« こんなもの載せてみました☆ | トップページ | 真の牛丼ファンですって! »

2005.02.10

「87%−私の5年生存率」第5回

いきなり晶子の手術中のシーンが!!開いて見ると、ガンが乳腺に広がってしまって、全摘に切り替える事に・・・え!胸全部摘出!?(; ̄□ ̄A そ、そんなぁ・・・。 そして手術が終わり、晶子は自分の胸を鏡の前で恐る恐る見ることに・・・。そんな自分の姿を鏡で見た晶子が震えて泣きそうになると、弓子(杉田かおる)が部屋に現れる、そして晶子を骨休めだと旅館へ引っ張って行くのだった・・・。そこには真奈美も来ていて、3人で一緒に露天風呂で雪見酒でも飲もうと言う。しかし、晶子は手術した胸の痕が気になり、一緒にお風呂には入れない。一人風呂場の外に出ると、蒼太が浴衣を着て歩いてくる。そこには黒木先生も一緒なのだった。「一緒にドライブでもどうです?」といきなり誘われ、驚いていると、突然廊下の非常ベルがけたたましく鳴り出す!!

それに驚く晶子・・・。画面が白くなり次に現れたのは、晶子が布団から飛び起きるところだった。・・・という事は全て夢オチ!?(^-^; ビックリしました・・・。だっていきなり手術で、それに急遽全摘になんてなって・・・でその後すぐに温泉へ拉致(?)られて、黒木にドライブのお誘い!?とハチャメチャな展開・・・。あるわけないよね。(^-^;

まぁ、それだけ晶子の頭の中は目前に控えた手術の事で、不安がかなりありこんなヘンテコな夢まで見てしまったんだろうけど・・・。それにしても、黒木に誘われる夢を見るなんて、やっぱり彼女は先生に惚れてる!?(〃∇〃)

目が覚めると、部屋に蒼太はいなかった。「早朝連習に行ってきます」(←蒼太君が字間違えたw)と書置きを残して、一人先に家を出てしまっていました。実は、蒼太はサッカーの練習に行ったのではなく、黒木の家にやってきたのだった。前回一緒にタクシーに乗った時、何かあったらこまるからと、黒木に名刺に住所を書いてもらっていたのだ。(←ヌケメナイネ) 「ねぇ、先生。本気だと思っていいんですよね?」といきなり切り出す蒼太。「え?」何を言われているのか判らず焦る黒木。(^-^; 「わざわざ家まで来たり、駅までタクシーで迎えに来てくれたりしたじゃん。それって、つまり・・・・本気だと思っていいんですよね!」と言う蒼太の言葉を、黒木は勘違いして受取る。「あぁ〜、お母さんのこと。そりゃあもちろん本気だよ。絶対に、自分の手で、万全を期して、いつまでも長生きしてもらえるように・・・って考えてるよ。」その言葉を聞いた蒼太は、その場に居た黒木夫妻にも、証人になってもらおうとする。「聞きましたよね。じゃあ、二人共証人って事で。」と言う蒼太に正十郎(細川俊之)は「お母さんのことが、心配なんだね」と言います。「そんなの当たり前じゃん。家族なんだから。」と堂々と答える蒼太。「そうか、家族ね・・・。」「うちはさ、父ちゃんがいない分、よく舐められたりするんだよね。・・・黒木先生に限ってそんな事はないだろうけど、でも念には念をって思って・・・。」それを聞き納得する黒木「明日は全力を尽くすよ。約束する。」と言う黒木。「先生って、サッカー得意?」「スポーツは好きだけど、サッカーはしたことないかな・・・」「今度やろうよ!」「・・・わかりました。今度やろう。」「約束だよ」「うん、約束する」蒼太は、満足して帰るのでした。
あはは、このシーンはおかしかった!ヾ(@^▽^@)ノ だって、蒼太は、黒木を晶子の『再婚相手』として本気か?と聞いてるのに、黒木達は、蒼太が『手術をちゃんとやってくれるのか』と確認しに来たと思っている。で、お互いに勘違いしたままなんとなく話は流れて行ってしまい最後は蒼太と親子としての交流を深める約束までさせられてしまっているのだ(笑)
本当に蒼太君はしっかりしてる子供だよね。母親の心配をして、相手に念を押しに行くとは!でもちゃんと伝わってないんだけどね
(^-^; でも言葉使い悪いけど、いい子だわぁ(〃∇〃) 蒼太君は証人も取ったから、もう安心してるけど、本当の意味伝わってないですからぁ〜残念〜!!

