。ずっと、ずっと側にいます。」見つめあいキスをする二人・・・。きゃ〜〜〜☆やっとミンチョルがヨンスにプロポーズをした!!プロポーズの報告を聞いたナレと同じように私もすごく嬉しかったよ、思わず画面の前で、ガッツポーズをとってしまったw p(^-^)q

一方新人戦は激しくなり、ビクトリーはクスムスの芸名をミホに改名し、デビューに全精力を注ぎ込む。しかし、ビクトリー対ミューズの新人対決は何かとミューズに有利に展開する。裏でかなりヤン・ミミが動いているのだった。苦戦をしいられるビクトリー。TV局のロビーでソンジェと会ったミンチョルは、ヨンスと婚約する事を報告する。「ずっと見てると言ったろ、だったら(婚約式に)立ち会ってくれ。」というミンチョルの言葉に驚き、呆然とするソンジェ。ミンチョルはソンジェに対して徹底抗戦に出たようだ!ソンジェは家に帰り、わめき泣き叫び・部屋の中をぐちゃぐちゃにする。(@_@; セナはそんなソンジェの側についているのだった。

そんな時ビクトリーに刑事が突然やって来た。ビクトリーのマスターテープを、誰か内部の者が持ち出して違法コピーの手助けをしている事が分かったので、用心して欲しいと言う。マスターテープのある部屋に、夜中ボルダンが忍び込む。ミホのテープを持ち出し、出て行こうとするところを待ち構えていたミンチョルの部下が捕まえる。ミンチョルに言い訳をするボルダン。しかしミンチョルは聞き入れず、警察に電話をしようとする。それを必死に止めさせようとするボルダン。「社長に聞いてくれ!社長が行けと言ったら、警察だろうと何処だって行ってやる。こんな事したら社長が大変な事になるんだぞ。俺を警察に突き出す前に、おやじと相談をするんだな!」と強気な発言をする。不審に思ったミンチョルは、ソンチュンに何か弱みを握られているのかと尋ねる。しかしそんな事はないと言い切るソンチュン。

一方、ショックを受け打ちひしがれているソンジェにセナは言う。「ショックを受けるだろうと思ったけど、まさかここまでなんて・・・。来なきゃよかった。どんなに心配でも来るんじゃなかった。ソンジェのこんな姿見たくなかった。」ソンジェの手をそっと握ぎりしめるセナ。しかしソンジェはその手を振り解き、部屋を出てバイクに乗りヨンスのもとへ・・・。
「ヨンスさん、僕と一緒に来て」とヨンスを連れ出そうとする・・・。

いや〜今回は見どころ一杯でした!(>▽<) これからボルダンが昔の事件をミンチョルに話すようだし・・・。婚約式も控えてるし・・・。やはりスンナリ婚約は出来そうにない!?なんだか来週も波乱模様のようです!

|

« 「優しい時間」第3回 | トップページ | 記事訂正 »

コメント

ミウミウさん、こんばんわ。

ソンジェさんは、この頃ふくよかでしたね。
最近、TVでよく見ます。

「愛のエプロン」で、井上和香ちゃんのケーキを食べたのです。
その時、ペーパーが入っていました。
それを気にしていましたね。
「紙がなければよかった」と。
でも、これが彼の優しさなのですよ。
相手のことを第一に考えるのです。

失礼しました。
ミウミウさんは、ミンチョルさんの方がいいみたいですね。

>きゃ〜〜〜☆やっとミンチョルがヨンスにプロポーズをした!!
>プロポーズの報告を聞いたナレと同じように私もすごく嬉しかったよ、思わず画面の前で、ガッツポーズをとってしまったw p(^-^)q

実は私、このドラマ、もう見ているのです。
確かに、まだ波乱がたくさんあるのです。
もちろん、言いませんが。

それにしても、ヨンスさんやユジンさんは男性にもてますよね~。
こういうタイプは、女性にも受け入れられるのでしょうか?
日本には、あまりいないです。


投稿: wakatoki | 2005.01.30 23:25

wakatokiさん、いらっしゃいませ(^-^)

