« 「美しき日々」第20回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第8回 »

2005.03.07

「Mの悲劇」第8回

ミウミウ的感想・・・momo12

Mnohigeki

美沙の両親と亘が眠る墓の前に、島谷専務がいた・・・。美沙は、なぜ自分の事を調べるのかと訊ねると、島谷は「幸田さん、私は・・・あなたが過去を乗り超えて、未来に向かう事を願っているんです。」とだけ言い立ち去るのでした・・・。
一方衛は、薮本と会っている下柳の姿を見かけ、驚いていました・・・。薮本と別れた下柳に声をかける衛・・・。下柳は衛に呼び止められ、驚くのでした・・・。薮本とどういう関係だと衛が問い詰めると、下柳は、薮本が今日会社の前をうろついていて、様子がおかしかったので声をかけたと答えるのでした。それで?と聞くと、知り合いを探していたのだと言っていたと下柳は答えるのでした。衛は「あれは1年前に俺を襲った男だぞ。」と言うと、下柳は「・・・そうだったんですか。なら、気をつけたほうがいいですよ。また安藤さんを狙っているのかもしれません・・・。」と言い、立ち去るのでした・・・。衛は下柳に、「君を探していたんじゃないのか?」と声をかけると、下柳は、たまたま新しい契約先の下見に来て、偶然あっただけだと答えるのでした。衛はそんな下柳を疑っていました・・・。

島谷の部屋で、久保は新しいプロジェクトの話をしていました。社運をかけた一大事業になるもので、島谷は久保にプロジェクトリーダーを任命するのでした。これは昨年11月に、衛が手がけたプレゼンをした事業で、その時にあの事件が起こってしまっていたのでした。皮肉なものだと話す島谷の言葉を、久保は微妙な表情で聞いているのでした。

一方美沙は、自分が育った"ひかりの家"にやってきて、園長にここで働きたいとお願いをするのでした。美沙が家に戻ると、借金取りの尾崎が待っていました。もう少し返済の期限を待って欲しいという美沙に、借用書を取り出し、尾崎は美沙の目の前でそれを破くのでした。驚く美沙・・・・。
尾崎は、美沙の家の前に男が立っていて、その男に美沙の事を聞かれ、名前も言わずに、美沙の借金を全額支払って帰っていったと言うのでした・・・。これって島谷専務の仕業かな?

衛は有紀の家に行き、下柳の事を話すのでした。薮本と下柳が一緒に居たところを見たと聞かされ、有紀は以前下柳が「俺は取り返しのつかない事をしてしまったかもな・・・」と言っていた言葉を思い出すのでした・・・。
気になる事があるなら言ってくれと言う衛に、有紀は自分のせいだと言うのでした・・・。有紀は衛と付き合い始めても、しばらくは下柳とも付き合っていたと告白し、あの事件があった日に、有紀は下柳に別れを切り出したのでした。
そこへ衛が現れ、下柳は別れの理由を理解したのでした。下柳はくやしそうに衛の後を追うのでした・・・。下柳を追い詰めたのは、自分のせいだと言う有紀・・・。事情を聞いた衛は有紀に、明日一緒に下柳と話をしようというのでした。
そして衛は帰り際、なぜ下柳ではなく、自分を選んだのかを聞くのでした。すると有紀は、自分はズルイ女なのだと言うのでした。全ては、父親である島谷に喜んでもらえると思ったからしたことだと言うのでした。有紀は生まれてすぐに母親を亡くし、それからずっと父親が喜ぶようにといつも気にして生きてきたと・・・。

久保が一人でお店で夕飯を食べ、プロジェクトの資料を見つめ、そこに書かれている"プロジェクトリーダー 久保 明"の文字を見て、喜んでいました。するとそこに薮本が現れるのでした。
「お久しぶりです」とにこやかに話しかける薮本・・・。久保は一瞬にして表情が強張り・・・。薮本が「探しましたよー。」と言って、久保の隣に座るのでした。「どなたですか?」と言う久保に薮本は、「面倒くさい話はやめようよ。・・・金でカタがつく話なんだから」と言うのでした。
「恐喝は犯罪だぞ・・・」と言う久保に、薮本は「暴行教唆っていう罪もあるらしいっすよ」と返すのでした。「なんか証拠でもあんのか?」「警備会社の人間が、噂流されただけでもマズイんじゃないですかね。あははは・・・・300万。安いもんでしょ・・・アンタのお陰で一年もくらってるんですから。オレ・・・」そう言われ久保は席を立つと、薮本が久保の手を掴み「どこ行くんだよ」と言い、久保は「銀行・・・。」と答えるのでした・・・。
あらら、やっぱり久保が犯人だったんだ・・・。でもこの薮本、300万取ったってきっとしつこく付きまとうわよね・・・。いったい久保はどうするのかしら???(; ̄□ ̄A

