« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.28

「Mの悲劇」第7回

美沙の後を追って、海へやって来きた衛。防波堤の先端に立つ美沙を見つけ、足を引きずりながら必死に駆け寄るのでした。海に飛び込もうとする美沙を「ダメだよ!頼むからやめてくれ!」と言い、彼女を抱きかかえ止めるのでした。「どうして?」と尋ねる美沙に、「嫌なんだよ。・・・君まで死ぬなんて嫌なんだよ!!」と叫ぶ衛。すると美沙は、気を失ったように倒れてしまうのでした・・・。衛が美沙の額に手を当てると、美沙はひどい熱を出しているのでした。

続きを読む "「Mの悲劇」第7回"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

「美しき日々」第19回

ミョンジャンは、自殺を図り、助かりませんでした・・・。ソンジェは、母に真実を告白してしまった事を、激しく後悔していました・・・。その側にはヨンスが・・・。
お墓のある建物に、ミンチョルが現れました。そしてミョンジャンに花を手向けるるのでした。ヨンスはミンチョルの姿を見かけ追いかけるのでしたが、うまく合えずに落ち込むのでした・・・。しかしミンチョルは、そんな彼女を悲しげな瞳で、そっと遠くから見ているのでした・・・。
あぁ、ミョンジャンは助からなかったのですか!あまりにもかわいそうなミョンジャン(>_<) それにしても韓国のお墓は、外じゃないのですね。壁に埋め込む遺骨・・・なんだか狭いところに沢山の遺骨が納められていて、なんだか窮屈そうに感じました・・・

続きを読む "「美しき日々」第19回"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.27

「富豪刑事」第7回

イルベスタンで見つかった、幻の古美術品『真実を見つめる肖像』が、焼畑市内の博物館へ運搬中に盗まれてしまいました。
10日後には、博物館で一般公開が予定されています・・・。公開日までに内密に事件を解決しないと、国際問題にまで発展する可能性が・・・・。

続きを読む "「富豪刑事」第7回"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.26

バンダナも似合う?

DVC00042-2未宇は、今月のシャンプーをしてもらいました♪
シャンプーとおしりのカットをお願いしました。

仕上げはいつものリボンでいいですか?と聞かれて
そういえば、未宇ってばリボンしかしたことないな〜・・・・と思い
「じゃあ、今日はバンダナで!」とお願いしてみました。

で、完成がこんな感じです。・・・どうでしょう?
バンダナも似合うよね(〃∇〃)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.25

「優しい時間」第7回

勇吉は拓郎の勤める『皆空窯』の電話番号を調べていました。門松を飾りながら、勇吉は拓郎の事を考えていました。
勇気を出して、『皆空窯』へ電話をかける勇吉・・・。しかし電話に出たのは、奥さんの洋子(朝加真由美)でした。勇吉はなんどもためらい、うまくしゃべることが出来ず、「間違えました・・・。」と言って電話を切るのでした。

大晦日の日『森の時計』では、常連客が正月の雑煮のもちの話をしていました。まるもちか、角もちかでもり上がる中、一人の男・中里(北島三郎)が店に入ってきました。カウンターの常連に遠慮して、ホール席に座る中里・・・。

続きを読む "「優しい時間」第7回"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.24

「87%−私の5年生存率」第7回

ひとみが飛び降りたと、三沢から連絡を受け、慌てて宇月病院に駆けつける陽平と晶子。しかしそれは、陽平に会いたかったひとみが、三沢に嘘をつかせたものでした。それを知り、怒る陽平・・・。
ひとみは晶子に「小谷さんももうすぐ、抗がん剤治療でしょ?だったらさ、最初から強いの使ってもらったほうがいいよ。副作用にビビッたり、お金ケチったりして、弱いの使っててさ再発したら大変だから。・・・私みたいに。」と言うのでした。
ひとみは、やはり乳がん患者で、再発をしてしまったのですね・・・。

