« 「美しき日々」第18回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第6回 »

2005.02.21

「Mの悲劇」第6回

衛は美沙の部屋を出た後、アパートの階段で足を滑らせて転落してしまいました。薄れてゆく意識の中で、美沙の姿がぼんやりと映っているのでした。そして衛は、気絶をしてしまうのでした・・・。
衛が目を覚ますと、手足はベッドに繋がれていました。するとそばにいた美沙が「目覚めちゃったんですね・・・。ずっと眠り続けてくれたら、それで済んだのに・・・」と言う美沙。「どういうつもりだよ!?」と戸惑う衛に、「決めたんです、私。今日で全部終わらせるって・・・」と冷たく言う美沙・・・。

衛が、母親の手術が終わったばかりなので、病院に行かせて欲しいと頼むのですが、美沙は無視します。「大声を出して人を呼ぶことだって、出来るんだぞ。」と言う衛に「私を救ってくれるんじゃないですか?それともあれも嘘ですか・・・。」と言う美沙。そこに妹から電話が入った。しかし美沙は電話を取り上げてしまいます。「私にも亘にも、家族はいなかったんですよ。安藤さんも忘れてください。」と冷たく言い放つのでした。何とかしようともがく衛に、「諦めてください。今日で終わらせるんですから」と言う美沙。衛が「どうして今日なんだよ?なぁ、何を焦ってんだよ?こんな事をすればするほど、君だって辛くなるんじゃないのか?」と衛が訊くと、「勝手な事言わないで。・・・安藤さん、私の事救いたいって言いましたよね?だったら亘を生き返らせてください。今日、亘の誕生日なんです。安藤さんも祝ってくださいね。あなたへの復讐が、亘へのプレゼントなんですから」と言うのでした・・・。「僕を・・・どうする気だ?」と問う衛。「やって欲しい事があるんです。」と美沙は答えるのでした。

一方会社では、島谷専務が久保に、衛を法人営業部に復帰させると話をしていました。有紀も衛とやり直したいと言っているそう・・・。だがそれも全ては美沙との決着がついてからだと言う島谷。その話を聞いた久保は何かを考えているようでした。そして厳しい表情で、外に飛び出して行く久保・・・。
そのころ有紀は、衛のことを心配して携帯に連絡をするのでした。しかし繋がらないので、メッセージを残すと、そこへ下柳がやって来ました。「安藤さんか?俺も電話したんだけど、繋がんなくてさ・・・。俺は、取り返しのつかないことをしてしまったかもな・・・」という下柳。「晃一、衛に何かしたの?」と有紀が尋ねると、下柳は「とにかく安藤さんを探してくる・・・」と言って、去ってゆくのでした。

美沙は、衛に500万円の借用書を見せ、それにサインするように要求するのでした。「亘は?の事件のせいでデビューが中止になって、CD制作費や宣伝費まで保証することになって、500万円の借金を背負わされたんです」と話す美沙に、「だったら燃やしたりしないで、僕から奪ったあの金で返せばよかったじゃないか」と言う衛。すると美沙は、「返済したいんじゃないんです!亘の苦しみを分からせてあげたいんです。償いはするつもりだって言いましたよね?」と言って衛にペンを差し出すのでした。衛はそのペンで借用書にサインをするのでした。「ずいぶん素直なんですね」と美沙が言うと、「君を救いたいという言葉に、嘘はない」と言う衛・・・。その時、ドアの外には久保がいました。しかし、何もせず去ってゆくのでした・・・。なんでここに久保が!?どうやってこの場所を着きとめたんでしょう?それにこっそり中の様子を伺いながら、何もしないで去ってゆく・・・。怪しさ炸裂です!!(; ̄□ ̄A
美沙は、衛に辞表を書くように強要するのでした。「10年勤めた会社だぞ!人の安全を守るのが僕の誇りで・・・この会社を辞めたら僕は・・・。」と言う衛。「亘だって音楽だけが支えでした。高校を卒業してから、ずっとデビューを夢見て、10年かけて掴みかけた夢を、あなたのせいで失ったんです。あなたが辞めなければ、みんなが迷惑する事になりますよ。それとも安藤さんは、人の安全じゃなく、自分の安全を守ろうとしているだけなんですか?」その言葉を聞いて、衛はおとなしくサインをするのでした。そして更に美沙は衛に要求するのでした。白紙の紙を渡す美沙・・・。「今度は何を書けって言うんだ・・・。」すると「・・・遺書です。亘は命を失ったんですよ。」と衛に背を向けて話す美沙。「こんなことをして君は救われるのか!?」「私は救われたいなんて思っていません。」「辛いのは分かるけど、死んだ彼だって君が何かを見つけて立ち直ることを望んでるんじゃないのか?僕は君にみつけて欲しいし、それを手伝えるならなんだってするつもりだ。」と衛が言うと、美沙は「私には亘がたった一つの光だったんです。ちょっと出かけてきますから、戻ってくるまでに遺書の内容を考えておいてくださいね」と言って出かけて行くのでした。衛は美沙が行ってしまった後、必死に手足を自由にしようともがきます。すると爪切りを見つけるのでした・・・。その爪切りで、ロープを切り逃げ出そうとする衛。部屋を出る直前に、衛は亘の作った曲『ひかり』の歌詞を見つけるのでした。そこには、〜愛し合う喜びを信じぬく強さを 生きてくそのわけを 君が与えてくれた〜とのフレーズが・・・。
亘も美沙を生きる意味にしていたのですね・・・。孤独な二人が支え合って生きてきた・・・。でも、亘は音楽の道を失い、失意のどん底に陥ってしまいました。側にいる美沙さえも支えにならなくなってしまうほどに・・・。自分が亘を最後まで支える事が出来なくて、どんなに美沙もショックを受けたのか・・・考えると辛いですよね・・・。