翌日、衛と有紀は下柳に会い、薮本と知り合いなのではと問いただすのでした。薮本は衛を襲うように指示を出されていた。その指示を出したのは下柳ではないかと思っていると衛は話すのでした。すると下柳は、自分ではないが、薮本のことは知っていたと話すのでした・・・。
あの事件があった日、衛の後を追いかけた下柳は、事件現場に遭遇しました。助けようと思ったのだが、どうして有紀を取られた相手を助けなきゃいけないのかと、躊躇してしまい、薮本が自分の代わりに衛をこらしめてくれているような気になり、その場を立ち去ってしまったというのでした・・・。
自分の嫉妬心から、衛を見殺しにするなんて、警備会社の人間としてあってはならない行為だったと思うと話すのでした・・・。そして、下柳は衛に頭を下げるのでした・・・。正直に話す下柳に、衛は礼を言うのでした。再びすまなかったと頭を下げる下柳・・・。

久保のデスクに高山が来て、自分もプロジェクトの一員に入れて欲しいと言い出すのでした。しかし久保は「お前の力じゃまだ無理だ」と相手にしないのでした。高山はそんな久保を睨むのでした・・・・。

美沙は借金を払った男の事が気になり、島谷を訪ねて会社に来ていました。しかし会うことが出来ず、帰ろうとすると有紀に会うのでした。美沙は会社に来た理由を説明すると、何故父がそんな事をするのかと有紀は聞くのでした。しかし美沙も理由が分からず、ただ前に何処かで会った事がある気がするのだと答えるのでした・・・。
その話を聞いて、有紀は父が美沙と衛の事件に絡んでいるのでは・・・と不安になるのでした。そして美沙は、あの事件にはまだ何かがあるという事を聞かされるのでした・・・。

久保は自分がプロジェクトリーダーになった事を衛に報告していました。衛はおめでとうと素直に言い、久保が自分の後を引き継いだ事に安心するのでした。そして、衛は薮本の話を久保にするのでした。誰に聞いたのかと言われ、薮本の面倒を見ている取立て屋からだと衛が話すと、ヤクザの話なんか相手にするなよと久保は言うのでした。
「だいたいさ、なんの為の依頼だよ。襲われたって言ってもちょっとケガしただけだろ?わざわざ人を雇った割には、中途半端じゃないか。」と言う久保の言葉に、それもそうだと思う衛・・・。「もし・・・俺が・・お前を怨んでいるとしたらさぁ。なんか取るとか・・・殺すとか・・・。ふっ・・そういう依頼をするけどなぁ」などと久保は言うのでした。そしてあの事件の事は忘れて、元のお前に戻ってくれと付け加えるのでした・・・。そして久保は衛に仕事を手伝って欲しいと言い、鞄から資料を取り出すと、中から一緒に飛行機のチケットが出てくるのでした。それは富山行きのチケットでした・・・。久保は今度出張するのだと話すのでした・・・。そこへ久保に来客があり、衛は席を外すのでした・・・。

衛は取り立て屋の尾崎に電話をし、薮本に会わせて欲しいと頼みました。しかし、尾崎は「残念だな・・・薮本は消えたよ。」と告げるのでした。
薮本が消えたですって!?まさか久保は薮本を?・・・・(; ̄□ ̄A