続きを読む "「87%−私の5年生存率」第7回"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.23

「救命病棟24時」第7回

地震発生8日後。東都中央病院には、蕎麦屋の主人・小木勝(山田辰夫)が骨折の患者として運ばれて来ました。治療にあたる進藤達・・・。その様子を処置室の外で見守る妻の静(円城寺あや)の姿がありました。しかし彼女は夫を心配しつつも、自分の胃を押さえているのでした・・・。

続きを読む "「救命病棟24時」第7回"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.02.22

「不機嫌なジーン」第6回

健一に嘘をつかれ、研究室で独り涙を流していた仁子。ふと気が付くと手にテントウムシがとまっていました。それを見て、泣いていた仁子も思わず微笑えむのでした。涙をぬぐった仁子は、悲しみを忘れるかのように停電で散らかった研究室を片付けるのでした。そして、思いついたように論文を夢中になって書き続けるのでした・・・。
翌朝、孝史が研究室にやって来ると、仁子がソファーで眠っているを見つけます。仁子の顔を見つめながら携帯電話をかける孝史。電話の相手は神宮寺教授でした・・・。「目の前で昔の女が寝てる・・・。寝顔久しぶりに見た・・・。前の晩喧嘩して、泣きながら眠った時の顔だ・・・。ちょっと触ってもいいかな?」と言う孝史。神宮寺は「ダメよ、やめなさい。」と言います。「そう言って欲しかったんだ・・・。」と孝史。理性で止められそうにないのを悟り、神宮寺に助けを求めるところが笑えますよね。「あ、それから胸をのぞくのもやめなさい」とも言われてしまうのでした。孝史のすることはなんでもお見通しです(笑) そして神宮寺は、孝史に話したいことがあると言うのでした。電話を切った孝史は、仁子に自分のコートをかけてあげ、部屋を出ようとした時に、ふとデスクの上に置いてあった仁子の論文に気が付き、それを手にとって読むのでした。

続きを読む "「不機嫌なジーン」第6回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.21

「Mの悲劇」第6回

衛は美沙の部屋を出た後、アパートの階段で足を滑らせて転落してしまいました。薄れてゆく意識の中で、美沙の姿がぼんやりと映っているのでした。そして衛は、気絶をしてしまうのでした・・・。
衛が目を覚ますと、手足はベッドに繋がれていました。するとそばにいた美沙が「目覚めちゃったんですね・・・。ずっと眠り続けてくれたら、それで済んだのに・・・」と言う美沙。「どういうつもりだよ!?」と戸惑う衛に、「決めたんです、私。今日で全部終わらせるって・・・」と冷たく言う美沙・・・。

続きを読む "「Mの悲劇」第6回"

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2005.02.20

「美しき日々」第18回

真実を知ってしまったソンジェ。あまりにも衝撃的な内容に相当なダメージです。家に行き母親のミョンジャに家を出ようと言いますが、事実をうまく伝えられず、狼狽して、一人去るのでした・・・。心配なミュンジャは追いかけようとしますが、たまたま居合わせたミンチョルは、今は追わない方がいいとミョンジャを引き止めるのでした。
ソンジェはその足で、ヨンスの入院している病院に行き、座り込んでしまうのでした・・・。驚いたヨンスはソンジェにどうしたのか訊ねても、ソンジェは「あいつが殺したんだ。僕の父は殺されたんだ。自動車事故じゃなかったんだ・・・。」と話すだけで、肝心なソンチュンの名は口にしないのでした・・・。ヨンスは事情が飲み込めず、困惑するのでした・・・。

続きを読む "「美しき日々」第18回"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.02.19

「富豪刑事」第6回

3年前に失踪した塚越智子の事件を、橋本孝夫(マギー)が今頃になってなぜか事件を目撃したと告白するのでした。当時更地だった、現在焼畑ビジネスパークが建っている場所で、智子の夫である塚越浩一(篠井英介)が、大きな布に包まれている遺体のようなものを運んでいたと、証言するのです・・・。マスコミもそれを聞いて、騒ぎ出すのでした!