その頃下柳は、瞳のところに行き、美沙の本当の住所を聞き出すのでした。場合に寄ってはあなたも同罪だと言う下柳に、瞳は「どうして私がみんなから責められなきゃならないんですか?」と言うのでした。「みんな?」と驚く下柳。「さっきもあなたの会社の人が来て・・・」と瞳は言うのでした。・・・それは久保か!だから美沙の本当の住所が分かったのね!!
一方久保は会社に戻ってきました。すると受付に美沙の姿を発見します。美沙は受付の女性に島谷専務に渡して欲しいと封筒を預けるのでした。そしてその封筒を久保は受付の女性から受け取り、中身を見るのでした。そこには衛の退職願いが・・・・。
下柳は瞳から美沙の住所を聞きだし、美沙のアパートへ向かいました。ドアを叩くも返事はなく、ドアノブを回すと鍵がかかっていません。下柳はそっと扉を開き、部屋に上がりこむのでした。そして部屋に落ちていたカレンダーを拾い、今日が亘の誕生日だと知るのでした。

衛は美沙の部屋を抜け出し、母親の病院へ駆けつけていました。衛の足を見て心配する妹の愛子。衛は母に「僕達がついているから安心だよと」声をかけるのでした。

事件現場で一人佇み、当時の事を思い出している美沙・・・。「今日で終わりにするからね・・・。」そうつぶやく美沙・・・。そこへ借金取りの尾崎が来ました。美沙は尾崎に、衛が書いた借用書を渡しました。すると「これでアンタの負債もなくなったな」と言って美沙の借用書を尾崎は破るのでした。美沙は尾崎に、「あなたとも、やっとお別れね。いろいろご迷惑おかけしました」と言って去ろうとする美沙。「どこへ行く気だ?」と尾崎が訊くと、美沙は振り返り、「あなたには探せない場所です」と言って去って行くのでした。

一方下柳は会社に戻り、島谷専務と有紀に、今日が美沙の亡くなった恋人の誕生日だと告げ、連絡が取れないのはそのせいではないかと言うのでした。有紀は考えすぎじゃないかというのでしたが、島谷専務は今まで美沙がしてきた事を考えると、考えすぎではないかもしれないと言うのでした。そして下柳は美沙の本名は"香田美沙"でしたと告げると、島谷はその名前を聞き、驚くのでした。
美沙は部屋に戻ると、衛がいないのを見て「嘘つき・・・」と言い、その場に座り込んでしまうのでした。

