« 『チャングムの誓い』 第35話 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2006.07.22

『チャングムの誓い』 第36話

誤診

Ch36011 流産した皇后はその後回復せず、
治療の効果もでていない。
脈診したチャングムシンビ
担当医女ヨリの診断に、今ひとつ
        納得できないでいた。
しかし、ヨリは脈診に秀でた人物で
周囲からも信頼されている医女。
ヨリの診断にイマイチ納得が行かないチャングムに、ヨリ皇后の脈を解説し、新入りのチャングム達が一生懸命な事を嬉と言い、
もし意見が違う事があれば、遠慮なく言って欲しいと声をかけるのだった。しかし、チャングムヨリの診断に腑に落ちない点があったのだが、自分の診断に確信が持てないチャングムは、ヨリには話すことが出来ないでいるのだった。

医務官達の会議で、ヨリの脈診から瘀血による後陣痛と診断され、鍼灸するのだが、皇后の容態はさらに悪化してしまうのだった。
騒然となる医務官たち・・・。

Ch36021  Ch36031

シンビは事態の悪化に黙っている事が出来ず、シン・イクピルに、チャングムヨリとは別の脈診判断であることを打ち明けるのだった。シン教授は皆の前でチャングムの見解を聞くことに。
医女達は、経験のあるヨリや自分達よりもチャングムが優れているとでも言うのかと憤慨するが、シン教授は脈診は経験のある無しで出来るものとは違うと言い、経験を積んだ人間は時として経験に溺れることがあり、ある病名が頭に浮かぶと、脈を病名にあわせてしまうのだと話すのだった。なので経験がない方がいい場合もあるのだと・・・。
そこでチャングムはどこがヨリの診断と違うのか報告することに。
顔色、舌の色、爪の色までは皆と同じ診断だったのですが
歯茎の出血と口臭があったことや、散脈があった事を報告するのでした。散脈は容易に掴める脈ではなかったので、医務官のユンスはその報告に驚くのでした。
その結果から導き出される答えは、皇后のお腹の中にまだ胎児が残っているのではないかというものだった。
そう、皇后は双子を身ごもっていたのではないかという結論に至った。

医女達が集まる中、チャングムの言動に先輩の医女達は立場を考えず出すぎたまねだと怒るのだったが、ヨリチャングムが発言したのは医女として当然のことだと庇うのでした。
俯くチャングムヨリは声をかける。
「心配しなくていいのよ。
 私が見落としたことを、よく気がついてくれたわね。」
その言葉を聞き、先輩の医女達は謙虚なヨリの態度に感心するのだった・・・。

Ch36041 双子の胎児を身ごもることは、
ほとんど前例がなかった為、
ことは慎重にならねばと、
ヨリチャングムの両者により、
再び皇后の脈診が医務官総動員の
立会いのもと行われることになる。
皇后の担当医官ウンベクは二人の脈診結果を受け、あらたに処方を下すのだった。
チャングムの脈診を採用し、ウンベクは薬の処方を決める。
そしてヨリに鍼を打つよう命じるのだが、ヨリは自分の脈診ではないのに、確信をもって鍼を打つことは出来ないと断るのだった。
鍼はチャングムに打たせるべきだと言って譲らないヨリ
Ch36051_1 鍼の経験が浅いチャングム
打たせるのは、ウンベクも不安があり
万が一失敗すれば、チャングムの身を
守ることは出来ないと言うのだった。
しかし、覚悟を決めたチャングムは、
シンビを練習代にして鍼を打つのだった。

その頃、ヨンセンはまた陰で祈っているのだった。
皇后の無事とチャングムの事を・・・。
亡くなったチョン尚宮に、チャングムが危険な目にあったらもうここへは来ないと言い、今度こそ私の願いを聞いて欲しいと訴えるのだった。

女官達は、そんなヨンセンの姿を見て相変わらずバカにしている。
今の彼女に出来ることは、祈ることだけだものね・・・。
けなげだなぁ。。。(*´ω`*)

Ch36071 ヨンノクミョン皇后の様子を
                伝える。
治療がこのままうまく行かなければ、
チャングムを追い出すことが
出来るし、皇后の身も・・・と
          ホクソ笑むヨンノ
そんな彼女を戒めるクミョン
ここだけの話だと言うヨンノに、クミョンチャングムをわかっていないと言い
「雑草のような子よ。
 抜いて捨てても、時が経つとまた出てくる。」と言うのだった。

内医院では、皇后の容態が少しも変わらないので苛立っていた。

Ch36081 チャングムの診断により、
処方された薬と鍼の効き目は
2日目にしてようやく効果が出た。
出血が始まり、死んだ胎児が出て
             きたのだった。
皇后もどうにか苦しみは治まり、
容態も安定し始めどうにか胸を撫で下ろす一同・・・。

Ch36101 内医院では、医務官達に頭を下げる
            ヨリの姿があった。
自分の落ち度を認め、処分をして
       欲しいと願い出るのだった。
自分を恵民署(ヘーミンソ)へ送って
             欲しいと言うヨリ
もう一度修練しなおして来ると話すヨリに、ユンスはその必要はないと話すのだった。反省し、次に活かせば良いと話す。
しかし、皇后の命が危ない状態になったのは自分のせいだと言い、医女にはどんな失敗も許されないと、頑なに処分を願い出るヨリ
 
そんな彼女を見ていたウンベクは、そんなに自分を責めることはないと言うのだった。
ヨリは自分の気が済むまで当直をさせて欲しいと願い出るのだった

Ch36111  Ch36121

そんな彼女の謙虚さに感心して、みんなが部屋を去ると
チャングムは、ヨリに申し訳ありませんと頭を下げるのだった。
すると、ヨリの態度は急変し、「恥をかかせてくれたわね。」と
チャングムを睨みつけるのだった。

みんなの前ではすごく謙虚な態度だったのに・・・。(゚д゚;
ヨリってなんか怖い子ね。
普通なら、誤診をしたって追い出されそうなのに、今までの出来が良かったことと、謙虚な姿勢をみせることで同情をかい、
見事、大きな罰を受けずに済ませるなんて・・・。

Ch36131 今回のチャングムの働きによって、
ユンスチャングムを追い出すのは
難しくなったと、チェ女官長
            報告をしていた。
そんな二人を陰で見てしまったヨリは、
何か思いつきニヤリとするのだった。

ヨリはチェ女官長達とつるんでなかったのかしら?
わざと誤診をしたのではなく、本当にわからなかったのか・・・。
でも裏でチャングム追い出しを計ろうとしている事を知ったヨリ。
これは、まずい展開に発展するかも!?(゚д゚lll)

Ch36141 調理場で調理をしていたクミョン
           お腹に異変が!
咄嗟に、チャングムに足を揉ませた
    時のことを思い出すクミョン
足の裏のコリから、みぞおちの上に
痛みがないか指摘され、
それを放っておくと、心臓によくないと言われたことを思い出すのだった。更に脾臓や胃が悪いことも見抜かれていたことも・・・。

クミョンてばやっぱりどこか悪いんだね。
ストレスで胃炎とか胃潰瘍とかにでもなってるのかしら??
ちゃんと治療を受ければいいのだけれど、受けないと大事になるかも!?( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )

そのころチャンドクは、薬房を設け診療を始めていた。チャンドクには、まだまだチャングムに教えたいことがあるのだ。

チョンホは、国防に必要な新しい兵器の予算捻出策を提案。
中宗の支持を得、ますます窮地に追い込まれるオ・ギョモ

Ch36151 ようやく回復した皇后は、
今回は医女見習いのお陰で双子を
死産していたことがわかり、
治療がうまく行ったのだという事を
ウンベクヨリから報告を
           受けるのだった。
確かに聞きなれない声の者が治療にあたっていたと感じていたが、
治療を受けている最中は、意識があまりハッキリしていなかったので、その医女見習いの顔をハッキリ見ていなかったと言う皇后
今度、その者に礼を言いたいので連れてくるようにと話すのだった

そっか、やっぱり皇后さまはチャングムの顔をしっかり見れなかったのね(^-^;
見たらきっと驚くわね!!

一方、皇太后は老衰で体が思わしくなかった。
そこでチェ女官長は、その皇太后を利用し、結果皇太后は治療を受けたくないと言い出すのだった。
オ・ギョモを助ける為、いらぬ事を皇太后に吹き込んだに違いないチェ女官長

Ch36161 皇太后の治療放棄を聞き、
中宗は慌てて皇太后のもとへ
駆けつけると、皇太后は、
中宗は自分の事をもう心配はして
いないと思っていたと言い出す
              のだった。
いつも母上の事を思っていると答える中宗に、では何故ソギョクソ
(昭格署)
の廃止以来、どうして私の願いを一つも聞いてくれないのだと言い出す皇太后
そして王室の親族の医務官を罷免し、なぜ粗末な医務官(シン教授)をよこすのだとお怒りになるのだった。
見に覚えのない怒りをぶつけられ、うろたえる中宗

チェ女官長は、どんな風に話を皇太后にしたのだろう。。。
確かに昔から、皇太后はチェ女官長のことを気に入っていたから
うまいこと言ったんだろうな。(´-ω-`)
まず、自分の担当医についてケチをつけさせ、それからきっと
左賛成やチョンホが勧める改革の邪魔をさせようと話を持っていくに違いない!
悪巧みが得意ですものね、チェ女官長は!

|

« 『チャングムの誓い』 第35話 | トップページ | 新年のご挨拶 »

コメント

医女を報告しなかったよ。

投稿: BlogPetのうさうさ | 2006.08.18 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57845/11061419

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャングムの誓い』 第36話 :

« 『チャングムの誓い』 第35話 | トップページ | 新年のご挨拶 »