続きを読む "「富豪刑事」第6回"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.18

「優しい時間」第6回

クリスマス・イブの日。『森の時計』にコーラスグループのメンバーである五木(木村多江)達が慌てたようすでやってきました。母子家庭に慰問の予定があるのに、サンタクロース役がカゼで寝込んでしまったので勇吉に代役を頼みたい、と言うのでした。ですが、勇吉が断ったために、偶然そこにやってきた常連客のひとり、佐久間(久保隆徳)が代役を務める羽目になってしまうのでした。

そんな騒ぎの中、美可子(清水美砂)が店にやって来ました。美可子がアクセサリー作りをしていることを知った梓が店に呼んだのでした。梓は、彼女に作品を見せてもらい、雪の結晶の形をした銀のペンダントをふたつ買いました。どうやら片方を拓郎にプレゼントして、彼とペアで自分も身に付けようと思っていたのでした。

続きを読む "「優しい時間」第6回"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

感謝!10000ヒット☆(BlogPet)

小春はミウミウの喫茶をヒットする?

*このエントリは、BlogPetの「」が書きました。

「Mの悲劇」第5回(BlogPet)

ミウミウで、悲劇に約束♪
ここにミウミウは約束したよ♪
きょうは、ミウミウで理由へ約束するはずだったの。
ここで約束ー!
ミウミウと理由を約束した?

*このエントリは、BlogPetの「」が書きました。

明日で最後…。(BlogPet)

きょうは、ホテル予定したの?
ここまで予定するつもりだった?
ミウミウで予定すればよかった?

*このエントリは、BlogPetの「」が書きました。

続きを読む "感謝!10000ヒット☆(BlogPet)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BlogPetランダム表示

月曜日に増えたBlogPet ☆キャラが増えたのはいいんだけれど、どれかひとつに絞らなければならないのは難しくて・・・初めに飼った"うさうさ"も愛着があるし・・・って思ってたら、あったんです!同時に複数飼う方法が!!
Silver Heart さんの記事を読んだら、 ランダムで表示する方法があるって書いてあって
詳しくは、、The blog of H.FujimotoさんのBlogPetのランダム表示JavaScriptを参考にさせていただき、早速全キャラクターを登録しました♪

画面を更新させると、ランダムでキャラが変わります(^-^)

jonyi jerikuru
koharutyu-taro

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.02.17

「87%−私の5年生存率」第6回

手術当日の朝、晶子は、学校に行っているはずの蒼太(川口翔平)のことを思い浮かべながら手術の開始を待った。蒼太には、乳がんのことは告げていない・・・。それが正しかったのかどうか、今になって考えてしまったのだ。やがて、同じ病室の患者・桜井ひとみ(岩佐真悠子)に励まされた晶子は、手術室へと向かうのでした・・・。

手術は、陽平、江梨子、三沢、薫らの協力を得て行われた。麻酔で眠っている晶子の胸にメスを入れる陽平。ところが、陽平の手は、晶子の胸を見つめたまま動かなくなってしまった。そして、陽平の目から突然、百合の葬儀の時にも出なかった涙がとめどなく溢れ出したのでした。そんな陽平の様子を見てうろたえる三沢と薫・・・。だが、江梨子だけは、黙って陽平の涙を拭い続けるのでした。手術は無事終了しましたが、陽平の涙が止まらなかったため、その時間は予定の倍近く掛かっていたのでした。

続きを読む "「87%−私の5年生存率」第6回"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.02.16

