« 「離婚弁護士2」第4話(BlogPet) | トップページ | フリフリ2☆ »

2005.05.15

「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第5回(BlogPet)

ちゅー太郎は、ミウミウは神谷にミウミウは情報へ努力するはずだったの。
しかしミウミウが野宿した。

黒沢からだった・・あんな若いこと盛り上がったって訳だな。
」エレベーターが1Fに着くと、結婚はあり得ませんでしたら、もうおしまい!ちゅー太郎ねぇ〜、話合わせるだけでも大変だよねぇ。
」「ありがとね。
でもなぁ〜。
どうするのでしたね(笑)絵里子に、とまどう奈央子と真名美が加奈を庇う。
定時のチャイムが鳴る・・。

あ〜あ。
メイク落ちちゃってるってことですか?沢木です。
ちゅー太郎ずっと奈央子さん、来ていると、1個1万円のケーキだなんて・・お礼ね。
何にも止めずに、笑って謝るとは・・笑)「うん・・きっと何か困ったことがあるとここで飲むなんて、もう、こんな電話して来ないと思い込んでるのかと思ってんの?」後輩達が居酒屋でいいからデートして下さい!」昨夜の事だから・・!!なんってインパクトのないようにと言う。
そこで黒沢は無視をする奈央子。
黒沢は後輩達とは、もうおしまい!ちゅー太郎ねぇ〜。
どんな顔してもらったんです。
絵里子です。
実はですね。
最っ高〜のデート・・奈央子は呟く・・)「ふぅ〜ん、いいの?行ってきなさい。
」学歴も凄いけど、でもちゃんと素直に謝った方がいい。
朝ご飯食べて来たから。
みんなにもお薦めしろ!」思わず噴出す奈央子。
大急ぎで公園へ向かう。
楽しげな時間が短いお見合いを選んでしまったんだ。
」沢木が浮気とは文化が違うし、1回だけのデートだったんじゃないしときめくなんてエネルギーの無駄ですから。
」女の子はいくつでも、もうちょっとでダメになる、嫌だよ・・。
加奈は自分の恋愛をバカにされて、唖然としたの!?(^-^;それにしても、挨拶に1個1万円もする高級なチーズケーキの箱でした。
カナダ人の事なんて好きでもさ、こっちが犯罪者扱いされた奈央子はトイレで鏡を見て欲しいの。
はい、わかりました。
ところがある日、あろうことか。
でも今は、本気でちゅー太郎と付き合ってくれる訳じゃないよぉし!ガツンと言ってすみませんから。
みんなから見たらね、確かに甘えてるよ。
伊藤専務、カンカンでさぁ。
今後こういう事のない顔!!」気まずい空気が流れる。
「どうしてあなたは黙ってなさい!」と博子が口をつけ、「あれ?あの試合って。
」ベンチに座り話し出す絵里子・・)奈央子はつい怒鳴ってしまう奈央子。
『コーヒーでよろしかったで・・。
気づくと二人・・笑)絵里子に嫌味は通じません・・すか?」真奈美は派遣の早希に話をする。
「ほらまた女使って自分のこと探して引き返したんすか。
」立花が部長にコーヒーを差し出しこれを持ってオフィスにやって来た。
奈央子の姿を見つけ、慌てて飛び起きる奈央子。
黒沢、先輩のことは、口を開く。
「奈央子さんのマンションに行こうとするが、はぐらかす奈央子・・)「あのね、会社でムカつくことがあったらいつでも言っていませんよぉ〜いうこと!」そっか、危篤のおじいちゃんはどうでもいいんじゃないの?みんな・・と社員達。
「やっぱりね。
」すると、「分かったから・・きっと何かあるに違いないとは・・ふ〜んと連絡しないで。
無かった事にしますから、今すぐ行くからそこにいたんでしょう?出来ちゃってる男が弁護して傷つくのはしかたがないね(^-^;「おぉ、いきなりいたしま〜す。
」思わず足をくじいてしまう・・きっと何かを勘ぐられるのでは無いですから、会ってみてね、確かに女にどう思われようとどうたっていいですよ!」思わず噴出す奈央子。
大急ぎで公園へ向かおうとして本当に申し訳ありません。
別に誰にですか!」笑顔で、勤まるかどうか。
それでちゅー太郎、女には関係ありませんか。
でも嬉しい気持ちは隠せませんでした!」「何のことですよねぇ!ノリとか全部こっちに押し付けてくるよう頼まれる。
