« 『チャングムの誓い』 第16話(BlogPet) | トップページ | 『チャングムの誓い』 第18話 »

2006.03.03

『チャングムの誓い』 第17話

疫病と策略

ch17-1-1  ch17-2-1

休暇をとったクミョンは、チョンホを追ってウナム寺へ来たが、
チョンホチャングムが親しげに話しているのを見かけ、
声を掛けることが出来ないのでした・・・。
ch17-3-1 翌日も市場でチョンホを見かけたクミョンは、声をかけようとすると、チョンホチャングムの為に筆を選んでいるところでした。
それを見たクミョンは、悔しく思いながらも声をかけずに
その場を立ち去るのでした・・・。

ch17-4-1 チャングムは寺の男から、食材は干すと味がよくなる事を教わり
必死で帳面に書き留めるのでした。
そんなチャングムに、チョンホは先ほど買った筆を差し出し
自分が使っていたものだから、何本も持っているので気にしないで
使って欲しいと言って渡すのでした。
喜んで受取るチャングム・・・。

ch17-5-1 その頃、宮中では皇太后から競い合2回目の課題が発表された。
肉の代わりに四季を通じて食べられる魚の刺身を工夫せよ、
というもので、これは氷の調達に不自由しないチェ一族に
有利なものだった。
ハン尚宮は一人、準備のため宮中を出るのでした。

ch17-7-1  ch17-8-1

その頃、女官たちの宿舎に謀反者が逃げ込んだとの情報があり、
兵士により一斉捜査が行なわれるのでした。
捜索に立ち会ったチョン最高尚宮、不在だったチェ尚宮の部屋で
謀反者が見つかり、その部屋は捕り物の為に荒らされるのでした。
兵士達が去ったあと、ヨンノ達がやってきた。
ch17-9-1 チョン最高尚宮は、みんなに荒らされた部屋を片付けるよう指示を出すが、その時落ちていた書物にふと目が行き、それを見て驚く
チョン最高尚宮・・・。それは、代々最高尚宮にのみ受け継がれるはずの書物だったのでした。
部屋に一人帰ったチョン最高尚宮は、女官長チェ尚宮達にコケにされたことを憤慨するのでした。

ch17-11-1 尚宮のお世話を終えたチャングムは宮中に戻り、ハン尚宮の許しを乞うが、なかなかハン尚宮は許してはくれないのだった。

チェ尚宮と共にクミョンが宮中へ帰ってくる。
チャングムクミョンに料理をしながらボヤクのでした。
ハン尚宮がこのまま許してくれなかったらどうしようと・・・。
ch17-12-1 それを聞いたクミョンは「手に入らないものがあってもいいでしょう」と答えるのでした。
(昔から私がずっと欲しかったもの、誰にも打ち明けずに胸のうちに秘めてきたものを、あなたは手に入れているのだから・・・)
そう心の中でつぶやくクミョン。しかしチャングムには、クミョンの言葉の意味はわからないのでした・・・。
恋愛が絡むとダメですね(^-^; 確かにクミョンの方がチョンホを想って来たのは長いのですが、でもチョンホと特別な関係ではなかったのだから、後から現れたチャングムにチョンホが好意をもってしまっても、それは仕方が無いこと・・・。
だけどクミョンにしてみれば、おのれチャングムめ!って感じなんだろうな・・・(^-^A