「救命病棟24時」第6回

加賀の容態が急変し、その知らせを聞いて、楓・黒木・進藤・日比谷らが加賀の元へ駆けつける・・・。
「VPC(心室性期外収縮)が連発しています。心筋挫傷かもしれません・・・。」心臓をエコーで診る進藤。すると加賀の心拍が停止してしまいます。進藤が除細動機で電気ショックを与えますが、心拍は戻りません・・・。PCPS(心肺補助循環療法〔経皮的心肺補助装置])の必要があると進藤は判断するのですが、PCPSは修理が終わっていない為、使えるのは修理業者が来るその日の午後だと伝える黒木・・・。止む終えず、進藤は必死で心臓マッサージを続けるのでした・・・。「進藤先生、もう45分経った・・・」と言う日比谷。しかし、進藤は心臓マッサージをする手を止めません。皆は辛そうな表情で見つめています・・・。「裕樹・・・裕樹死なないで!裕樹・・・」といって、楓は加賀の体に縋り泣きだします・・・。心臓マッサージの手を止める進藤、心電図のアラーム音が鳴り響きます・・・。「裕樹、私たち結婚するんでしょ?ずっと一緒にいるんでしょ?・・・裕樹、ねぇ目を開けて・・・」と言って、心臓マッサージを始める楓。そんな楓を、誰もが涙を流して見守るだけでした・・・。

冒頭で、こんな辛いシーンがあるとは・・・・あまりにあっけない加賀の死でした。(; ̄□ ̄A

続きを読む "「救命病棟24時」第6回"

| | コメント (7) | トラックバック (4)

2005.02.15

こうさぎ背景更新9☆

昨日から、ブログペットがバージョンアップされ、キャラクターや機能が増えたようです。
blogpet04
しばらくは、うさうさのまま放置ですが(笑)そのうちかえるかもしれません(^-^;

さてさてこうさぎ背景も、バレンタインが終わったので、変更しました。今回は、NEOといっしょさんから、『ピンクダイヤモンド』というチューリーップの背景をいただいてきました♪背景をクリックすると、ちょっと変わるんですよ(^-^) あ、あとフレームも変えられるようになったんで、変えてみました!「ファンシー」というフレームです☆
image02


| | コメント (6) | トラックバック (0)

「不機嫌なジーン」第5回

久々にやってしまいました・・・録画忘れ・・・。。。(o_ _)oコケッ⌒☆ いつも楽しみにしてくださっている皆様、ごめんなさいm(_ _)m

こんな時は、いつもの巡回しているブログを巡って感想を書く事にしました。今回参考にさせていただいたブログは、下記のみなさんです。
Yuuya's Noteletさん
どらま・のーとさん
どらまにあさん
詳しいあらすじを知りたい方は、こちらに飛んで行ってみるといいですよ!

先週キスをしてしまった、仁子と孝史・・・。お互いに封印していた気持ちに火がついてしまったようです。
でも、仁子は必死に平常心を取り戻そうと山にこもったそうで・・・(笑)しかし、それでも気持ちが晴れなかったみたい。(^-^; こんな時に山にこもるなんて、仁子くらいのものだよね。そんなところがかわいいけどw

続きを読む "「不機嫌なジーン」第5回"

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2005.02.14

「Mの悲劇」第5回

衛が小さな約束を忘れた事が、大きな悲劇を招いていた・・・。「あなたが生きる理由だ」といわれた衛は「どう・・・詫びていいのか・・・。本当にすまなかった。・・・本当に・・・」と深く頭を下げ美沙に詫びるのでした。しかし美沙は「安藤さん、もう遅いですよ・・・。」と言い、冷たい視線で衛を見つめ立ち去るのでした・・・。

久保に事のあらましを話す衛。その話を聞いた久保は「いいがかりだろう。お前が殺した訳じゃない。」と言います。「けど、僕が助けてもらったお礼にさえ行っていれば、相原亘は死なずにすんだんだ。少なくとも、美沙はそう思っているよ・・。」と力なく話す衛。「だからって、お前に何をしてもいいって事ではないだろう」と言う久保。「それしか、美沙には生きる理由がないんだよ・・・。」その言葉に何もいえなくなる久保。「彼女の望通り、僕はあの日の事を思い出してしまった・・・。次に、あの女は何をしてくるんだろう・・・。」そう・・・いったい美沙は、今頃何を考えているんだろう・・・。初めは衛に思い出してもらい、詫びて欲しかっただけだった。しかし、今ではそれだけでは気持ちが済まなくなってしまっている・・・。衛を追い詰めることでしか、生きる意味を見出せなくなってしまっている彼女・・・。狂ってしまった歯車は、どんどん闇の中へと転がって行くのでした・・・。