一方、美沙の事が気になる大川刑事は、若井刑事に死んだ恋人の事を調べさせ、報告を受けました。「相原亘を刺したチンピラは薮本。刑期が短縮になって、一昨日仮出所したそうです」大川達は衛の会社にやって来て、久保に美沙と衛の事情を訊くのでした。すると久保は「安藤は何度も警察に相談したって言ってましたよ。何なんですか、今頃になって」と言って怒るのでした。
島谷専務は、鍵のかかったロッカーを開けると、中に並べてある警備事故報告書の1冊を取り出しました。その中には、"店舗兼住宅 店主・香田雅之さん.妻・・・長女・香田美沙さん軽度・・・"と書かれていました。美沙は過去に両親を亡くしていますが、どうやら島谷専務がからんでいるようですね・・・。

一人部屋でワイングラスに薬を入れ、亘の写真を見つめ「結局二人きりだね・・・。」と言い、写真たてを裏返し、写真たての中から子供の頃両親と一緒だった焦げた写真と、施設の前で一人写っている写真を取り出すのでした。「どうして私を愛してくれた人は、みんな死んじゃうんだろうね・・・。“光”なんて見つからないよ・・・」と涙を流す美沙。そして、薬の入ったワインを口にしようとすると、大きな音を立ててドアが開き、衛が足を引きずって入って来ました。「病院に行ってたんだ。逃げたわけじゃない。他には誰にも会ってないし、君の事も誰にも言ってない」と言う衛「どうして戻ってきたのよ?せっかく出てったくせに・・・自分を守って生きるんじゃなかったの?また私に復讐させたいの」と怒る美沙。「僕には君に責任があるんだ。本気なんだ、君を救うためだったら何だってするし・・・もう絶対、約束は破らない。」と言う衛でした。

衛が病院にいないと、下柳と有紀が久保に告げるのでした。嘘をついていたのかと詰め寄る下柳。「嘘じゃない、安藤がそう言ったんだ。」「じゃあ、ここにあったこの辞表はなんですか?」と言って衛が書いた辞表を安藤に突きつけます。「衛の辞表をどうして安藤さんが?」と問う有紀。「こんなものきっと美沙に脅されて書かされたんだろう。こんなもの専務に渡せるわけないだろう」と言って奪い取るのでした。美沙と何かあるのを気づいていながら話さなかったのかと問い詰める下柳。しかし久保は、衛が自分で解決すると言ったんだから、俺たちが口を挟んでどうなる問題でもないと言い、帰ろうとします。でも話し合いで解決するわけがないと思ったから、久保は美沙の部屋に行ったのだろうと指摘する下柳。「あなたは本当は、安藤さんがどうかなればいいと思ってるんじゃないですか?」と問いかける下柳。その言葉に久保は「お前だって、どうして急に安藤を心配するんだ。この前まで、目の敵にしてたんじゃないのか?」と言い出します。何も言わない下柳・・・。更に久保は「1年前の事件になにか関わり合いがあるんじゃないのか?」と言うのでした。「どういう意味ですか?」と下柳が訊ねるのですが、久保は何も答えずに立ち去るのでした。

