« ドッグカフェで、ランチ♪ | トップページ | 05年春ドラマ情報−1 »

2005.04.04

「美しき日々」第24回

ミウミウ的感想・・・momo12

   utukusiki0402

倒れてしまったヨンスは、病院に運び込まれ面会謝絶となってしまう・・・。その知らせに駆けつけるセナ・ナレ・ソンジェ。そこでミンジはヨンスの病気の事を知り、泣き崩れるミンジ・・・。
そんなミンジをソンジェは励ますのでした。ナレは、こんな時に合併症が起こったら大変なのでは?とソンジェに聞いた。ソンジェは、そうなる前に骨髄移植が出来れば良いのだがと話す・・・。
その話を聞いたセナとナレは、自分達も骨髄検査を受けたいと申し出るのでした。しかし、ソンジェは骨髄が適応すると言う事は、ほとんど難しいのだと説明した。しかし、セナ達は、何にもしないよりも検査を受けるだけ受けたいとソンジェに強く願出でるのでした。

ヨンスはいったんは回復するが、病状は悪化しつつありました。そんな中、一人でも多くの人に骨髄検査を受けてもらおうと、ソンジェとミンチョルは色々な所へ行き、必死に呼びかけるのでした。
ミンジは、絵画の学校へ行き生徒達に頭を下げ、ナレは、ミンチョルの会社の社員達に事情を説明し、検査を受けてくれるように頼むのでした・・・。
そんな中、1次検査でセナの骨髄が適応する可能性が出て来た!!その知らせに喜ぶセナとナレ。しかしこれから2次の精密検査を受け、結果が判るのは数週間後だと言う。そして移植を失敗する事もあるし、再発の可能性も0ではないのだと言うソンジェ。後は祈るだけだと言われた二人は、必死に神に祈るのでした・・・。
さすが姉妹のように育ったセナ!これで2次の検査が通ったら、それこそ奇跡だわ☆

しばらくしてヨンスは退院し、ミンチョルにヨンスの体が落ち着いてきたとの話を聞いたナレ達は、ヨンスを川原でのピクニックに誘うのでした。
「ねぇ、どう?来て良かったでしょう。あたし達人間もお布団と同じで、時々外に出してお日様に当てて上げれば、湿気だって取れるしふかふかになるの!」と話すナレ。
しかしヨンスは、何も答えないでいるのでした。そんなヨンスを見てセナは「お姉ちゃん最近調子良くないの?私達にも会おうとしないし・・・電話をしてもあんまりしゃべらないし・・・。」と心配するのでした。ナレも、何故そんなに元気がないのかとヨンスに尋ねる・・・。
するとヨンスは、こう答えるのでした。「今までの人生で、あたしこんなに幸せだったことないわ・・・。心から愛する人に愛されて、心配してくれる家族も出来て・・・。あたしのかわいい妹も、昔のように慕ってくれるし・・・。でも、なんだか憂鬱・・・。あんまり幸せだから一つでも失いたくないの。ずっといつまでもこうしていたいのに、倒れてばかりで嫌になるわ・・・。自分で台無しにしてるみたいで・・ごめんね、せっかく良いお天気なのにこんな暗い話しして・・・。」
それを聞いていたナレは、セナに言うなと言われても我慢出来ずにヨンスに話すのでした。「ヨンス、ちっとも憂鬱になることなんかないわよ!命を助けてくれるんだから、心配ないの。」「何のこと?」と聞くヨンス。
セナは、必死にナレを止めるがナレは止まらない(^-^; こんなに良いニュースがあるのに、落ち込んでいるヨンスを見ていられないと言うナレは、セナの口から言わせるのでした。
「・・あたしの骨髄、お姉ちゃんのと似てるんだって!検査してるとこ・・。」と話すセナ。それを聞いて驚くヨンス。「どう?驚いた?これでもまだ憂鬱な気分!?」と話すナレ。
「でも、いいのセナ?手術受けてくれるの?」と聞くヨンス。「なんで?辞めた方がいい?」と笑って言うセナ。「痛いんじゃないかしら・・・」と心配するヨンスに、明るく答えるセナ。「痛くても、やらない訳にいかないでしょ?もしもやらなかったら、ナレとソンジェに後で何言われるかわかんないもの。だから、私の事ずっと大事にしてよね。お姉ちゃんの命の恩人になるんだから!」その言葉を聞いて、やっとヨンスの顔に笑顔が戻るのでした・・・。
確かに、めちゃめちゃ暗いヨンスの顔を見ていられなかったんだけど、でもぬか喜びってこともあるし・・・。ちょっと心配だわ・・・(-_-;

その夜、ミンチョルにもセナから聞いた事を話し、移植を受けられると思うだけで、心がウキウキしてくるのだと楽しそうに話すのでした。「まるで靴下を吊るして待ってる子供みたい♪」
しかしミンチョルは、移植後の副作用を心配するのでした。ヨンスは、病気が治るならどんな事でも耐えてみせると心配をするミンチョルに話すのでした・・・。そして、治ったらまた新婚旅行にでも行こうと、楽しそうにヨンスは未来を語るのでした。
そんなヨンスの話を黙って聞くミンチョル・・・。まだ、セナの検査結果が出ていないので、もしダメだった場合ヨンスがガッカリするのではないかと心配しているのでした・・・。
やっぱりね、ミンチョルはさすがに冷静だわ。ダメだった時のダメージは半端じゃないものね。命かかってるんだし・・・。でも、少しでも希望の光が見えたヨンスは、すごく生き生きしていた・・・。どんな時も希望があると無いとでは、こんなにも人の表情って違うものなんですね・・・。

検査結果の連絡が来る日、電話の前でなかなかかかってこない知らせをヤキモキして待つ、セナとナレ・・・。ミンチョルも電話の前で、祈るようにソンジェの知らせを待っていました。そこへかかってきた電話・・・。暗いソンジェの声・・・。それは、悪い知らせでした・・・・。
結果を知ったセナは、「だからお姉ちゃんには黙っていようと言ったのに、こんなの残酷だわ」と泣くのでした・・・。
ミンチョルもその結果を知り、家に帰れずアパートの外で泣き崩れるのでした・・・。
はぅ、最悪な結果が・・・・゚・(ノД`)・゚・。それは余りにも酷な結果・・・。言うに言えないよね・・・。

セナはヤケ酒を飲むのでした・・・。生まれて初めてヨンスにいいところを見せられるチャンスだったのにと悔しがるセナ。「ソンジェ、よくこう言うじゃない?本当に綺麗で優しい人は、神様が気に入って天国へ早く連れていっちゃう・・・。もしも、それが本当だったらどうしよう・・・。本当にそうだったら、お姉ちゃん真っ先に連れて行かれちゃう。」と話すセナ。
「そんな事ないよ。それじゃこの世はどうなるんだ。あまりに侘し過ぎるじゃないか・・・。神様が創った世界なんだから、そんな酷い事しないさ・・・。」と励ますソンジェ。
ヨンスに報告したかと聞くセナに、とてもヨンスの声を聞いていられなくて、電話はしていないと話すソンジェ・・・。自分達は、一番辛い事をミンチョルに任せ、遠くで心配するだけで一番言いづらい事を言わないで済むのだと言い、ミンチョルの辛さを考えると、落ち込んでしまうソンジェでした・・・。
こんな事なら、やっぱり知らせるべきじゃなかったのよー!!って言っても後の祭りだけど・・・。(;_;)

地下鉄に乗っていたミンチョルの元に、病院から連絡が。「ヨンスさんに移植可能な骨髄が見つかりました。ご本人を連れて、なるべく早く来ていただけますか?」と!!
その骨髄は、日本の骨髄バンクにあったのでした・・・。しかし、組織が100%一致するものではなかったので、術後の危険の大きさも高いとの事でした。絶対確実な方法ではないので、家族でよく話し合うようにと説明する医師・・・。
それを聞いたセナは、怒っていました。「神様ってイジワルすぎる!イチカバチカ人の命で賭けをしろってこと!?」「こんな事、決めろって言ったって、ヨンスは気が弱いもん無理よ・・・。結局、室長が決める事になるのよね・・・。はぁ〜・・今頃どんなに悩んでるだろう・・・。」と嘆くナレ。黙っていたソンジェにセナが質問する・・・。「ねぇ、ソンジェが室長なら、どうする?」「判らない・・・僕も判らない・・・」と答えるソンジェ。

家に帰ったミンチョル達は、部屋で話し合おうとしていました。ミンチョルが意見を述べようとすると、ヨンスはミンチョルの口を手でふさぎ、今度の事は自分一人で決めると話すのでした。
「私、あなたがこうしようって言ったら、その通りにするつもりだった・・・。だけどそれで万が一良くない結果になったら、あなたは一生自分の判断を、後悔して苦しむ事になるでしょ?だから、私一人だけで決めたいの・・・。例えどんな結果になっても、責任も後悔も自分で引き受けたいの・・・。」とヨンスはミンチョルの事を思い、自分で選ぶ事を決意するのでした。
「私・・・移植を・・受けます。」と告げるヨンス。目を潤ませ、黙ってヨンスを見つめるミンチョル・・・。
「自分の運命を信じるわ。・・親がいなくても、ここまでちゃんと生きてこれたの。そしてあなたに出会い、愛される事が出来た。・・・だから私、自分の運命を信じます。いいわよね?それで・・・。」そう話すヨンスの言葉に、ミンチョルは黙ってうなずき、ヨンスを抱きしめるのでした・・・。
すごいです、ヨンス・・・。こんな時なのにミンチョルの事まで考えて、自分で決断するなんて・・・。命を賭けた決断なんて、あまりに重過ぎるものね・・・。

荷物を片付けるヨンス。ミンチョルの似顔絵や、セナと二人で撮った昔の写真。それにミンチョルとの結婚式の写真を箱に入れ、それに”ナレに渡してください”とメッセージをつけるのでした。そして思い出の品を片付けたヨンスは、一人部屋で座り込み、小さくまるまって泣くのでした・・・。

入院の前日、ヨンスはソンジェを喫茶店に呼び出しました。
ソンジェは、移植を自分で決めたヨンスに「勇敢な人が最後に勝つ!絶対そうだよ。」と励ますのでした。
そう言われると、元気が出ると喜ぶヨンス。そしてヨンスは、セナの新しいアルバムの進行状況をソンジェに聞くのでした。順調に進んでいると聞いたヨンスは、セナがステージで思い切り唄っている姿をまた見る事が出来るかと心配するヨンスに、ソンジェは絶対大丈夫だと言い「ヨンスさんが全快する頃には、セナも華々しくカムバックしてる。好きなだけ見られよ。」と答えるのでした。
そんなソンジェにヨンスは、ソンジェ自身も必ず幸せになって欲しいと伝えるのでした・・・。
幸せになると約束したソンジェは、ヨンスに曲をプレゼントするのでした。「絶対に死なないって約束の歌・・・」と言って楽譜を渡すソンジェ・・・。

ヨンスは家に帰ると、洗濯物を片付けるのでした。それを見たミンチョルは、そんな事をしないで体を休めろと言うのですが、ヨンスは結婚してから妻らしい事はあまり出来なかったと話すのでした。家事は得意だから腕を振るいたかったのに残念だというヨンス。それを聞いたミンチョルは、退院したらやればいいと話すのでした。
せっかく結婚したのに、夫婦らしい事を全然して無いと言うヨンス。「例えば何?」と聞くミンチョル。
「夫婦喧嘩!」と答えるヨンス。それを聞いたミンチョルは笑いながら答えた「それは、何時まで経っても出来ないと思うな。仲が良すぎて喧嘩のタネがない。」
「大恋愛の末、結ばれたカップルほど夫婦喧嘩が激しいって聞いたけど・・・。」
「本当!?」
「・・他にもまだあるわ・・・」と言って、ヨンスは夫婦でやりたかった事を色々話すのでした・・・。
二人は布団に寝転び、お互いに天井を見つめ黙り込むのでした・・・。
「何を考えてる?」
「ずっと後になったら、あなたはどいう気持ちで振り返るのかしら?・・今日の事。 例え何があっても、時があなたを癒してくれるといいけど。そうただ・・そんな日もあったなって、凄く不安だったって・・それぐらいの思い出になってくれたらいいんだけど。 思い出すたび、あなたが何度も胸を痛めるような日になったらって・・・それが不安。」
天井を見つめながら話すヨンス・・・。
「何故、僕が胸を痛めるんだい? 今日はとても嬉しい日なんだよ?・・君と僕の新しい人生が始まるんだ・・・。」涙を堪えて話すミンチョル・・・。
「そうね、今日は嬉しい日なのよね。」
「そうさ・・・。」
「私、今のこの気持ちを全部絵に描けたらいいのにって思うわ。あなたの事をどれだけ愛しているか、あなたが私にとってどれだけ大切な人か・・・ありのまま全て絵に描いておきたいの・・・。」
「僕の心に、全部描かれているよ・・・。」
「いいえ、まだまだだわ。今やっと少し、描き始めたばかり・・・。」
「戻ってからまた描けばいいじゃないか。僕の心の中のキャンバスに・・・。帰ってからまた好きなだけ描けばいい。」
そう言われてヨンスはうなずくのでした。そんなヨンスを、ミンチョルはそっと抱き寄せるのでした・・・。

入院したヨンス・・・。
ナレとセナが見舞いに来ると、ヨンスはナレに、自分に万一のことがあった場合、色々整理しなければならない事をナレに頼みたいと話すのでした・・・。それは、ミンチョルにそんな事までやらせたくないからでした・・・。ヨンスの気持ちを理解したナレは、泣きながら承諾するのでした・・・。そんなヨンスを見ていたセナは、室長の心配より自分の心配をしたらと怒るのでした。
ヨンスは、そんなセナに以前返された指輪を再びプレゼントするのでした。「前は、あなたに寂しく無いようにってこの指輪をあげたけど、私が寂しく無いようにあげるの・・・。私、一人で遠い所へ行くかもしれないから・・・。」そう言われて、ドキッとするナレは、自分の胸を押さえる・・・。
「あの時みたいに二人で同じ指を持ってるんだって思ったら、そんなに寂しくない気がする・・・。だからこれからは、私の為に持っていて欲しいの・・・。それから、最初にこの指輪を受取ってくれた時の気持ち、忘れないでね。お願い・・・。」と涙を流しながら話すヨンスは、セナの首に指輪を通したネックレスをかけるのでした。セナは、泣きながらヨンスに抱きつくのでした・・・。
確立の低い移植だからって、もうほとんど死を覚悟しているヨンス・・・。みんなにお別れの挨拶してるみたい・・・。辛い会話です。・゚・(ノД`)・゚・。

手術室へ運ばれるヨンスの側に、みんなは集まっていました。そんな光景を、廊下の隅でひっそりと見つめているソンチュン・・・。
みんなに励まされ、ヨンスは手術室へと向かうのでした・・・。

数時間後、ヨンスは手術室から出てきました・・・。
目を開けていないヨンスを見つめていると、ヨンスの手がミンチョルを探しているのでした。ミンチョルがヨンスの手を握ると、ヨンスは目を閉じたまま、そっと微笑むのでした・・・。そのまま運ばれるヨンスを見つめ、ミンチョルは天井を見上げ、嬉し涙を流すのでした。

月日は流れ、セナは無事歌手としてカムバックし、10週連続1位という快挙を達成していました!!
ステージの上で、感謝の言葉を口にするセナ・・・。
客席には、笑顔のヨンスがいるのでした・・・。「愛する人達に、このステージを捧げます!」と言って唄うセナの姿を、みんなはやさしくみつめているのでした・・・。
唄い終わったセナは、「お姉ちゃん大好き・・・。」とささやき、ステージを降りてヨンスのもとへ歩み寄り、ヨンスに抱きつくのでした・・・。

どうなるかと心配していた移植手術も無事成功して、ヨンスは元気になってくれてほんと良かった!!同じ土曜日にやっていた『天国の階段』は、最後は死んでしまうという、あまりにも救いの無いラストだったので、とっても心配してたんですよー。
同じ日に、二度もチェ・ジウが死ぬシーンなんて見たくないですものね・・・。だから、今回のラストはほんと嬉しかった。ミンチョルと永遠に幸せにねー!!ッて感じです。
まぁ、少し言わせてもらえれば、セナの再起の曲は新曲で行って欲しかったけどね(^-^; そこが残念だったかな。

|

« ドッグカフェで、ランチ♪ | トップページ | 05年春ドラマ情報−1 »

コメント

ミウミウさん、こんばんゎ

この日はどうも「天国の階段」と「美しき日々」が途中ほぼ同じような展開だったんで、特に「美しき日々」はなにか違和感を感じながらの視聴となりました。何しろ奥さんが同じチェ・ジウですからね・・・。

まず「天国の階段」ですが・・・いやぁ感動しました。涙・涙でしたよ。でもチョンソは案外幸せだったんじゃないかなと思います。人生で最も幸せな時に最も愛する人の腕に抱かれて天国へ召されたのですから・・・。逆に残されてしまったソンジュが最も不幸だったのではないかなっと・・・。何しろ韓国で有数の金持ちで、チョンソのためなら最高の医療環境を用意することが出来るのに、成すすべなく妻を失ってしまったわけですからね・・・。
こちらはある程度こうなる予測はついていたので、悲しみも受け止めることができました。むしろこのラストで良かったと思います。

美しき日々の方ですが、最後の最後までどっちに転ぶのかわからない展開がスリリングでした。最後病院での室長の表情で、いい方になったことはわかりましたが。なかなか上手い演出だったと思います。
骨髄の適合者が「主任さん」だったらウケたんですが、さすがにそれは無かったですねw
ラストのヨンスが回復したら、おそらくセナの歌う会場にヨンスが居るシーンが来ると思ってたんで、予想通りのエンディングでした。

移植の選択ですが、ミンチョルはおそらく「今回は受けないで欲しい」と言おうとしていたんじゃないかと思ったんですが、どうでしょう?

>ソンジェ、よくこう言うじゃない?本当に綺麗で優しい人は、神様が気に入って天国へ早く連れていっちゃう・・・。
>もしも、それが本当だったらどうしよう・・・。
>本当にそうだったら

「中年以上のオバサン達は不細工な人たちばかりになっちゃうよなー」とツッコミを入れそうになりましたw

やっぱり韓流ドラマは長い回数を取っているだけに、その分よく出来ていると思います。登場人物の心理描写とかにも時間を割けますしね。そこが今の大半の日本のドラマとの違いかなっと思います。

ミウミウさんの次の韓流ドラマブログは何になるのかな?楽しみにしてますよん(^_-)-☆

投稿: ブラトラ | 2005.04.05 02:50

ブラトラさん、こんばんわ(^-^)

「天国~」は、確かにチョンソはいいんですよ。でもソンジュがほんとかわいそうで・゚・(ノД`)・゚・。
その前の、テファが自殺するのも、そこまでしないでー!って感じで、もう辛いのなんのって!!ボロボロ泣いてしまいました。

「美しき~」では、骨髄提供でセナが助けてくれるなんて、それもすごい奇跡だ(笑)と思ったのですが、それは叶わず、意外にも日本人の骨髄に適合するものがあったとは!そんなところに日韓友好!?なーんて思ったり(^-^;
「主任さん」だったら、ほんと笑えましたよねー。血液を採取するだけなのに、すごい嫌がってましたからね(^-^;

それから、私もミンチョルの選択は、「受けないで欲しい」と言ったと思います。
何しろ術後の危険性がかなり高かったようですからね。だからもう少し危険性が低い骨髄が出てくるのを待とうって言ったのかも・・・。

>「中年以上のオバサン達は不細工な人たちばかりになっちゃうよなー」とツッコミを入れそうになりましたw

ブラトラさんのこのツッコミ所には、気が付きませんでしたよー!男性ならではのツッコミですねー(^-^;

今回だけでも24話になっていますが、これも数話削っているそうですね。それを全部見ると、ヨンスがミンチョルに惹かれて行く様子がもっとわかりやすく描かれていたり。
ナレがヨンスの新婚旅行に、キュソクを連れて行って、いつの間にこの二人!?って思いましたが、この辺もカットされたお話の中に、こうなる二人の関係も描かれていたとか・・・。
そう考えると、韓国ドラマって本当に丁寧に心理描写を描いているんだなぁ・・・と感心してしまいました。

日本でも「白い巨塔」で2クールやったりしましたが、そんなドラマがもう少し増えてもいいのになぁ・・・と感じたミウミウでした。

ブラトラさんが、楽しみにしていてくれるようなので、次回も韓流ドラマをブログしちゃおうかな! 「美しき~」で気に入ってしまった、イ・ビョンホンが出演する、『オールイン 運命の愛』をブログする予定です☆
あと、フジTVの『悲しき恋歌』も視聴はするのですが、ブログを書こうかどうしようか悩み中です。
どうなるかは、お楽しみに(ο^ー')b

投稿: ミウミウ@管理人 | 2005.04.05 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「美しき日々」第24回:

« ドッグカフェで、ランチ♪ | トップページ | 05年春ドラマ情報−1 »