続きを読む "「Mの悲劇」第5回"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「美しき日々」第17回

一方的に婚約は白紙に戻すと冷たく突き放したミンチョルを追って、ヨンスは店の外へ・・・
泣きながら訴えるヨンス。「この指輪を渡す時、何て言ったか忘れたんですか?命が終わる日まで二人でずっと、人生を歩んでいけるかって聞きましたよね?私はずっとあなたの側にいるって答えました。私の返事を聞いておきながら、今になって何故です?まだ私達、終わりじゃないわ。」泣いて縋るヨンス。しかしミンチョルは、冷たく答える。「終わりだ・・・。」ヨンスを置いて車で走り去ってしまうミンチョル・・・。車の中で一人泣きながら運転するミンチョル。ヨンスを諦めさせる為に、酷い事を言って彼女をたくさん傷つけた・・・。ミンチョルも、こんな風にしか別れる事が出来ない自分にも腹が立っているだろうし、情けなくも感じているのでしょうね・・・。

続きを読む "「美しき日々」第17回"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.02.12

「優しい時間」第5回

店を辞めると飛び出してしまった梓を、勇吉は心配していた。夜になっても家に戻らないとリリに聞き、1時を過ぎても家に戻らなかった連絡するように言う勇吉だった。そこへ勇吉から知らせを聞いた朋子が店にやって来た。「いったい何があったの?」と聞く朋子。事情を説明する勇吉・・・。「今の若い子はみんなそんなものよ。いちいち気にしてても始まらないわよ。きっとそのうち帰ってくるわよ。」と勇吉を励ますのでした。そして、朋子は話題を切り替え・・・「音成さんが、自殺したって話、聞いた?あの人、随分苦しかったみたい・・・。実はね、私頼まれてお金貸したのよ・・・。」驚く勇吉「いくらです?」「300万・・・。いいのよ別に、もともとお金貸す時は、返してもらおうなんて考えてないし・・・」
「アズの昔の事・・・聞いてますか?」と切り出す勇吉。「リストカットのこと?」「えぇ。」「聞いてるわよ。」(朋子さん、そんなことまで知ってるんだ・・・この辺の事情通なのね)「なんかクセみたいに、度々やったそうです。」「心配しなくても大丈夫よ。勇さんも意外と心配性ね」と声をかける朋子。そこへリリから連絡が入った。梓が帰ってきたと・・・。ほっと胸を撫で下ろす勇吉・・・。

続きを読む "「優しい時間」第5回"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「富豪刑事」第5回

ヤクザの抗争が激しい中、『竜神会』と『不知火組』が手打ち式をすることになった。その数ざっと100人・・・。
鎌倉警部は自分たちの課で、なんとか警備すると大見栄を斬っていた。しかし対策を立てるも、警備する人間が2605人の警官がいる計算になってしまった。頭を抱える鎌倉警部・・・。そこへ美和子が提案を「あの〜ちょっとよろしいでしょうか。ヤクザの皆さんを一箇所にまとめて泊めてしまってはいかがでしょうか?」また大胆な・・・(^-^; 周りの宿泊施設を刑事達の家族を招待して埋めてしまえば、自然とヤクザ達は美和子の祖父が経営する『エンジェルホテル』に泊まる事になると言う。それを陰で聞いていた所長も大賛成し、さっそく実行に移すことに・・・。

続きを読む "「富豪刑事」第5回"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.02.11

真の牛丼ファンですって!

今日、限定販売の「吉牛」を買ったら、こんなものもらっちゃいました(〃∇〃)

CIMG0173-2

詳しくは、『ミウミウのつぶやき』に書いてあります♪
みんなさんは、食べました???