ソンジェ役のリュ・シウォン君は、このドラマの時より、今の方が顔がカッコ良くなってますよね。もしかして、整形してる?(^-^;
彼はお坊ちゃまで、性格も良くて、しかも顔までいい!・・・言うことないですよね。
韓流ブームのこの期に、しっかりファン獲得に日本でせっせとお仕事なんですね。
私はどちらかというと、イ・ビョンホンの方が好きなので、ミンチョルを応援してしまってます(^-^;

>確かに、まだ波乱がたくさんあるのです。
やっぱりそうなんだ!このままハッピーエンドには、まだ行かせてくれないのねぇー(>_<)クゥー・・・

>それにしても、ヨンスさんやユジンさんは男性にもてますよね?。こういうタイプは、女性にも受け入れられるのでしょうか?

この二人は、いい子ぶりすぎ!どっちつかずな性格をして、回りを振り回しているので、あまりいい感じはしません。「私の為に争わないでー!」
と悲劇のヒロイン気分に酔いしれていて、自分のしている事の愚かさに気が付かないんです。きっと・・・。

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.01.31 00:16

こんばんは、ブラトラです。意表をついて?こっちにコメントします。
一昨日は1日に2度もチェ・ジウのキスシーンを見てしまいました。1回目は「天国の階段」でのグォン・サンウとのキスシーン。こちらは非常に長くかつカメラが2人の周りをグルグル回りながらと言うシーンでした。
そして2度目がここでも取り上げられているシーンでのものです。冷静に見てみると、部屋にハート型に花を敷き詰めた中でのキスシーンは「ちょっと恥ずかしくね?」って印象を持ちましたが・・・。

ちなみにヴィクトリーの社長は何故ボルダンを‘始末’しとかなかったのか不思議です。

最後になってしまいましたが、コメント&TBありがとうございました!

投稿: ブラトラ | 2005.02.01 01:30

ミウミウさん、TB失礼いたします。
こちらにもコメント&TBありがとうございます^^
こんなに長文のレビューがかけないので、
うらやましい限りです>_<;;
これからも宜しくお願いします☆

投稿: pikutan | 2005.02.01 16:36

ブラトラさん、いらっしゃいませ(^-^)

私も同じく「天国の階段」も見ています。同じ日にやるから、初めの頃、頭の中でちょっと内容がごっちゃになってました(^-^;

>部屋にハート型に花を敷き詰めた中でのキスシーンは「ちょっと恥ずかしくね?」って印象を持ちましたが・・・。
確かに、実際にやったらあまりにクサイ演出ですが、ドラマの中でなら、まぁOKとw

>ちなみにヴィクトリーの社長は何故ボルダンを‘始末’しとかなかったのか不思議です。
そうですよね、あんないい加減なヤツ。一緒に始末しとけば、誰にもバレることなく・・・って!(@_@;

また、遊びに来てくださいね♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

pikutanさん、いらっしゃいませ(^-^)

コメントありがとうございます♪
私はpikutanさんのように、色んな情報等を持っていないので、こんな文しか書けなくて・・・私の方が羨ましい限りです(^-^;

こちらこそ、よろしくお願いしますね(ο^ー')b


投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.02.01 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「美しき日々」第15回:

» 地上波『美しき日々』~第15話「断絶」~ [チェ・ジウ(ジウ姫)@KOREAN ENTERTAINM...]
さぁさぁ美しき日々ですよ~。 って実は昨日見なかったんです…。 というのはうちのTVがやけにNHKだけ映りが悪くて、 もしかして…あのせい??まぁしょうが... [続きを読む]

受信: 2005.01.31 01:59

» 『美しき日々-15』 [Curiosity-It's my style]
■『美しき日々-15』 主な出演者:イ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォン、イ・ジョンヒョン 放映日:2004/01/29 おすすめ:★★★☆☆ 概要:ソン... [続きを読む]

受信: 2005.02.02 16:16

« 「優しい時間」第3回 | トップページ | 記事訂正 »