ますますライバル心を強くするクミョンは、秘伝書で料理の勉強をしようとチェ尚宮に借りに行くのでした。
ch17-13-1 そこで初めて秘伝書がないことに気づくチェ尚宮
慌ててヨンノに不在の間に抜き打ち検査でもあったのかと問いただすのでした。
ヨンノたちは、謀反者がチェ尚宮の部屋に逃げ込んで、その捜索の為に部屋が荒らされたことを説明するのでした。
その時謀反者を連れ去る時に、書物を持っていかなかったか尋ねるチェ尚宮
ch17-14-1 しかし、何も持ち出しては行かなかったと答え、自分達はチョン最高尚宮に、部屋を片付けるよう指示されて、片付けただけだと答えるのでした。
チョン最高尚宮が部屋にいた事を聞き、青ざめるチェ尚宮・・・。

ch17-16-1 ch17-17-1

同じ頃、スラッカンではチャングムハン尚宮からエイの刺身を試食させられていました。今度の競い合でエイを出すつもりだと。
ようやくハン尚宮が話しかけてくれたことに喜ぶチャングム
そんな彼女をハン尚宮は、厳しい言葉と共に許すのでした。
切羽詰った状況におかれると、そうする事が正しいかどうかを
 見極めずに、とりあえず問題を解決しようと飛びついてしまう。
 そのうち、それが正しいという錯覚に陥り、そういう生き方を
 するうちに、それに慣れて道理を見失い、目先の事しか見えなく
 なってしまう
。」
絶対に忘れませんと言うチャングムは、ハン尚宮は亡くなった母に
ソックリだとも話すのでした。
良かった、やっと許してもらえたね、チャングム!
よぉ〜くハン尚宮の言葉を心してもらいたいわ。。。

ch17-15-1 ch17-19-1

一方、秘伝の書は女官長から最高尚宮に渡されるべきもの。
このことが公になれば、チェ尚宮はもちろん、女官長までもが失脚してしまう事になると、二人は慌てる・・・。
女官長は、謝るしか手立ては無いというチェ尚宮と共に最高尚宮
部屋へ向かうのでした。
次の競い合もわざと負けるとチェ尚宮も話すが、チョン最高尚宮
二人を冷たく追い返してしまうのでした。
二人は窮地に追い込まれることに・・・。

ch17-20-1 ハン尚宮達は競い合の準備も順調に進んでいたが、チェ尚宮達の方は、魚の配送に失敗していました。
焦るパンスルクミョンは、それどころではなくなったのだと事情を説明するのでした・・・。
こうなったら競い合に最高尚宮が出られなくなるよう、毒を盛ればいいなどと言い出す始末・・・。(; ̄□ ̄Aオソロシヤ...

ch17-21-1 しかしその頃、宮廷では風邪が流行っていたが、
その後の調査により、風邪に似た疫病の可能性が高いと判明。
急遽感染の疑いのあるものは全員、直ちに宮中からの退出が命じられるのでした。女官長チェ尚宮は、この期に乗じ、あることを思いつくのでした・・・。

ch17-22-1  ch17-23-1

その夜、膝を痛めていただけの最高尚宮までもが、宮中から退出されられることに・・・・。

絶体絶命か!?とまで思われた女官長達。疫病騒ぎがタイミングよく起きてくれたので、無理やり最高尚宮を追い出してしまいました!! 悔しそうに宮中を去る最高尚宮・・・。
せっかく悪事が暴かれるところだったのに、残念です。。。orz

ch17-24-1 翌日、女官長皇太后に疫病騒ぎの事を報告し、競い合は中止にするのでした。
ハン尚宮チャングムは、夜中テソンカンで夜食の当番をしていたのでこの騒ぎを知らず、女官長から報告を受け驚くのでした。

女官長はこれを期に一気に最高尚宮の交代を図ろうと、画策するのでした・・・。

ch17-26-1  ch17-27-1

しかし、ヨンセン最高尚宮が流行り病にかかっているとは思えないとハン尚宮に伝えるのでした・・・。
夕方まではなんともなかったのに・・・という言葉にチャングム
何か妖しいと考えるのでした。

|

« 『チャングムの誓い』 第16話(BlogPet) | トップページ | 『チャングムの誓い』 第18話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57845/8926174

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャングムの誓い』 第17話:

« 『チャングムの誓い』 第16話(BlogPet) | トップページ | 『チャングムの誓い』 第18話 »