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.02.10

「87%−私の5年生存率」第5回

いきなり晶子の手術中のシーンが!!開いて見ると、ガンが乳腺に広がってしまって、全摘に切り替える事に・・・え!胸全部摘出!?(; ̄□ ̄A そ、そんなぁ・・・。 そして手術が終わり、晶子は自分の胸を鏡の前で恐る恐る見ることに・・・。そんな自分の姿を鏡で見た晶子が震えて泣きそうになると、弓子(杉田かおる)が部屋に現れる、そして晶子を骨休めだと旅館へ引っ張って行くのだった・・・。そこには真奈美も来ていて、3人で一緒に露天風呂で雪見酒でも飲もうと言う。しかし、晶子は手術した胸の痕が気になり、一緒にお風呂には入れない。一人風呂場の外に出ると、蒼太が浴衣を着て歩いてくる。そこには黒木先生も一緒なのだった。「一緒にドライブでもどうです?」といきなり誘われ、驚いていると、突然廊下の非常ベルがけたたましく鳴り出す!!

続きを読む "「87%−私の5年生存率」第5回"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.02.09

こんなもの載せてみました☆

喫茶ミウミウも、今日でオープン4ヶ月目を迎えました☆彡

そこで、記念(?)にTVドラマの視聴率推移のグラフを載せてみました♪
初めなかなかうまく行かなくて、良いフリーソフト(JPGの圧縮率を変えれるもの)をadsさんに教えていただきました!
ど素人の私が作ったものなので、たいした物ではありませんが、何か他に良いアイディアがありましたら、是非情報を提供お願いいたします。m(_ _)m

これは現在放送されているドラマ全てではなく、現在ミウミウが視聴しているもの"9タイトル"のみになっております(^-^;

左のサイドバーにいれましたので、よろしければご覧ください♪

皆様のご意見・ご感想を頂ければ、とってもと〜っても嬉しい、
ミウミウです(〃∇〃)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「救命病棟24時」第5回

地震発生後6日目。東都中央病院では、医師が交代に休み、睡眠を取れるようになり、ボランティアの人達も増え、かなり良くなってきたと家族に報告する医局長の黒木がいました。

そんな中、加賀の意識が戻るのでした。「楓・・・」と声を上げる加賀。しかし彼の容態は、今は安定しているものの、まだまだ安心出来ない状況でした。加賀は楓が婚約指輪をネックレスにしている事に気が付き「ずっと・・・着けててくれたのか」と喜びます。「あたりまえでしょ。裕樹が治ったら、一緒にシアトル行くからね。」と答える楓。「地震でどうなるかわかんないよ・・・。」という加賀。「どうなったって、ずっと側にいる・・・。」楓は加賀の手を握り締め、涙ぐむのでした。加賀は、そんな楓を見つめ微笑みます。 一時はもうダメかと思いましたが、なんとか会話が出来て、そして楓は加賀に自分の思いを告げられてほっとしました・・・。(^-^)

続きを読む "「救命病棟24時」第5回"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.02.08

感謝!10000ヒット☆

喫茶ミウミウも明日で4ヶ月を迎えますが、本日ご来店10000ヒットを迎える事が出来ました!(^-^)

これもドラマ話や、ワンコ話にお付き合いしてくれた皆様のおかげです。本当にありがとうございました☆
ブログ開始当初は、ここまでこんなに早く達成するとは夢にも思わず、驚いています。
回を重ねるごとに、長文になるドラマ日記・・・親バカな愛犬の記事・・・こんなものでいいのか、いつも不安でいるのですが、リピーターの方がいてくれるから、ここまで続ける事が出来ました。

そこでミウミウからのお願いです。
いつも覗きに来て下さるそこのあなた。時々でいいですから、読んだ記事の感想やご来店の記念(?)に足跡などを、ぜひ残していってください。今後の励みにしますので(^-^; 本文の記事へのコメントでも、ミウミウ掲示板への書き込みでもどちらでもOKです♪