コーヒーを入れながら一人、庇ってくれたらの話でしょ。
」そう言われなきゃいけないんだよ。
」黒沢が乗っていただきたくて・・とちゅー太郎じゃ全然つり合わないからデートなんかやめとけってね。
助けて欲しいと言うが「ちゅー太郎ですけど立花君とデートしてるヤツが気にしない絵里子の登場で、派遣社員達は疑うが、祖父が危篤だと気付き、「ちゅー太郎これから三味線なんで。
ほら。
派遣なんて使い捨てだってみんな思ってるんだから。
」外から中を窺っていないようですね、奥さんがうちの側の公園で話を振る・・笑)「ふ〜ん、いい、いいのかわからない・・それで会社に電話する。
「早乙女さん、すみません。
ここは、子供を1時間250の時だけ、魔法の水をかけろと言われてしまう奈央子。
しかし奈央子は自分達の首が切られるのは怖いし、こっちの責任問われてるみたいで、耳障りなんでしょうね。
ふ〜んでも始めて、素直に反省する絵里子。
今日は会社訪問に♪」そう言い絵里子を追った。
ところがある日、あろうことか、お待たせしちゃって、しっかり自分を持てば、ちゅー太郎達の時、奈央子をタクシーで送る黒沢。
そこへ後輩達が集まってくる絵里子は、と心配する・・ふ〜ん、いい!」ツッコミ所だと博子。
「絵里子さん?」突然博美に声をかけておいてよ。
野田奈央子さん・・笑)絵里子に、昼間あったかもしれません・・そうだった。
この人、ちゅー太郎この縁談、しがみつこうと思っていて欲しい事があるんだよねぇ。
アピールしてるなぁ(〃∇〃)待ち合わせ場所で黒沢は置き去りに・・こっちはそれ所じゃないですよ。
どうしてそんなこと言ってすみませんよ!入れあげてなんかないわよぉし!ガツンと注意してもらっちゃってさぁ・・なんとかお礼がしたかっただけです。
絵里子は歩き出すのだったよ。
女使ってる。
ハイ。
帰ろっかな・・!!なんってインパクトのないように喜ぶ。
試合が終わった後、「ごめんなさい。
」女の子はいくつでも、会社のデスクで朝食を食べる黒沢と立花。
「そぉ〜っと。
」笑いながら謝る絵里子・・と社員達。
奈央子が言うとさ、この水!すごいね。
ほら、あんたも困ってたんじゃないし。
それに、見合い相手の学歴(東大法学部卒)と職歴(通商産業省)に驚く奈央子。
奈央子なら結婚を考えるんだぞ!黒沢君。
こんなちゅー太郎です。
親切にしましたね。
『件名:アネゴへ冗談やめて!」黒沢は無視をするのよね・・試合?・・笑)「うん。
会ってない?」服が決まると、10年早いんだぁ〜!だって脳震盪起こして生き返ったじゃない!!」奈央子の心配など気になるところでした。
奈央子がぞろぞろやって来るので驚く阪口。
「ちょっと、それだけで・・ふ〜んで、お礼がしたかったんだ・・現実的におかしくなって、えらそうなのかもしれません・・とちゅー太郎は思って家を出ていく。
「だから早乙女さんみたいな人とじゃないのも、気合が入るというが、絵里子が以前精神科の治療を受けたのかと奈央子にメールが届く。
黒沢からの大切な伝言が阪口部長宛ての連絡メモが張り付いています。
大きな、池のある・・あぁ無理だわ今日。
ごめん。
だから行けねっーの。
独身最後に、部長が戻るまでもう少し待ってます。
ビシッと!!すっげ〜!」ツッコミ所だと言い出す。
「ちゅー太郎、最近気になり、勤務意欲はガンガン増し、通勤着選びにもよろしくね!じゃ〜ね。
いいのいいの。
当然のこと探して引き返したんすか?」と告げる。
電話を切った後・・奈央子は呟く・・!!なんってインパクトのない顔!!自分のミスごまかすなんて、1回でいいっすか?」慌ててガムを口に入れ、口臭を気に話す。
「アネゴもどうぞ!あぁ、あと、食事の後どこに行ったんだぞ!黒沢君ほんっ・・ちゅー太郎、昨夜が始めてです。
・・。
それを聞いた翔一をじっとみつめる絵里子・・奈央子は大きな溜息をつく。
「関係ないでしょう?」立花を見つめ、「誤解を招くような失言があった出来事を話す・・と社員達は自分の席に逃げる奈央子。
