« 「富豪刑事」第7回 | トップページ | 「Mの悲劇」第7回 »

2005.02.28

「美しき日々」第19回

ミョンジャンは、自殺を図り、助かりませんでした・・・。ソンジェは、母に真実を告白してしまった事を、激しく後悔していました・・・。その側にはヨンスが・・・。
お墓のある建物に、ミンチョルが現れました。そしてミョンジャンに花を手向けるるのでした。ヨンスはミンチョルの姿を見かけ追いかけるのでしたが、うまく合えずに落ち込むのでした・・・。しかしミンチョルは、そんな彼女を悲しげな瞳で、そっと遠くから見ているのでした・・・。
あぁ、ミョンジャンは助からなかったのですか!あまりにもかわいそうなミョンジャン(>_<) それにしても韓国のお墓は、外じゃないのですね。壁に埋め込む遺骨・・・なんだか狭いところに沢山の遺骨が納められていて、なんだか窮屈そうに感じました・・・

一方ソンチュンは、ミョンジャンの死にショックを受け、心身共に衰弱してしまいました・・・。酒を浴びるように飲み、ボロボロに・・・。そして25年前の事件の露呈で、ビクトリー・レコードはついに倒産へ追い込まれるのでした・・・。店の前には債権者が取り囲み、閉店されたビクトリーを遠くからミンチョルは見つめ、呆然としていました。
そこへナレとヨンスがお店の様子を見に来ていました・・・。売り場の主任や、売り場の仲間達が店の前で倒産した事を嘆いていました。そんなみんなに声をかけるヨンス・・・。
ナレと別れを告げ、一人家路に向かう途中、ヨンスはミンチョルと同じ電車に乗り合わせていました。しかし、二人とも気が付きません・・・。先に下りたミンチョルは、ヨンスが立っている窓の外を通るのですが、二人とも落ち込んでいる為に、そんなに近くに居ながらも、まったく気が付かないのでした・・・。
もう、イライラしますね。ホラ、前見てよ!ヨンス!!

ミンチョルは家に戻ると、食事をしないソンチュンに怒り、無理やりでも食べさせるのでした。するとソンチュンは、泣きながら食事をするのでした・・・。
そしてミンチョルは、ミョンジャンの遺品をソンジェに届けに行くのでした。そして、ソウルに居る事はヨンスには内緒にして欲しいとソンジェに頼むのでした。

ヨンスは、ミンチョルの顔を思い出しながら、似顔絵を描くのでした。そして思い出に浸るヨンス・・・・。そして彼女の目には何時しか涙が・・・。そんなヨンスを見てソンジェは、忘れてしまったほうがいいと言うのでした・・・。そしてヨンスを守れるのは自分しかいないのだと言い、その事にヨンスが気が付くまで待っていると伝えるのでした。
なかなかしぶといね、ソンジェ(^-^;

その頃セナは、曲も大ヒットして有名になっていました。

ソンジェのところに、大学病院の友達から連絡が入りました。ヨンスが以前倒れた時に、貧血気味なのだが数値が微妙だった為に、1ヵ月後に検査をしようという話だったのにヨンスが検査に来ないのだというのでした。