まだまだ未熟者なミウミウですが、これからも「喫茶ミウミウ」をよろしくお願い致します。m(_ _)m


| | コメント (4) | トラックバック (0)

「不機嫌なジーン」第4回

仁子(竹内結子)と健一(黄川田将也)は付合い始めて2ヵ月ちょっと経っていました。
そんなある朝、健一は仁子のベッドで寝ていると、仁子が寝言で「〜きょうじゅ・・・」と言うのを、健一は聞いてビックリ。焦った仁子は、友達の早智子(井上訓子)に寝言のことを相談します。夢の中には5人も人が居たんだよと弁明する仁子。「だったら、寝言も5人分呼んどかないと」と言われ、「出来る訳ないじゃん、無意識なのにぃ!」と叫ぶ仁子。

続きを読む "「不機嫌なジーン」第4回"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「優しい時間」第4回(BlogPet)

きょうは、ここにお話すればよかった?


*このエントリは、BlogPetの「うさうさ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

「Mの悲劇」第4回

お金を燃やされてしまった衛。すぐに美沙のいた店に戻るが、いきなり辞めると電話があったと言われ、美沙の知り合いなら持って行ってくれと私物を渡されるのだった。 警察に訴えに行くが、またも相手にしてもらえず、衛は警察署の外で怒りを爆発させていた。そこへ美沙から電話が入る。「警察なんてそんなもんですよ。」驚く衛「近くに居るのか?」「自分の身は、自分で守るんじゃなかったでしたっけ?だから、今の安藤さんがあるんですよね。」「楽しいか!?10年かけて溜めた金をよくも・・・どこにいる?哀れな僕を見て気が済んだか!」「まさか!全て奪うって言ったの忘れたんですか?」「僕をどうしたいんだ!」早く私達の事を思い出してください。思い出したらわかりますよ・・・この先のあなたの運命が。」「なんなんだー!!」衛はまだ訳が分からず、混乱するだけだった・・・。

続きを読む "「Mの悲劇」第4回"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

「美しき日々」第16回

ヨンスの元へ行き、婚約を考え直して欲しいと懇願するソンジェ。そしてもっと心の中を見せるから、僕を見てそして考え直して欲しいと・・・。しかし「愛する人が私を望んでくれてるの、迷う理由なんてないでしょ。」と言い切るヨンス。・・・ソンジェ見苦し過ぎ!!ヨンスの心には、もうソンジェのことなんてこれッポチもないんだから、いい加減諦めろ!と言いたい。 この時のヨンスは、"どっちつかず"じゃなく、ハッキリ言ってくれて。良かったわw(^-^;

続きを読む "「美しき日々」第16回"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.02.06

「富豪刑事」第4回

今回は、誘拐事件。おもちゃ工場経営者、高森陽一の息子・映一君小学校の6年生が誘拐された。高森は、会社の従業員の給与のお金を身代金に利用。美和子は奥さんの姪になりすまし、高森家に潜入。犯人がお金の受け渡しを指定し、その指示通り動く高森。刑事達が見張る中、まんまと身代金を取られ、さらに刑事がいることがバレたので、犯人は、身代金を追加要求してきた!(; ̄□ ̄A

続きを読む "「富豪刑事」第4回"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.02.05

犬用ドリンク

今日は、未宇のエサとおやつを買いに、行きつけのペットショップへ行って来ました。
そこで、なにげなく目にとまったのがこれです☆
DVC00041わん茶」と「アミノ犬」です。
「アミノ犬」は、前から見ていたんですが、「わん茶」は初めて見ました♪
アミノ犬」は「アミノ式」をパックったデザインで、"燃焼系"→"動物系"となっています(^-^; アミノ酸入りのミネラルウォーターで、"食べすぎ""太りすぎ""運動不足"のワンちゃんに、良いそうです。人間と一緒ねw