晶子は入院の準備をして病院へ行くと、薫(酒井若菜)から 手続き(費用の事)について話があると言われる。
その額25万円・・・。そして退院してからもその他にいろいろかかると聞かされるのでした・・・。晶子は"副作用が少ない、新しい抗がん剤"があると聞いたが、それは高いのかと訊ねた。保険が認められている薬ならばいいが、もしそうでなかったら、自由診療扱いになってしまうとの話だった。
現在日本では、自由診療と、保険診療の混合を認めていないそうなのです。だから自由診療の薬を使うなら、全ての費用が全額患者負担になってしまうという恐ろしい話だった。(@_@; あまりにもひどい話ですよね!?お金がある人は最前線の方法を選べて、お金のない人には選ぶことが出来ないなんて・・・。なんでそんな仕組みにするんだか・・・早く混合診療を実現して欲しいですよね!!
晶子は、手術後の治療費がどのくらいかかるものなのか聞いてみた。もし保険適用による治療なら、月々5〜6万かかると言う・・・。はぅ、痛い金額だね。思わず自分の入っている保険の内容確認しちゃったよ(>_<)
調べたら一応カバー出来そうだったので、ほっとしました(^-^;

晶子はこの費用の話を聞いて、別れた旦那さんの今の奥さんに、手切れ金200万円を返してしまった事を後悔し始めるのでした。弓子に「背に腹は変えられないでしょ。カッコつけてる場合かよ」と言われた事を痛感するのでした・・・。

最後の検査を受けながら、晶子は黒木に問うのです「先生。人の命もお金で買えたりするんですか?」「はぁ?」驚く黒木。「お金を沢山積めば、もっともっと効き目があって、副作用の少ない薬が使えるんですか?高度先進医療とかいう、すごくいい治療が受けられるんですか?それって見方を変えれば、貧乏人は死ねってことですか?」興奮しながら話す晶子。それに対して黒木はこう答えるのだった。「お金で命は買えます・・・ある程度は。そもそも人生は不平等です。生まれる環境も違う、才能だって違います。人それぞれ寿命だって違う。他人の事を羨ましがっていてもしょうがない。人それぞれ、自分の今いる場所で、ベストを尽くすしかない。私は私のベストを尽くします。小谷さんは、小谷さんのベストを尽くしてください。」と彼女を励ますのでした。そうですよね、確かに今自分の環境を嘆いても仕方が無いですよね・・・。それよりも気持ちを前向きにしなければ・・・。晶子も黒木の言葉を聞いて、きっと前向きな気持ちを持つ事が出来たでしょう。

そんな中、聖和医大では川上の手術が行われていました・・・。そして宇月医院長は晶子の手術の為に、江梨子(相川七瀬)を口説きにやってきたのでした。

午前の検査を終えた晶子は、安静にしているように、との指示を無視し、呼び出した冬美と会っていました。その目的は、もちろん例の200万円をもらうことでした。プライドをかなぐり捨て、晶子は目の前に座った冬美にお金が欲しいことを告げます。“手切れ”の念書にサインをした晶子の前に置かれる札束・・・。たまたま近くで、剣崎(渡辺いっけい)、真奈美(杏さゆり)とこの様子を見ていた弓子は、お金の受け渡しに難クセをつける冬美を怒鳴りつけてしまうのでした。そして、晶子はようやく200万円を手にすることが出来たのでした・・・。