すべてを一からやり直そうとしているミンチョルでしたが、まだヨンスの前に立つ余裕も自信もありませんでした。しかし、ミンチョルはヨンスの姿を求めて絵画教室の近くを訪れてしまうのでした。しかし、ヨンスの姿を見つけても、遠くで見ているだけで、声をかけられません。バスに乗ってしまったヨンスを見つめるミンチョル。その視線に気が付いたヨンスは、窓の外に立っているミンチョルの姿に驚きました。
慌ててバスを降り、ミンチョルの姿を探しますが、ミンチョルは隠れてしまい見当たりません。座り込んでしまうヨンスに、ミンチョルはたまらなくなり、彼女にそっと近づき肩に手をかけるのでした。
「室長・・・。」二人はずっと見つめ合ったまま動けないのでした・・・。そして喫茶店で座り、語り合う二人・・・。
「少し感じが変わったみたい・・・。あれから、どうしてたんですか?」ミンチョルはうつむき気味に話始めるのでした。「大変だったよ・・・。知ってるだろ?」その言葉にヨンスはうつむき、話題を替えるのでした。「あの、ミンジは?」「うん、思ったより元気にしてる・・・。」「良かった・・・。」とホッとし「お父様は?」と聞くのでした。「一緒に住んでるよ・・・。」その言葉にヨンスは「安心しました。だって、たった一人のお父様ですものね・・・。」と言うと、ミンチョルは沈んだ表情で「でも今は別人のようだ・・・。母の事で、打ちのめされて・・・。」と答えるのでした。
「室長にとっても、お義母様の事はショックだったでしょ・・・室長がお義母様に申し訳ない気持ちでいた事を、知ってます。その気持ちきっと、天国のお母様に通じているはずだわ。」とミンチョルを慰めるのでした。そんなミンチョルは「ヨンスさんは元気だった?」と聞くのでした。「ええ、元気でした。」と嘘をつくヨンス・・・。「今日は、会いに来てくれたんですか?・・・そうですよね?」と言うヨンスの問いに、ミンチョルはうつむきながら「・・・すまない。・・・こんな風に君の前に現れるべきじゃなかった。こんな事をしても、君を戸惑わせるだけなのに・・・。ホントにバカだな僕は・・・。ちょっと近くを通りかかったんで、顔だけでも見られればと思ったんだ・・・。元気にしてるかどうか気になって、それだけだ、それ以上は望んでない。」と答えるのでした・・・。
そんなミンチョルを見てヨンスは、「そんな風に念を押さなくても、大丈夫です。今日のことで、また私が室長に付きまとうんじゃないかって、それが心配なんでしょ?そんなことしませんから、安心してください。・・・例え室長が何処にいようと、私たちが別れた事実は変わらないって事、私もわかってますから・・・。」と言って、ミンチョルに気を使わせまいとするのでした。「室長にまた会えて、嬉しかった。」と、涙をこらえながら話すヨンス。「ヨンスさん、僕も・・・会えて嬉しかったよ。」と言いミンチョルも涙ぐむのでした・・・。
なんだか、二人を見ていると、すごくもどかしいですよね。お互いに愛し合っているのに、無理やり分かれようとするから、どうしても気持ちが吹っ切れない・・・。ミンチョルの事をいろいろ聞きたいはずなのに、ヨンスもなんだか怖がって、全然肝心な事を聞けずにいる・・・。ミンチョルだって、別れを決めたくせに、我慢が出来なくなって、ヨンスの姿を見に行ってしまう・・・。もう意地張ってないで、ヨリ戻したほうがいいです!!

一方セナのところに、昔世話になったスナックのマスターがやって来ました。ただセナの成功を嬉しく思い、会いに来ただけだったようなのですが、セナは昔の事をネタに揺すられるとでも思ったのか、冷たく接してしまうのでした。
あまりに冷たい態度をされ、お金を揺すりに来たと思われた事に、腹を立てたマスターは、セナの過去をマスコミに売ってやると言い残し、去ってしまうのでした・・・。(; ̄□ ̄A
セナったら、勘違いしてあまりにも冷たい態度を最初から取った為、自分の首をしめちゃいました。ちゃんと話を聞いてから、毅然とした態度を取れば良かったのにね・・・。 ちょっと勇み足でした。。。これからセナも一波乱あるのかな!?(@_@;

ある日、ソンジェはヨンスのところにやって来て、再検査の説得をするのでした。嫌がるヨンスをなんとか病院に連れ出し、検査を受けるものの、結果はあまりよくない状態に・・・。
もっと詳しい検査をしないといけないと言う、話になり人間ドックを受けるつもりで検査入院をして欲しいと頼むのでした・・・。そんな風にソンジェに言われ、自分が何か大きな病気じゃないのか、心配をするヨンスでした・・・。

ミンチョルは、必死に仕事を探していましたが、どこも相手にしてくれません・・・。なんとか少ない融資を融通してもらう事が出来たミンチョルは、昔の部下を呼び出し、一緒に仕事をして欲しいと頼むのでした・・・。