捻挫の為にも、その人柄が良くなきゃ結局はうまくいかないと言ってください!!なんってインパクトのないようですね・・「黒沢さんでしたね(笑)絵里子に言う・・)奈央子の腕を掴み、何処かへ引っ張っていく立花・・!!」気まずい空気が流れる。
「先輩、ずいぶん先のことです。
あの、食事と映画でよろしかったです。
ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。
」等と言い、真名美を連れて店を出てきました。
袋を畳もうとしたんですが、大人の女性として認めてくれて。
」ヤカンの水になる、嫌だもんねぇ〜黒沢君。
奈央子って、本当ですか。
それで寂しくなってたのだと博子はそう言い、黒沢が叫ぶ・・そうだった。
本当にすみません。
」すると又着信が・・この縁談にしがみつくって話。
」(期待が大き過ぎたな〜。
」そう言われなきゃいけないなんて、もう魔法解けちゃった、なんて言えない・・あぁ無理だと言い出す始末・・ちゅー太郎、ずっと精神科の治療を受けていて!!なんってインパクトのない顔!!自分の身は自分が言ったんでしょう。
どうしよう。
恥ずかしい。
」と真名美。
真奈美、加奈を飲みに誘うアホがどこにいる。
』そのメールを見つめる奈央子。
しかし黒沢は置き去りに・・(-_-;そこへ電話が鳴ると、デスクで食べてるヤツと同じレベルで許せない。
」奈央子が言う。
どう思います?奈央子さん、今お時間大丈夫ですか!」ツッコミ所だと思うけど、向こうはやっとまだ40の時は、ちゅー太郎が40で、まだまだブイブイだよ。
伊藤専務、カンカンでさぁ。
二人を見たかっただけで、博子に声をかける。
「わかっているようですね、神様が言っても逆効果ですよねぇ!ノリとか考えちゃうみたいで・・笑)「あの〜さぁ。
今後こういう事のように!」奈央子の声援を受け、黒沢はのん気になるかわからなくって。
黒沢を残して、会って下さいよ!」ツッコミ所だと言いますが、結婚を考えないとは文化が違うし、自分の年と顔を棚に上げている奈央子と博子が口をはさむ。
「野田さんがそこまでおっしゃるんでしたら、ちゅー太郎達夫婦、もうおしまい!ちゅー太郎ねぇ〜、実はねぇ〜。
参ったな・・主人に騙されないで下さい!」そっか〜。
だけどちゅー太郎びっくりしちゃったねぇ〜黒沢君ほんっ・・試合?・・ふ〜ん。
以上。
』笑いながら送信する黒沢『バカ言っているんです。
つくづく年増は辛いっすねぇ〜、お見合いするんじゃない?)奈央子は、まだ若いから結婚はピンと来ないで欲しいな。
みんな必死でその時給にしがみついているところを目撃する。
「彼女、誤解されちゃうんですか。
あなたと1回だけのデート・・とうにがんばったね。
以上。
』『行かないって言ってやろ。
オフィスは公共の場だ。
ハハハ・・!!「2500円!?派遣の時給は最高ランクで20代の頃なら天真爛漫に突き進めた恋愛も、30で、ちゅー太郎、目が覚めたんすか。
」翔一に、絵里子さん。
すごい心配しても釣り合わないあなたとちゅー太郎じゃ全然つり合わないからデートしてますよ。
いつか、こんな事を思い出し、力を入れてくるんです。
お疲れ様でした。
ところがある日、あろうことか。
それでちゅー太郎、時給はどうしたらいいのいいの。
何が入ってるの?行ってはいけないなら、もうダメなの?」洋服をとっかえひっかえ、悩みまくる奈央子。
「ちゅー太郎謝れません(^-^;それにしても、挨拶に行くのかな??甘いなぁ〜そんな事もないと思い込んでるのか聞かれた仕返しなのかなぁ〜。
ちゅー太郎達には、急いで等々力公園?」驚く黒沢。
それに口を開く・・お礼ね。
来週が楽しみです♪

*このエントリは、BlogPetの「ちゅー太郎」が書きました。

|

« 「離婚弁護士2」第4話(BlogPet) | トップページ | フリフリ2☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第5回(BlogPet):

« 「離婚弁護士2」第4話(BlogPet) | トップページ | フリフリ2☆ »