バーで一人飲んでいる久保の所に、瞳が声をかけました。「あの〜、安藤さんのお友達ですよね?」「あぁ〜、香田美沙さんの友達の・・・」「中西です・・・。ちょっとここいいですか?」と言って隣に座り、「安藤さんの事で、相談があるんですけど・・・。」と話しかけるのでした。
瞳は久保に、自分が好きになった人は、みんな美沙の事が好きになるのだと話をするのでした。美沙は瞳の邪魔ばかりするという言葉に、久保は「わかりますよ・・・俺にも一人、そういう男いますから・・・。昔からことある事に、俺の邪魔ばかりしてきた男がね・・・。」と話すのでした。そして瞳に、衛の事が好きなら、力になってあげましょうかと持ちかけるのでした。

衛の前に美沙が現れました。有紀から話を聞いたという美沙に衛は、薮本を見つけ出して、真実を知りたいと言うのでした・・・。そして美沙に、コレは自分の問題だから、美沙には関わるなと言いうのでした。しかし美沙は、あの事件のせいで私の人生は変わってしまった・・・だから分からない事は全部知っておきたいのだと衛に言うのでした。
それを知ったからと言って、何が変わるわけでもないけれど、関わってしまったからには、最後まで知りたいと思う気持ちは分かる・・・。でも、それでまた変な復讐心が芽生えなければいいんだけどね・・・・。そこが心配です(-_-;

新しいプロジェクトの記者発表があり、久保はそこでプロジェクトの概要を誇らしげに発表していました。沢山のカメラのフラッシュを浴びて、満足げに微笑む久保・・・。

島谷が部屋でプロジェクトの資料を見つめていると、有紀が部屋にやってきて、何故美沙の借金を払ったのかと問い詰めるのでした。しかし、何の事だととぼける島谷・・・。なぜ本当の事を教えてくれないのかと詰め寄る有紀・・・。「私は・・・パパの娘でしょ?」と言う有紀の言葉に、一瞬驚き戸惑う島谷・・・。
・・・?いったいこのセリフは・・・!?この親子、何かあるのかしら・・・? 有紀は島谷の実の子ではないとか??そういえば、ずっと島谷の気持ちを窺いながら生きてきたって言ってたものね・・・。

久保がデスクで管理費の数字を見ていると、高山が新聞を持ってきてこんなに大きく出ていると持ってきました・・・。それを手にとって嬉しそうに微笑む久保・・・。すると高山はまた久保にプロジェクトのメンバーに入れて欲しいと話すのでした。しかし久保がいいかげんにしろと断ると、高山は久保を廊下に連れ出し、こう話すのでした・・・。「今年の1月19日、久保課長はコンビニで、このファックスを何度も送ってましたよね。」と言って、例の衛を中傷する怪文書を見せるのでした。ゴミ箱から拾っておいたという紙を取り上げようとする久保。しかし高山は、それをしまい「大丈夫ですよ、僕は久保課長の見方ですから・・・。」と不敵に笑うのでした・・・。久保は唖然とするのでした・・・。
やっぱり高山は見てましたか、思ったとおりでした・・・。悪い事は出来ないものですね!そして今度は脅迫されるとは・・・

衛と美沙は警察に行き、大川刑事達に薮本の行方を捜して欲しいと頼むのでした・・・。すると大川は、薮本が実家に立ち寄っていないか調べると言ってくれるのでした・・・。

久保が自宅のマンションに戻ると、薮本が現れました・・・。「なんでいるんだよ!」と驚く久保。すると薮本は「コレ見たら、また会いたくなっちゃって・・・。」と新聞を見せるのでした。久保は、辺りを見回し薮本を部屋に入れるのでした。富山に帰るチケットを渡したのに、なんで東京にいるのだと言う久保に、「エラかったんすね。プロジェクトリーダーの久保さん。・・・300万は遠慮しすぎでした。お金動かせる立場なんですよね。3000万にしてください。・・・あの事がバレたらまずいでしょう、ねぇ。」と薮本は脅すのでした。ガックリと肩を落とす久保・・・。
そしてふっと顔を上げると、久保は急に怖い顔つきになり薮本に怒鳴るのでした。「何言ってんだ、お前・・・。そんな簡単に金が手に入るんなら、俺だってとっくにやってるぞ、おらぁ!・・・舐められるの嫌いなんだよなぁ、俺。・・・ここまで来たのに、どんな思いしたと思う。何年かかってこうなったと思う、オィ!考えろよ人の気持ちもさぁ!!あぁ?なんでお前に邪魔されなきゃなんないんだよ!んん?」と言って薮本の顔を掴み、凄みをます久保・・・。
デター!久保ついに本性をあらわしましたー!!ひゃぁ〜〜〜〜怖い怖い(>_<)いっつも温和な感じを出してたから、そのギャップが凄いのなんのって!薮本も完全にビビッてます・・・!!薮本もバカですねー下手に欲を出してしまったばかりに・・・・。おとなしく富山に帰ってれば良かったものを・・・。これはただではすまないですよね・・・(-_-;