宇月医院では、晶子の帰りを黒木達が待っていました。誰かが入ってきたので、晶子だと思って出てみると、それは江梨子でした。入ってきていきなり「カルテ・・・患者さんのカルテ。明日オペの」と言うのでした。驚きながらも、診察室へ案内する黒木。「ありがとう。でも、どうして?」と黒木が訊くと、「どうしてって、黒木先生が来てくれっておっしゃったんじゃないですか」と答える江梨子でした・・・。
これで明日の晶子のオペの準備は整いました。黒木が落とせなかったのに・・・さすがだね、寅ちゃん♪

一方お金を手に入れた晶子は、聖和医大に行きました。・・・川上に会う為に。面会謝絶の川上に会った晶子は、手術が終わった事を聞き驚きました。助かる見込みがなかったけれど、手術が終わって担当医に5年生存率が"0から7%"に上がったと言われた事を嬉しそうに話す、川上。その話を聞いて何も言えなくなってしまう晶子・・・。「おめでとうって言ってもらいたかったんですけど・・・」と川上が言うと、晶子は涙をこらえ笑顔で「手術のご成功、おめでとうございます」と言うのでした。そして例のお金を出し、これは拾ったお金なんで山分けしませんか?と差し出すのでした。しかし川上は、「お金をもらう理由はありません。がん保険の件のことなら・・・」と言いかけると、晶子は「勇気をもらいました、あなたに。・・・私も、ガンなんです。乳がんで、明日手術です・・・」と告白するのでした。川上はそれを聞くと、少し考え・・・「う〜ん・・・そしたら、少しの間だけ、貸していただけますか?」と言うのでした。「そうですね・・・お貸しします。元気になったら、返してください」と励ましながら、川上の手に100万円の入った封筒を握らせるのでした。川上が「小谷さん。明日の手術、頑張ってくださいよ」と励ますと、晶子は嬉し涙を流し、「はい」と答えるのでした・・・。
この二人のやり取りを見ていて、思わず涙が・・・。(;_;) 二人共厳しい状況の中励ましあい、お互いに生き続ける事を頑張ろうとする姿に感動しました。

今回プライドを捨てて、200万を手にした晶子は、しばらくはお金の事は心配いらなくなりました。後は手術がうまく行く事だけを願うばかりです・・・。
いよいよ来週は手術です。なんだか予告で黒木が手術中に泣いたりしていて、ちょっと意味深ですね。(-_-;

|

« こんなもの載せてみました☆ | トップページ | 真の牛丼ファンですって! »

コメント

ミウミウさん、おはようございます!

 来週の晶子のオペはきっと成功するでしょうね。
 それで、このドラマの肝心なところは、きっとその後だと思うので、来週以降の展開が楽しみです!

 あと、4年前に聖和医大で何があったのか?っていう謎も早く知りたいですね!

投稿: ユウヤ | 2005.02.11 09:47

こんにちは~~~

よかった~ほんまいいドラマですね。
黒木先生とどうなるんやろ??
あっちっち~なのかな・・・
今後が楽しみですね♪

投稿: 碧い半熟たまご | 2005.02.11 11:52

ユウヤさん、こんばんわ(^-^)

そうですね、手術が終わってからの方が長いですものね・・・。その後の治療の話とかこれからも興味津々です!!それにこの二人は恋愛関係に発展しちゃうんでしょうか(〃∇〃)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

碧い半熟たまごさん、こんばんわ(^-^)

今のところ、黒木先生は晶子の事を、女性としてはそんなに意識していないとは思うのですが、
でもこれから深く関わるうちに、変わるのかな?
ストーリはまだ半分ですからね☆


投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.02.11 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「87%−私の5年生存率」第5回:

» 87%「たくさんの勇気をありがとう…」 [Yuuya's Notelet]
*87% 第5話 「たくさんの勇気をありがとう…」*  小谷晶子(夏川結衣)は、 [続きを読む]

受信: 2005.02.11 09:47

« こんなもの載せてみました☆ | トップページ | 真の牛丼ファンですって! »