« 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第10回 | トップページ | 「離婚弁護士2」第9話(BlogPet) »

2005.06.19

「オールイン 運命の愛」第10回

pic_10a ハン・ミョンジン殺害の疑いで警察に追われるイナとチョング。関与の発覚を恐れるサンドゥもまたイナたちの行方を追い、テスが居所を突き止める。
追いつめられたイナにテジュンが加勢、逃げ道を作る。
チョンウォンはイナとチョングを助ける為、父にシーワールドカジノを手伝うと約束し、その代わりに、イナ達を海外へ逃亡する手配を頼むのだった。

う〜ん、やっぱり先週見れなかったから、どうしてイカサマ賭博の相手のミョンジンが殺されたのかわかりません(>_<) 賭博の監視カメラにイナ達が映っていたから、容疑をかけられたようなんですが・・・。これは、誰かの陰謀?偶然??
チョンウォンは、イナを助ける為に、シーワールドカジノで父親の手先となり働く事を決めたんですね!


ほかに選べる道もなく、断腸の思いでイナはスヨンに最後の電話をする。
研修中だと嘘をつくイナ。スヨンはイナに愛していると言って欲しいと電話口で頼むが、イナは涙を流して言葉にする事が出来ない。
スヨンは仕事に呼び出され、行かなくてはならなくなり、
イナが何も言ってくれないので、「愛してる」とスヨンは言い、
電話を切るのだった。
イナは電話を握り締め泣き崩れる・・・。

一方チョンウォンは、父の期待通りにシーワールドカジノの売り上げを伸ばす事を約束するのでした。

シーワールドでは、チュンムンホテルのカジノのマネージャー・ミランにヘッドハンティングをかけていた・・・。

ホテル側からイナが研修中と聞かされ納得のいかないスヨンに、ミランが事実を打ち明ける。
殺人の疑いがかかって逃げ回っている事を知らされ、ショックを受けたスヨンは、仕事を投げ出しマリアのいる修道院へ身を寄せるのだった・・・。
彼の愛しているという言葉に嘘は無かったのに、なぜ自分に何も言わないまま身を隠さなければならないのか、理由がわからないと嘆くスヨン・・・。
そうだよね、わけわかんないよね・・・。でもイナも殺人の容疑をかけられて、テス達に捕まったら殺されそうなんだとは、言い出しにくいでしょう・・・。すぐに韓国から逃げ出さなければならなかったし、考える暇はなかったようですからね・・・。
イナは、アメリカに行ってから、スヨンに電話が出来れば良かったんですけどね・・・。

密航から2ヵ月後、イナ達は、冷凍肉のしまってあるコンテナに押し込まれ、凍え死にそうになっているのだった。
アメリカの見知らぬ山の中に、イナ達は降ろされ、そこで在米韓国人ジェニーが出迎える。
同胞のよしみとジェニーに気を許すイナとチョング。その二人を不法滞在のアメリカ生活という厳しい現実が待ち構えていた・・・。
ここでは車が無いと、仕事にもいけないとジェニーに言われ、チョングは隠し持っていた全財産の2000ドルをジェニーに渡す。
明日の昼までに、車と仕事を見つけてくると言って、出て行くジェニー。

翌日、ジェニーが来るのを待つイナとチョング。
しかし、彼女は現れることはなかったのでした・・・。
有り金を全部もって行かれ、途方にくれる二人。
いくらなんでも用心しなさすぎ!同胞だなんて会ったばかりの人間を信用して全財産渡すなんて、チョングは考え甘いよね・・・(@@;

ソウルでは、イナの生死すら分からないと心配するチスにテジュンたちが事の次第を打ち明ける。
「どこにいようと、生きていてくれれば十分だ」と安堵するチス。

イナとチョングは食堂の下働きをしたり、漁港で働き金を稼ぐのでした。

ある日、傷心のスヨンを気遣い、チニが修道院を訪れる。
今、スヨンがどんなに辛い思いをしているかわかると話すチニ。
しかし、そろそろ気持ちの整理もつけろと話すのだった。
「恋人を失ったからって、自分の夢まで捨てちゃうの?
 海外営業チームがあなたを必要としているの。
 戻ってきてくれる?」と誘うのだった。

海岸で海を見つめ、この海を泳いでいけば韓国に帰れると言い出すチョング。しかし、それをしないのはサンドゥ達が待ち構えているからだと言い訳をする。
そんな時、二人が乗る車の前に、女が飛び出してきた。
それは、ジェニーだった。
アメリカ人の男達に追われ、逃げている彼女。
イナ達は、ジェニーだということに気づき、後を追いかけることに

男達から隠れているジェニーを見つけたイナ達。
お前のせいでどんなに苦労したかと罵るチョング。
「たかが2000ドルで、グダグダ言わないでよね。」と開き直る
ジェニー。
イナはそんなジェニーに、お前の生き方を見ていると、殴る気も起きないと言うのだった。

pic_10d その夜、
チョングはハンバーガーを食べながら、
「真っ白いメシの上に、白菜のキムチを
 がーっと裂いて一緒に食べたいなぁ・・・。
 うまいんだろうな。」
とつぶやくのでした。
イナもキムチスープが食べたいとこぼす・・・。
そんな二人を陰で見つめる、ジェニー。
そうだよね、2ヶ月以上ご飯を食べないとすごい恋しいだろうね。
私もどっちかというと、ご飯の方が好きだから、
毎日ハンバーガーばかりの生活なんて、耐えられないだろうな・・・。

ガソリンスタンドで働くイナ達。
ガソリンをただで入れ逃げしようとするアメリカ人を、イナは腕づくで止め、金を払わせる。
すると逃げた奴らは、仲間を連れて戻ってくるのだった。
一番強そうな男に勝ったら許すと言われ、イナはとび蹴りを一発で決め、勝ちました!!よ、弱っ(; ̄□ ̄A

そこへジェニーが現れ、お金を返すからここを逃げたほうがいいと
言うのだった。しかしイナはその金はやるから、もう逃げるような生活はやめろとジェニーを諭すのだった。

イナが一撃でのしてしまった事件以来、その界隈ではイナ達がブルースリーの親戚だという噂が広まり、その噂を利用して
イナ達は、みんなから授業料をもらい、武術を教える事にした。
目的もなく稼いでいたわけでもなく、ただがむしゃらに働くイナ達
必死になって働いている間は、スヨンへの恋しさも、悪夢のような過去も、全て忘れられたのだった・・・。
ブルースリーの親戚って・・・(^-^A 
確かに喧嘩の強いイナだけど、武術を人に教えるほど、正式に学んだ事あるのかしら!?自己流じゃなかったの?まぁ、生きてゆく為には、ハッタリかますしかないのかもしれないけど(笑)いきなり刺青だらけの、イカツイ男達に武術を教えているイナの姿を見て、なんだか違うドラマを見ているようだったわ(^-^;
来週は、アメリカのカジノに乗り込んで、イカサマするみたいだけど・・・。
さぁ〜て、どうなるのやら・・・。



|

« 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第10回 | トップページ | 「離婚弁護士2」第9話(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オールイン 運命の愛」第10回:

« 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第10回 | トップページ | 「離婚弁護士2」第9話(BlogPet) »