翌日衛が出社したときに、久保も走って出社してきました。まだ時間が早いというのに、いろいろ忙しいからだと答える久保・・・。ふと久保の右手に包帯が巻かれているの見た衛は、どうしたのか尋ねると、転んだのだと久保は答え、去ってゆくのでした・・・。そこへ大川刑事から電話が入りました。薮本の行方がまだ分からないと言い、富山の実家にもまだ戻ってないのだと話す大川・・・。すると衛はその言葉にひっかかりました。「富山・・・?」すると久保が持っていた富山行きの航空券を思い出すのでした・・・。
会社では、新しいプロジェクトの人事発表があり、そこには高山の名前がしっかり入っていました・・・。それを見て喜ぶ高山。久保に礼を言う高山・・・。あの事は誰にもいいませんからと話しをしていると、下柳がたまたまそこを通りかかりました。久保は慌てて高山を黙らせるのですが、その様子を見た下柳は、何かおかしいと衛に伝えるのでした・・・。そこへ久保が外出の為出てきました。衛はすかさず久保に声をかけ、富山の出張はいつなのかと尋ねると、久保は中止になったと答えるのでした・・・。
会社の出口で久保は、美沙とすれ違いました。驚く久保は、美沙にどうしたのかと声をかけるのでした。すると美沙は「安藤さんに、緊急の用だって呼び出されて・・・。」と答えるのでした。それを聞くと息を呑む久保・・・。そして会釈をしてタクシーに乗り込み、仕事先へと出かけるのでした・・・。
久保が去ったのと入れ違いに、衛がやってきました。美沙に「急ごう・・・」と言って、何処かに出かける二人・・・。
久保は新しいプロジェクトの現場で、仕事をしていました。しかし、美沙の登場に嫌な予感がした久保は、部下に後を任せ現場を去るのでした・・・。

衛と美沙が向かった先は、久保のマンションでした。その頃久保は、タクシーを飛ばしていました・・・。
衛はマンションの管理人に、久保の部屋に忘れ物をしたと話、鍵を開けてもらえるように頼むのでした。管理人は、以前衛が久保の部屋に泊まっていた事を思い出し、鍵を開けてくれるのでした。ここもまた、セキュリティー甘いですねぇ(^-^;
二人が部屋に入ると、どこからかうめき声が聞こえてくるのでした・・・。その声のする方へ行くと、そこは風呂場で、バスタブにガムテープでフタが固定されていました!(; ̄□ ̄A
衛が急いでガムテープをはがし、フタを開けると、中にはボコボコにされた薮本が、手足を縛られて口も塞がれて入れられていました。「明にやられたのか?」と聞くと、薮本は震える口調で「あいつ・・・ヤバ過ぎる・・・」と答えるのでした。
そのありさまに目をそむける美沙・・・。するとそこへ久保が帰ってきました・・・。そっと部屋の片隅からバスルームにいる衛と美沙を見つめ、怪我した右手を強く握り締めるのでした・・・。

薮本はまだ殺されてはいなかったんですね・・・。でも久保は薮本を後で始末するつもりだったのかな?たぶんあの後二人に鉢合わせしないよう、久保は逃げるのだろうけど・・・。逃げてもねぇ・・・。(-_-;
予告を見たら、なんだか衛と久保は小学生の頃から一緒だったようで・・・また衛は昔の事を忘れています。だから久保が衛に対して憎しみを持っていたのは、相当昔からのようで根が深そう・・・。それにしても普段衛の良き理解者面をしておきながら、ここぞとばかりに復讐する久保はものすごく怖いですね・・・。久保は会社で横領もしようとしていたようだし・・・。でも来週はいろいろ暴かれてしまい、久保はもうお終いですね。追い詰められた久保は、最後どんな事をするのか・・・。注目です!!