衛は、亘の楽譜を見ながら、「彼だって、君に何かを見つけて生き続けて欲しいって・・・そう言ってるんじゃないのか?」と話すのでした。すると衛の携帯に、有紀から電話がかかってきました。有紀は衛に居場所を教えて欲しいと言います。僕は大丈夫だと答える衛。有紀に辞表のことを訊かれると、衛は「あれは・・・自分の意思で書いた辞表だ。もう、会社には迷惑はかけられない・・・。もう、君とも会わないほうがいいと思ってる」と言います。戸惑う有紀に、「今までありがとう。専務にも君からよろしく伝えてくれ」と言って、衛は電話を切るのでした。
電話を切った衛は、「小さい頃に父親が死んで、父みたいにはならないようにと人一倍安全には気を使って、今の会社に入って、僕は幸せにありついたような気がした・・・。けど自分を守ろうとするそんな生き方が、いつの間にか人を傷つけていた。君と出会ってよく分かったよ。いつか君はさ、“あなたを生きる理由にしたい”って言ったよね。でも、他にいくらでも生きる理由はあるんじゃないのか?」と投げかけます。すると美沙は、「もう楽になりたいんです。帰ってください・・・。いまさら生きて何があるんですか?両親が死んで、亘に会うまでは私はずっと一人だった。亘が死んでまた一人ぼっち・・・私の大事な人は、もう写真の中にしかいないんです」と涙を流すのでした。「一周忌のあの日・・あなたに出会っていなかったら、もう今頃は私・・・。だから私の事は気にしないでください。」と嘆く美沙。「一人でも生きてきたから、だから彼にも会えたんだろ?君だって本当は“生きる理由”を見つけたいんじゃないのか?君にとって彼が“光”だったように、彼にとっても君が“光”だったはずだ」と言う衛。「じゃあ、どうして亘は死んじゃったの?・・・私がいたのに・・・どうして、私一人を残して死んじゃったの!?」と美沙は叫ぶのでした。「目の前の光を見失うときだってあるさ」と言う衛。「どうして見失ったんですか?」「彼にとってあまりに辛い現実があったから」「どうしてそんなことになったんですか?」問い詰める美沙・・・。「あの日、僕に出会ったから。僕が約束を忘れて、彼の無実を証明できなかったから」「なのにどうして、あなた一人だけ生きてられるんですか?」「僕が死ねば満足なのか?」「亘は自分で命を絶ちました」自殺を強要する美沙・・・。「僕は、自分からは死ねないよ・・・でも、どうしてもそうしたいなら、それで君が救われるなら、君の手で殺せばいい」「出来ないと思ってるんですか?」と言って台所から包丁を取り出し、握り締めゆっくりと衛に近づく美沙。・・・しかし美沙には衛を刺す事が出来ませんでした。「ごめんね、亘・・・。生きているあいだも、死んじゃってからも、何にもしてあげられなかたね・・・」美沙は不意に荷物を持ち部屋を出て行こうとします。慌てて止める衛。「本当は、私だってわかってたんだと思う・・・。こんなことしても何にもならないって・・・。もう開放してあげるわ・・。」と言い一人部屋を出て行く美沙。衛は美沙を追おうとするのですが、痛めた足の為すぐには追いかけられなかったのでした。外で下柳と有紀に会うのでしたが、心配する有紀を振り切って、衛は美沙を追うのでした。

その後一人、事件があった場所に佇む下柳・・・。何かを考えそしてその場を立ち去ろうとした時に、一人の男とすれ違いました。驚き振り向く下柳・・・。男の顔を確認すると、それは亘を刺した男・薮本でした。すると下柳の顔が急に強張るのでした・・・。彼は1年前の事件に関係があったんでしょうか!?はぅ、また謎が・・・。もしかして・・・下柳が薮本を使って衛を襲わせた!?でもこれは久保の犯行の可能性もありそうだし・・・。むむぅ〜(-_-;

部屋を飛び出した美沙は、一人思い出の海に来ていました。海を見つめ、荷物を手放し・・・・。

なんだか美沙の復讐はこれでお終い?・・・って感じですねぇ。ただ事件の方が何やら裏があったようなので、今度はそっちの話になる模様です。チンピラの薮本に火を貸すスーツの男の姿が・・・。って事は、やっぱりあの事件は久保が仕掛けたのかな?やはり久保は警備員時代に、衛に何か怨みを抱いていて、そして薮本を使って衛を襲わせたのかもしれません。下柳の方の繋がりは、まだちょっと不明なんだけど・・・。下柳は、昔別の件で薮本にからまれた事があったとか?
そして島谷専務は、今回の衛の事件とは直接関係ないけれど、昔担当した仕事で何か問題が起こり、美沙の両親を死なせてしまった・・・という過去があるのかも・・・。人の縁は繋がってますからねぇ・・・。ひょんな事で、また美沙と出会う事になって、ただ驚いているだけなのかも・・・。

それにしても、ここで美沙が復讐を諦めるとは思いませんでした。最後まで引っ張るのかなぁ・・・と思っていたんだけど、案外早く自分のしていることの愚かさを悟ってしまいましたね。自殺を図ろうとしているようですが、きっと衛によって阻止されるのでしょうから、その辺は心配していないのですが復讐も、生きる事にも疲れてしまった美沙を、どうやって衛は立ち直させるのかが、今後の見どころでもありますね。

|

« 「美しき日々」第18回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第6回 »

コメント

こんばんゎ
美沙の復讐劇が終わってしまってブラトラも残念です。前半はなかなかよかったのに後半息切れ、うーむ。

登場人物がそれぞれ何らかの関わりがあるのはいいんだけど、さすがに一つの会社に所属する何人かが過去になんらかの関わりがあるなんて話になると、そんな狭い世界での話しなんか!とがっかりしちゃいますね。そんな事にならないといいんだけど・・・。