そんな時に、ヨンスのところにミンジから連絡が入りました。久しぶりに会う二人・・・。再会を喜ぶミンジでした。そしてミンジはヨンスに、お兄ちゃんが別れたのは、お父さんのせいだと知っていると言うのでした。ヨンスの事を嫌いになって別れたわけではないと言い、ごちゃごちゃ考えずに、ヨンスにヨリを戻せと言うのでした・・・。
はい、あなたが正しいです!ミンジ。(^-^;
でもヨンスは、ミンチョルの為に別れたのだというのでした・・・。そんな時に、ミンジの携帯に、ミンチョルから連絡が入りました。ソンチュンが家に居ないと言うのです!ミンジは、まさかバカな事を考えているのでは・・・と急に不安になるのでした。(; ̄□ ̄A
慌てて行こうとするミンジの後を、ヨンスも心配し、追いかけるのでした・・・。ミンチョルのところに、ヨンスがミンジと一緒に現れたので、ミンチョルは驚きました。二人は顔を合わせると気まずい雰囲気に・・・。大丈夫だから、帰って欲しいとヨンスを帰そうとするミンチョル。そして、ミンチョルは一人父親を探しに行くのでした。
すると入れ違いに父親が帰ってきました・・・。ヨンスは気になり、ミンジ達の家でミンチョルの帰りを待つのでした。ミンチョルは、家に戻るとヨンスが上がりこんでいるのを知り、外へ連れ出し「こういう事は二度と辞めてくれ」と怒るのでした。「父さんとミンジを、なんとか守っていかなければならない。それだけで精一杯なんだ。なのにこうして君が出し抜けに現れると、正直迷惑だ・・・。あの時は偶然会った事にしたはずだろ?偶然は1度だけでいい・・・。」とミンチョルはヨンスに冷たくあたるのでした。
ミンチョルは、こんな落ちぶれた生活を見られるのが嫌だったんだろうな・・・。だから今の本当の姿を見られて、同情される!とでも思ったのかもしれない・・・。でも、ヨンスはミンチョルの父の事で心配して来てくれたのだし、そんな言い方しなくても・・・と思うんですけどねぇ・・・。

ヨンスは、ソンジェに言われ検査入院をする事にしました。病室に入ってきたソンジェはヨンスに告白します・・・。
「僕・・・ヨンスさんに嘘ついてた。ただの検診って言ってたけど、そうじゃないんだ・・・。」「じゃあ、何・・・?」するとソンジェはヨンスの隣に座り、ヨンスの手を握り締めるのでした・・・。そして・・・「骨髄検査・・・。」とソンジェが答え、その答えを聞いたヨンスは驚くのでした・・・。

来週の予告には、ヨンスが白血病だったような様子が・・・。それをミンチョルも知るようで・・・。彼女が生死にかかわる病気なら、ミンチョルは、意地を張らずにヨンスのもとで一緒に過ごしてくれるかな・・・・。ソンジェとではなくミンチョルと一緒に病気に立ち向かって欲しいですよね。
そしてセナの方も、スナックのマスターによってマスコミに騒がれてしまうようです・・・。折角の人気もここまで!?彼女のことも心配ですよね・・・。

|

« 「富豪刑事」第7回 | トップページ | 「Mの悲劇」第7回 »

コメント

やっと見終わりました・・・。
ミンチョルはいつも「どっか陰に隠れて」ヨンスを見つめていますねー。ったく!
誰か数えてる人いませんかね?ミンチョルの陰に隠れて見つめている回数。

バスのシーンはなかなか良かったですね。またスルーかと思ったんですが。

ソンチュン氏はあまりにもあわれですねぇ。ミンジにあそこまで罵倒されても反応すらしない・・・。

しかしまぁ、韓国ドラマお得意の「病気で駄目押し」ですか。天国・・・と言い、まぁ最後の最後まで徹底的にきますねー。
んではまた。

投稿: ブラトラ | 2005.03.03 17:36

ブラトラさん、こんばんわ(^-^)

今回は、ストーカーミンチョルでしたねw
にぶいヨンスもやーっと気が付いてくれて、話が進みました!でも、電車の時に気が付いて欲しかったけど(^-^;

ソンチュンも昔の威厳ある姿は、微塵もなくなってしまいました・・・。あまりにも憔悴してて、こっちも事故とかに遭いそう!?

前半事故で、後半病気で駄目押し・・・これ悲し過ぎます・゚・(ノД`)・゚・。
「冬ソナ」のチュンサンもそうでしたね・・・。
とにかくラスト、ヨンスの死なんていうのは、絶対嫌ですよぉ〜〜!!

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.03.03 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「美しき日々」第19回:

« 「富豪刑事」第7回 | トップページ | 「Mの悲劇」第7回 »