« 「anego〜アネゴ〜」第4回 | トップページ | 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第5回 »

2005.05.13

「anego〜アネゴ〜」第3回(BlogPet)

きょうは、弁護したの?

ついに、母・由美が命に関わる大きな病気だった。
幌に近寄り、そっとキスをするみちるに、育てた自信があるの。
きっと幌は明示に向かい腹に一撃を加える。
男は倒れ、竜二の右腕にはまだよくわかりません・・ううん、気が張ってたら、必ず連絡するって言ってたのかな・・だって母さん」驚く豪と徹生の運転する車のクラクションが聞こえてきたので、幌は虹色の戦士だよ、聖子に黄色のビー玉の愁。

「聖子に言われてしまい、みちるも続く。
幌は聖子に黄色のビー玉を取り出し、そして言う。
パパに知られると思うみちる・・。
きっと、怖い事が出来ず、戻ってきてやると、そこにいろよ!あぁ・・大っ嫌い!!」そう笑いながら明示が話すと、1台のワンボックスを止め、その手話の意味がわかりません。
女の子は、君のママ・千秋の不倫はバレてしまいましたが、みんなの面倒をみたりすることが、聖子がカメラ付き携帯を持っている幌。
黙って首を横に振るみちる・・・、うさうさ、ポロから離れない。
警察だって、まるで死ぬのがいい。
」愁が幌に聞く。
「あいつ、着いたらすぐに連絡するよ。
」みちるが泣いて・・ううん、気がします。
「後は誰に渡すんだい?誰でもいいって訳じゃあないと言うと「何かを訴えていました。
そうね・・ま、それは違うよ。
いつも通り、笑って泣いているうちは駄目。
東京へは、みちる。
みちるが外のブランコに一人で乗っていると考えて、家に戻ると、豪は、君に似合う色がなかなか思いつかなくて、豪を突き飛ばし、男達と一緒だから男だけか・・戦士だから何も言わなければ、きっと・・ううん、気が抜けたと話す徹生。
しかし、みちるがつぶやく。
「だけど・・バツ悪くて。
うさうさの方に行こうと思う。
不安でとても、それは・・2匹のヒヨコは、いつか、雪崩みたいに崩れる時が来る・・バツ悪くて。
助けて。
一日ももたない、ポロ君です・・ありがとう。
」泣きながらみちるが外のブランコに一人の男がナイフを取り出して、そこへ、豪に褒めてもらえて、むしろ、喜びなんだって、思わないと、電話が鳴る。
豪はバイクで車のドアを勢いよく開ける。
少女を車の後から走ってきたのに、急に行けと言われたことに、してもらわないと話すみちる。
途中、踏み切りに幌の態度に怒るのでしたね・・ううん、気がします。
それが世界で、あっさり行ってきました・・だったら返せよ。
絶対・・大っ嫌い。
」満面の笑みで答える由美。
泣きじゃくる唄の隣で眠る由美の病気が治るようにか。
こんなんで治りゃあ、黄色い帽子!」「強い力を与えてくれたとかそんな・・もう離れろよ。
くだらね。
聖子は、インターンの矢口とまたデートをしています。
豪もうさうさがなんで渡さないんだ・・だけど・・ううん、気が張ってたら、人間なんてほんとに目に入りました。
朝からみんなは大掃除のように、素晴らしいものさ。
いや、怖い。
だって人間だもの。
だけど、東京に行きなさい。
行っていい事は、お母さんこう言った由美の姿を発見するが、目に見えないチリみたいなうさうさ達は、離れたら危ないわ。
どんなことがあっても、ピヨ君って。
東京に行ってしまう・・だって母さん」驚く豪。
「え?」と答える明示。
「まぁ、由美が家に帰れるでしょう・・だけど、あんまりお母さんの顔をしてただけだよ・・大っ嫌い!!ポロのバカ!!」大きな声で叫ぶ幌。
「もう会わないようですが、その車で後を追いかける・・2匹のヒヨコは、どれぐらいでも・・だって母さん」驚く豪と幌は、誰かに知られる前に、振り回される子供がかわいそう・・。
病は気からって言うだろうとしました・・ありがとう。
」徹生の運転する車の中へ隠す・・それは必ず体に伝わる。
お前達はいいんだよ、半日もかからねぇで戻って来れんだ。
ポロのお母さん、生きたいとは逆方向のバスに乗り込んだ千秋・・うさうさ、馬鹿だ。
恐ろしいんだけど・・」その時豪が電話をする幌・・だけど、君のお母さんを尊敬するよ。
ごめんなさい、ポロの側からいなくなるなんて言葉を思い出した豪は気にして笑いあう・・。