来週例の事件で、あらたな展開がありそうなんでちょっと楽しみにしてます。
ではまた・・・。

投稿: ブラトラ | 2005.02.22 01:47

ミウミウさんこんにちは!
復讐を終わらせることにした美沙。
きっと疲れちゃったんですね・・
私は、復讐が終わってくれて少しほっとしました。
このままでは、衛が殺されそうで・・(^_^;)
今後は、また裏の事実がありそうですね。

投稿: まりこ@「どらまにあ」 | 2005.02.22 08:51

ミウミウさん、こんにちは!
TBとコメントありがとうございます。

生きる目的をなくしてしまった美沙。
衛には、彼女のひかりを見つける手助けをしてあげてほしいです。

久保と下柳、怪しいですよね~。
でもなんだかあの二人、誰かに踊らされている
だけのような気がしてきました。
続きが気になります!

投稿: ちーず | 2005.02.22 09:14

こんにちは!

 久保と下柳、それに島谷専務に謎が残ってるんですが、僕が予想する黒幕の大本命は久保ですね。やっぱり怪しいですよね♪

 それから、復讐に疲れきってしまった美沙と、彼女を救いたい衛・・・二人の関係がどうなっていくのかも楽しみですね!!

投稿: ユウヤ | 2005.02.22 14:32

ブラトラさん、こんばんわ(^-^)

>さすがに一つの会社に所属する何人かが過去になんらかの関わりがあるなんて話になると、そんな狭い世界での話しなんか!とがっかりしちゃいますね。
ホント狭すぎですねwあまりにみんなを繋げ過ぎてますよね(^-^;
それに、みんな最近は全然仕事してないし・・・。

新しい展開に、注目ですね!!

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

まりこさん、こんばんわ(^-^)

コメント&TBありがとうございました。
美沙はこの数日で、かなり憔悴してしまったようですよね。だからもういいやって全てを終わらせてしまおうと、自殺をするようですが・・・。ただちょっと諦めるのが早いような気がして・・・。(^-^;
衛の命が助かったのは、良かったですよね。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

ちーずさん、こんばんわ(^-^)

コメント&TBありがとうございました。

衛も美沙の気持ちを深く理解しましたからね。美沙の"ひかり"をきっとみつけてくれると願います。
久保は怪しさ炸裂ですよね!(笑)これからの彼の行動に要チェックですよね☆

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

ユウヤさん、こんばんわ(^-^)

コメント&TBありがとうございました。

私も久保が一番怪しいと思うんですよね・・・。周りはフェイク!?来週の久保の行動が気になりますよね!

衛がきっと美沙を救ってくれると、信じています・・・。彼女にどんな"ひかり"を与えてくれるのか、楽しみです。

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.02.22 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Mの悲劇」第6回:

» Mの悲劇 第6話 [ブラック・トラッキーの館〜太田千晶応援blog]
画像暗いなぁ・・・最初の夢落ちシーンにすればよかったか。美沙の白い胸元を強調したつもりだたんだけど。さて今回は、ん〜なんでしょちょっと美沙が弱気モードになって話... [続きを読む]

受信: 2005.02.21 23:59

» 「Mの悲劇」第6回 [どらまにあ]
衛は、美沙のアパートの階段から落ちてしまった。 近寄る美沙。 衛は、意識が遠のいていった。 美沙は、亘とのビデオを見つづける。 22日は、亘の誕生日だった。 ... [続きを読む]

受信: 2005.02.22 08:44

» Mの悲劇 第6話『追いつめられた二人』 [どらま・のーと]
「お前さ、俺以外にも、何かみつけろよ。」 美沙(長谷川京子)は怪我を負った亘(柏原収史)に そう言われたことを思い出していた。 美沙は本当に、亘が全てだったんで... [続きを読む]

受信: 2005.02.22 09:14

» Mの悲劇「追いつめられた二人」 [Yuuya's Notelet]
 あらすじはコチラ↓ Mの悲劇 第6話 あらすじ *Mの悲劇 第6話 レビュー* [続きを読む]

受信: 2005.02.22 14:33

« 「美しき日々」第18回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第6回 »