一方瞳は、やはり亘の事が好きで、美沙に取られたって感じでした・・・。そして今度は衛まで・・・。と思っているみたいです。瞳も久保に協力を求めていたし、いったい何を吹き込まれたのか・・・ちょっと心配です。

ラストに向け、大きな展開になってきました。美沙の復讐が終わってしまい、ちょっと心配だったけど、なかなか盛り上ってくれて嬉しいです。今日のようなテンションで最後まで行って欲しいですね(ο^ー')b

|

« 「美しき日々」第20回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第8回 »

コメント

こんばんは♪
やはり久保はクセモノでしたね。
それにしてもあんなに怖いとは!!
もうビックリ。
あまりに怖すぎです。
ホントにいろんなことが微妙に絡み合っているようで、ワケがわからなくなってきましたが、面白い展開ですよね。
次回が楽しみです!

投稿: miju | 2005.03.08 00:21

おおっ画像がついてるyo!

瞳cはいつ衛を好きになったんですかね?
久保、よかったですねー。こうこなくっちゃって感じでしたよ。

これで久保と衛
島谷専務と美沙(香田ベーカリー)
と言う2つの線が見えてきたような気がします。
これがどう絡まるのか?
Mは衛と美沙、そして、タイトルの文字の印象からAが二つ組み合わさってMなのかな・・・(安藤と相原)なんて考えてます。

先週の韓国ドラマ2本、まだ見てないんですよー。今週中に見れるかどうか・・・両方とも結構感動モノだったらしいじゃないですか!

ではまたでーす。

投稿: ブラトラ | 2005.03.08 13:36

mijuさん、こんばんわ(^-^)

今回久保の変貌振りには、やられましたねぇ~!
薮本とのやり取りを見ていた時は、すごくドキドキしました(≧▽≦)
来週も見逃せないですよね☆彡

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ブラトラさん、こんばんわ(^-^)

ちょっと画像を入れてみました♪

瞳はたぶん衛と会って、レストランで食事をした時(3話)から好きになっていたのではないかと・・・。美沙のやった事を初めて知った時ですね☆その時衛は、お金がなくて食べれませんでしたが(笑)
同情から、愛情になったとか?

Mの意味は、番組開始の特番で、Mというのは、衛(まもる)のM、美沙のM、そしてMemory(記憶)のMでもあると言っていました・・・。
ブラトラさんの独自の発想のAが二つも面白いですね!これから二人は協力して事件を解決するみたいですからね・・・。そういうのもありかも☆

韓国ドラマは、今週は二つとも確かに大変な回でした!!早く見れるといいですね(ο^ー')b

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.03.08 20:53

ミウミウさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
このドラマもサスペンスなのですが。
「スマスマ」で、吾郎さんとくらのすけさんがこれのパロディーコントみたいなのをしていました。
せめて放送が終わってからにしてください。
ついでに言うと、岡本綾さんが「Goro's Bar」(吾郎さんがクラブのオーナーという設定のコントドラマ)に出ていました。
前も言いましたが、日本の役者さんは何とかなりませんかね~?
そのうち、「悪魔」も怪しいですよ。
また、訪問しますね♪

投稿: wakatoki | 2005.03.09 01:02

wakatokiさん、こんばんわ(^-^)

サスペンスやシリアスな内容の話を、面白おかしくコメディーでやられると、ちょっと困りますよね・・・。宣伝したい気持ちは分かるのですが、そこで見せるものは、本編とまったく違うテイストですからね・・・。困ったもんです(-_-;

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.03.09 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Mの悲劇」第8回:

» Mの悲劇 第8話 [ブラック・トラッキーの館〜太田千晶応援blog]
またまた録画に失敗したんで画像は無しです。まぁ今回はそれほどこれって画像は無かったんでそれはいいんですけどね。やるとしたら岡本綾のバスローブ姿かな・・・。 昨... [続きを読む]

受信: 2005.03.08 13:17

« 「美しき日々」第20回 | トップページ | 「不機嫌なジーン」第8回 »