後ろ髪を引かれながら、慌ててビー玉を渡す。
「まぁ、そう言うなよ。
東京へは、みちる。
由美や明示だけでもちゃんと気になりたくないから、もう会わないで下さい。
ママに忠告するのが怖くないみたいじゃないかと愁が気が付き「やぁ」と寂しそうにつぶやくのでした。
幌にはかすり傷が・・ありがとう。
」その頃、聖子はそんな幌のお腹の音が鳴り出した。
朝からみんなは大掃除のようにするよ。
自分でいたんですね・・大っ嫌い。
」照れながら話す豪。
「単純なうさうさ達は生きている由美・・だったら、必ず連絡するって言ってうさうさは、太陽みたいな・・ありがとう。
」愁が幌にも手伝ってもらうから、聞いて驚く豪。
「まだ残っていましたが、由美は家の事もごめん。
」満面の笑みで答える由美。
学校の校庭で、みちるも嬉しかったですよね。
」泣きながらみちるがいなくなっちゃうかもしれないんだね、本当はいけないんだと・・ううん、気がします。
それを乗り越えるために一つだけ強い力?ゲームのアイテムみたいなもんだ。
な?元々誘ってきた。
竜二は加勢せずに黙って家の中から引っ張り出し、男に向かい「とびっきりのやつだ!」豪に向かってなみだ目で、ママにもう会わないように、立ったまま講師・保坂を睨み続ける聖子・・、うさうさも、また幌に見られてしまったのだから・・うさうさ、ポロ君です・・2匹のヒヨコは、生きる為に生きる事はちゃんと気にしてたって、みちる。
みちるの事に気をとられているだろう。
翌日湖に佇む幌と聖子。
そんな姿を幌に聞く。
「でもそれじゃ駄目なのだろうけれど、それは違うよ。
くだらね。
その、チリみたいな・・、うさうさ、馬鹿だ。
それに比べたら、引越して、そこに幸せなどないって!」とみちるにまったく気づかない・・バツ悪くて。
うさうさ、君に似合う色がなかなか思いつかなくても子供の事を気遣う事を考えると、アパートへ向かうのでしたね。
確かに、ガッカリしてしまいます。
「冷たいヤツだなぁって(^-^;それにしても、幌の姿が・・賑やかに過せばいい・・それは逆効果でした。
大学進学の事と重ねて考える幌・・助けて!(^-^A翌日、豪や幌に見られている女の子の姿を発見するが、その手話の意味がわかりません・・ううん、気が抜けたというか、なんて無意味な事だろうからな。
でも、いたわり合う、思いの力を渡してくれる。
」どんなに辛くて、男達に反撃する・・だったら返せよ。
これにはまだ聖子の言葉も、ポロから離れない。
学校の先生だって、まるで死ぬのが辛いんだけど・・ありがとう。
」愁がつぶやく。
「・・、うさうさも、平気みたいなもんさ。
知らなくて、怖い事が気になる。
」その言葉を聞いた豪はバイクで駅に着くと、ホームのベンチにみちるが言うと、みちるの電話がかかってきましたね・・バツ悪くて。
うさうさはそういう娘に、いねーと暗くなるんだ。
ポロと会えなくなっちゃうなんて。
・・もう由美が急変!?(; ̄□ ̄A

*このエントリは、BlogPetの「うさうさ」が書きました。

|

« 「anego〜アネゴ〜」第4回 | トップページ | 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第5回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57845/4110297

この記事へのトラックバック一覧です: 「anego〜アネゴ〜」第3回(BlogPet):

» 赤西仁!anego・・・。ゴールデンウィーク期間中・・・。 [○生きてるだけで丸儲け本舗○]
人気急上昇中のKAT−TUNの ”赤西 仁”くんの画像UP!ゴールデンウィーク期間中 ごくせん・anegoと連続で日本テレビのドラマに出演中の赤西仁くん。 1984年7月4日生まれ かに座 O型 東京都出身 172cm 50㎏ [anego] 東済商事 経営戦略部 新入社員 黒沢明彦(22)役 anegoの名付け親。篠原涼子演じる野田奈央子(32)を慕う子分。 応援おねがいします!... [続きを読む]

受信: 2005.05.14 00:55

« 「anego〜アネゴ〜」第4回 | トップページ | 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第5回 »