一方、「わん茶」は、カテキン入りのミネラルウォーターで、ワンちゃんの"虫歯予防"と"口臭予防"にいいそうで、更に"活性酸素除去作用"もあるので身体の老化速度が緩やかなると言われているとか・・・生活習慣病に良さそうですよね。

続きを読む "犬用ドリンク"

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2005.02.04

「優しい時間」第4回

今回のお話は、お金にまつわる話でした。

「森の時計」に、水道工事業者の立石(國村隼)がやってきた。店の水道管を凍らせてしまったため、彼に連絡したのだ。作業を終え、ひと息ついた立石は、勇吉(寺尾聰)に娘の話を始めた。立石の娘は、父親よりも年上の大手パチンコチェーンの専務だという男の子供を宿し、結婚することになっていた。その相手が、結納金1000万円出すと言ったのだという。しかし立石は、娘を1000万で売り飛ばすような気がして、思わず断ってしまったらしい。その話を聞いていた梓(長澤まさみ)は、不快感を露わにし、破談にすべきだ、と言い出す。

続きを読む "「優しい時間」第4回"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.03

「87%−私の5年生存率」第4回

晶子は会社から知らせを聞いて、病院を飛び出し会社へと向かった。駆け込んできた晶子を、同僚の真奈美が捕まえ、別室にいる所長の剣崎の元へと連れて行く。謝る晶子に剣崎は、『川上側に説明し、了承を得た』との内容の覚書にサインするよう求める。確かに契約書には未保障期間のことは明記してあり、たとえ説明していたとしても、保険金は支払われないことに変わりはない。つまり、晶子が川上側に謝ったとしても、晶子自身もクビになり、誰も得することはないというわけだ。

そう言われて、晶子が「私に嘘をつけと言うんですか?」と言い、自分の置かれた状況に困惑していると・・・。川上の妻・千絵が晶子達がいる部屋を見つけて、入ってきてしまった。必死に本当の事を行って欲しいと晶子に迫る千絵。よく考えて、本当の事を思い出すように言う剣崎・・・。晶子は答えにつまる・・・。

続きを読む "「87%−私の5年生存率」第4回"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.02.02

「救命病棟24時」第4回

先週寺泉が用意したヘリで、ようやく救急搬送の患者さんを全て送り出す事が出来た。しかし、病院では食糧不足に陥っていて、補給物資もカンパンとお水(それもわずか)しかない。スタッフも人手不足でかなり疲れが溜まっているので、みんなイライラしている。一時帰宅から戻ってきた看護師の大友葉月(MEGUMI)は、カルテの書き直しをしていたが、「飯島 純」という患者の性別が分からず聞くと、看護師の伊坂千秋(田村たがめ)に「あぁ、あなた地震の後いなかったものねぇ。・・・男性。」と嫌味を言われてしまう。

一方、楓は携帯に入っているメッセージに気が付いた。しかし搬送先の病院に連絡をしても、向こうも混乱をしているようで、確認が取れないでいた。

続きを読む "「救命病棟24時」第4回"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「美しき日々」第15回(BlogPet)

きょううさうさは、miu-miuがここでmiu-miuは冒頭へ朝食しないです。
miu-miuは、

「ZEROはオ・ジョンフンじゃないのか?」というミンチョルの問いに、ソンジェは「

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「うさうさ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.01

「不機嫌なジーン」第3回

孝史は、生物学科4年の柳川美幸からお誘いのメモをもらいます・・・「大好きですv今度誘って下さい。」とのメッセージに携帯番号とメールアドレスが・・・そのアドレスが・・「miu miu xx@jp-t..」と書いてある!あの子も"ミウミウ"なんだw( ̄ー ̄)ニヤリッ

仁子と健一はなんだかうまく行っているよう・・・。夜突然健一が尋ねてきたりして、「これってもう付き合ってるって感じ!?でもさぁ、物事には準備ってものが必要だよね。そう、心・・・とか、部屋の片付けとか!」もう舞い上がってます(^-^;

続きを読む "「不機嫌なジーン」第3回"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »