« 「救命病棟24時」第9回 | トップページ | 「美しき日々」第20回(BlogPet) »

2005.03.10

「87%−私の5年生存率」第9回

ミウミウ的感想・・・momo02

87陽平、寅蔵、三沢、薫らと共にひとみの葬儀に参列した晶子・・・。葬儀場になかなか入れない晶子は陽平に、「誰かが死ぬとか、私もいつか死ぬとかそういうの、すごく、すごく怖いんです・・・。ひとみちゃんとは友達だったのに、いろいろ話しだってしたのに・・・なのに、私は・・・自分の事ばっかり・・・。ひどいですよねぇ・・・・。」とこぼすのでした・・・。
陽平は「いいえ・・・普通です。」と答えるのでした。陽平の言葉を聞いて、気持ちを落ち着けた晶子は、「黒木先生に話したら、ちょっとだけ落ち着きました。」と言い、陽平は「これからも沢山話してくださいね。」と話すのでした・・・・。

晶子達はお焼香を済ませると、ひとみの両親から、ひとみが遺書を残していたことを告げられるのでした。黒木は晶子に、それを皆に読んで聞かせてあげて欲しいと言うのでした。

黒木先生、三沢先生、宇月医院のみなさん、そして小谷さん。私、不幸じゃなかったよ。全然、不幸じゃなかったよ。もちろん、この歳で、こんな病気になって、自分の事幸せとか言えないけど、でも、でも病気になったから気づいた事もあるし・・・。病気になったから、出会えた人もいるし・・・。だから、私は別に不幸なんかじゃない。」すると寅蔵が、「そうか、不幸じゃなかったか・・・。」と言うのでした・・・・。晶子はひとみの言葉に、涙を流しました・・・。そして、それぞれの胸に去来する想いを抱き、みんなは声も出ないままでした・・・。
ひとみは、乳がんになったことをプラス思考で考えて生きてきたという事がよくわかりましたよね・・・。「私は不幸なんかじゃなかった」と結ばれていた言葉に、晶子も前向きな気持ちを分けてもらえたかな・・・。

まもなく、抗がん剤の投与が終わった晶子に対する5週間の放射線治療が始まりました・・・。
それからて晶子は、自分にプロポーズしてくれた剣崎に、好きな人がいる、と断わりの意思を伝えるのでした。どういう人なのかと聞かれ、「一緒に闘ってきてくれた人です。多分、これからも・・・。」と答え、そして本当は自分が乳がんで病欠していたのだということを明かしました・・・。それは、ひとみに対して恥ずかしくないよう堂々と生きていくと決めた晶子の決意の表れでした・・・。それを聞いた剣崎は、晶子に「頑張って・・・。」と言うのでした。
やっぱり晶子は、断ってしまいましたね。結婚って、お金の問題なんかじゃないんですよね・・・。そりゃあ、あったに越した事はありませんが、やはり気持ちも重要な訳で・・・。晶子には、やはり今一番心の支えになるのは、陽平しかいないのですよね。(^-^)

晶子は、放射線治療を受ける前から、右の腰の辺りに何か違和感を感じているようでした・・・。放射線の治療が終わった後、医師にその事を尋ねようかと思うのですが、やめてしまいました・・・。
むむ、これは何かのシグナルでしょうか!?大きな問題にならなきゃいいんですけど・・・。(-_-;

陽平の妻の墓の前で、江梨子が手を合わせていました。そこへ杉山がやって来て、4年前の事件が記事になった新聞のゲラ刷りを見せました。そこには”聖和医大医療ミスか? 元麻酔科医衝撃発言”と書かれていました。そして杉山は江梨子に、これが4年も苦しんだお前の結論か?と問うのでした。杉山は、自分は医者として目の前現実と闘ってゆくだけだと話すのでした・・・。
やっぱり江梨子は話してしまったのですね・・・。誰に聞かれても、決して話さなかったのに、記者には話してしまった・・・。こうする事で、事件を隠ぺいした病院に仕返ししたかったんでしょうか?そして自分の苦しさを吐き出したかったんでしょうか・・・。

そんなある日、陽平と食事の約束をし、遅れてレストランに着いた晶子は、薫が陽平と一緒にいるのを目撃するのでした。
薫が陽平に4年前の事を聞きだそうとしていて、好きだから何でも知りたいと告白しているのを晶子は偶然耳にしてしまうのでした・・・。晶子は腰にある違和感の話を陽平にしようとしていたのでしたが、薫が告白していたのを聞いてしまった為に、陽平にキャンセルの連絡を入れ、レストランを後にするのでした・・・。
まったく、なんで薫を一緒に食事に誘うかなぁ・・・・。もう、タイミング悪すぎ!!(^-^;
晶子が来ないと聞いた薫は、返事は?と聞くのでした。すると陽平は、4年前には何もなかったし、薫に対しては女性として意識した事がないと返事をするのでした・・・。薫・・・失恋決定です!(^-^A

晶子は失恋のウップン晴らしに、弓子と真奈美を呼び出しました。料理を大量に注文して食べる晶子に、弓子達は驚くのでした。まるで失恋のヤケ食いみたいだと真奈美に言われ、うつむく晶子・・・。弓子が黒木先生?と聞くと、晶子はうなずくのでした・・・。薫が告白しているのを聞いてしまったという晶子に、「黒木先生はなんて?」と聞く弓子。知らないと晶子が答えると、弓子はじゃあこっちも告白すればいいというのでした。
しかし晶子は、いい大人だから告白なんて出来ないと言い、薫と比べると、年齢、子供、仕事、家柄、そして、身体など全ての面で負けを認めざるを得ないと言うのでした・・・。しかし、ひとみのことを思い出した晶子は、弓子らの前で、涙ながらに前向きに生きていくことを宣言するのでした・・・。
弓子はそんな晶子に、「悪くない、かっこ悪くない。人って辛いとき、我慢しないで泣くべきもんなんだよ。・・・恥ずかしかったら、私も一緒に泣くよ。」と言って、泣き出すのでした。すると真奈美も一緒に泣くのでした・・・。
女3人で、昼日中、レストランで涙する様は、切ないシーンでした・・・。弓子がかっこ悪くなんかないと言って、一緒に泣いてくれたシーンは、私も思わず涙が・・・・。(;_;)みんが一緒に泣いてくれて、晶子の心は少しは晴れたかな・・・。でもね、陽平は薫と付き合ったりしないんですよ。早く晶子が知るといいですよね。

その頃、江梨子と会った陽平は、4年前の百合の医療事故の一件がマスコミに漏れた事を知りました・・・。しかし陽平は、そのニュースソースが江梨子だと察するのですが、責めようとはしません。
そして、黒木家では、正十郎(細川俊之)を訪ねた寅蔵が、新聞のゲラ刷りを手に、百合の一件が表沙汰になることを伝えていました・・・。
お茶を持ってきた友恵は、陽平が帰って来たのですぐにお茶を持ってくると言うのでした。しかし寅蔵は、友恵が持ってきたお茶の数を見て「足りてますよ」と言うのでした・・・。「はぁ?」と言う友恵。「ご主人、私、あなた、陽平君、いるのは4人。お茶も4つ・・・。」と言う寅蔵に陽平が「医院長・・・」と声をかけると、友恵は「いいえ、それでは百合の分が・・・」と言い出すのでした。
「百合さんは、死にましたよ。・・・4年前に。」と、寅蔵はハッキリと言うのでした・・・。友恵はその言葉の意味がわかっていないかのように黙り、正十郎と陽平は緊張するのでした・・・。「嘘です」と言う友恵に「嘘じゃない」と答える寅蔵・・・。「ここにも書いてある・・・」と言って、新聞のゲラ刷りを友恵に見せるのでした。「亡くなられたのは、黒木百合さん。享年28。・・・もう、いいんじゃないですか?こうして今この記事が出るのも、何かの運命です。私達もそろそろ、認めなくちゃあ、いけない・・・。」と正十郎達に話す寅蔵。
「何の事をおっしゃっているっでしょうか・・・?」と、友恵。「奥さん、あなたのお嬢さんは、亡くなりました・・・。」「嘘です。百合は今でもこうしてここに・・・・。」と誰もいない椅子を見つめる友恵・・・。「あなたからも何とか言ってやってください!」と叫ぶ友恵。すると正十郎は席を立ち、友恵の後ろから肩を抱き「友恵・・・。死んだよ。・・・4年前、百合は死んだ・・・。」と、涙を堪え話すのでした。「いやぁ〜・・・・」と叫び、泣き出す友恵・・・・・・。
さすが寅蔵、荒療治ですねぇ(^-^A 家族以外の人間がこうして言わないと、なかなか言いだしにくいですものね・・・。嫌な役をしっかり引き受けてくれて、寅蔵はさすがです!! これをキッカケに、正十郎もちゃんと奥さんに話ましたし・・・。少し時間がかかるとは思いますが、ちゃんと現実を受け入れられるようになるといいですよね・・・。

翌朝、仕事を探していた晶子は、たまたま聖和医大の医療事故の記事を目にし、慌てて陽平を呼び出しました。
蒼太を連れて、ゲームセンターに遊びに来た陽平と晶子達・・・。陽平は、家にも聖和医大にも、宇月医院にもいられないと話すのでした・・・。「人って、一緒にいてくれる人がいるから、生きて行けるんですよね・・・。医者もそうです。頼ってくれる患者さんがいるから、力が出せる・・・。忘れてました、誰かと一緒に笑って過すことが大事だってことを・・・。ありがとうございました。今日の日のことを、ずっと忘れません。」と話す陽平・・・。
「なんだか、二度と会えない人の挨拶みたいですね・・・。」と不安そうに聞く晶子。そして新聞に出ていた記事はデタラメなんですよねと陽平に問うと、「明日・・・聖和医大で記者会見を開くそうです。そこで私のかつての同期の杉山と言う医師が、うまく追求をかわすでしょう・・・。」と話すのでした。
陽平は出席しないのかと訊ねると、聖和医大からは、来るなと言われているというのでした・・・。
晶子の質問に、陽平は、百合の死が医療事故によるものだったことを暗に認めるような発言をしましたね・・・。しかし、この別れの挨拶のようなセリフはいったい・・・・。まさか、この事件が明るみになることで、陽平は何処かに行ってしまうのでしょうか・・・・。(; ̄□ ̄A

一方、聖和医大では、杉山が事情説明の記者会見に臨んでいました―。
そこでは医局長と副医院長は3ヶ月の減俸と、杉山の依願退職で責任を取り、お詫びをすると報告し、会見を終わらせようとしていました・・・。
記者に問題をすり替えていると責められるのですが、患者のプライベートな事はお話出来ないと話し、逃げようとするのですが、そこに陽平が現れ、記者達に自分が全てを話すと会見場に出てゆくのでした・・・。
次週は、ついに最終回です!!
記者達の前に、自ら過去の事件の事を話すと現れてしまった陽平・・・。そこで事実を全部話してしまうようですね。
かなり大事になりそうで、その後、陽平と杉山は何処か海外(?)でも行ってしまうようです・・・。
晶子は、そこで一旦陽平と離れてしまうようなのですが、大丈夫なんでしょうか・・・・。それに気になる腰の痛み・・・・。まさか転移したなんて話にならないで欲しい!!とミウミウは願うのでした・・・(-人-)

|

« 「救命病棟24時」第9回 | トップページ | 「美しき日々」第20回(BlogPet) »

コメント

ミウミウさん、こんばんは。
考えさせられますね。

>いい大人だから告白なんて出来ないと言い、薫と比べると、年齢、子供、仕事、家柄、そして、身体など
全ての面で負けを認めざるを得ないと言うのでした・・・。

そんなことない!
いい大人?
子持ちで病気持ちだから?
らしくないですよ、晶子さん。
「34歳のくたびれた女」なんて。
日本だけですよ、若けりゃいいみたいな風潮は!

弓子さんを見てください。
40歳で、「セレブ」ですから...って、
それは、杉田さんですね(^^)

また、訪問します。

投稿: wakatoki | 2005.03.11 19:25

wakatokiさん、こんばんわ(^-^)

そう、晶子は自分の事をものすごいハンディを感じでしまい、卑屈になってますよね・・・。
若けりゃいいなどと思っている相手の方が、浅はかなんですよ!
そんな中身を見ない人は、ロクな人間じゃないんです、きっと・・・。
まぁ、陽平はそんな人間じゃないですからね。晶子の早とちりでしたから(^-^;

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.03.11 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「87%−私の5年生存率」第9回:

« 「救命病棟24時」第9回 | トップページ | 「美しき日々」第20回(BlogPet) »